【若ハゲ】薄毛の前兆と初期症状|抜け毛量と毛根の基準ライン・チェック方法と予兆(兆候)の見分け方サイン

薄毛・若ハゲの前兆(兆候)を早めに知れば対策できる

突然の若ハゲにも兆候はあります。

髪の出すサインから、ハゲの始まりに気付ければ素早い対応も可能になります。

ハゲ始めてからでは、対策も難しくなるものです。

 

 薄毛・若ハゲ予備軍こそ禿げる前にサインに気づくべき

ハゲ対策は、禿げる前兆が表れた始めたばかりの、薄毛予備軍の段階で行うべきです。

「自分はまだ大丈夫だ」と思っていても、水面下では予兆が表れ、ハゲが始まりつつあったということは多いです。

薄毛の始まりにはサインがあります。

ハゲる前の症状を見逃さないことが大切です。

 

薄毛の前兆・兆候の初期症状・若ハゲの始まりまとめ

抜け毛が進むまでには前兆があります。

薄毛の初期症状が現れてはいないか、常に疑っていきましょう。

 

【薄毛・若はげの前兆】かゆみ|頭がかゆい人は注意

薄毛の前兆の1つにかゆみがあります。

乾燥や傷や細菌による炎症など、頭皮のかゆみの原因は様々です。

ただかゆいだけだからと、生え際かゆい症状を放置してしまえば、頭皮環境の悪化で毛が抜けることにもなります。

 

【薄毛・若はげの前兆】頭皮が赤いのははげの始まり

健康な頭皮は、透明感のある青白い色をしています。

頭皮が赤い時には、紫外線や炎症でダメージを受けた状態にあると考えられます。

放置していてはハゲまっしぐらです。

 

【薄毛・若はげの予兆】部分的にハゲ始めるのはハゲのサイン

以前より髪が薄くなったかもしれない、といったなんとなく感じる異変は、薄毛の初期症状である可能性が大です。

はげ始めている証拠ですので、早急に対処しましょう。

 

つむじ(前頭部)が薄くなってきたのは薄毛の予兆のパターン

つむじはげの前兆は髪と頭皮に表れます。

髪が細くなり抜け毛が増え、頭皮が赤くなりふけが増えたりした時には要注意です。

髪の成長サイクルや、頭皮環境が乱れているサインかもしれません。

 

生え際がハゲてきた(M字ハゲ)のは薄毛の予兆のパターン

前髪の生え際が痒くなる、産毛が減ってつるつるとしてくる、おでこの両端に剃り込みが入ってくる、等の症状が前髪の薄毛の予兆として見られます。

前髪のセット中に違和感を覚え、状態に気付く人もいます。

 

フケが増える(フケ症) のは禿げる兆候の始まり

健康な頭皮でもフケは出ますが、突然量が増えた時には、薄毛の前兆と疑う必要があります。

薄毛に繋がるフケのパターンは、主に2つに分かれます。

 

乾いたフケのハゲる前兆

乾いたフケは、頭皮の乾燥の証です。

水分や脂分が減ると、頭皮は傷み角質ははがれてフケとなります。

乾燥が進むと髪の成長が阻害され、フケが毛穴に詰まれば抜け毛も発生します。

 

湿ったフケのハゲる前兆

湿ったフケは脂漏性皮膚炎という、皮脂と雑菌を原因とした皮膚の炎症によって発生します。

フケが出始めたばかりの段階なら、洗浄力と殺菌効果の高いシャンプーで症状が落ち着くこともあります。

 

寝癖がつかなくなったのは若ハゲ・薄毛の兆候

寝癖は太くコシのある髪に力が加わることで発生します。

対策もなしに突如寝癖がつかなくなったというのなら、それは髪のコシが失われ細くなったか、髪のボリュームが減ったことで、寝癖がつきづらくなったのかもしれません。

 

髪の質が変わったのはハゲる前兆(兆候)の始まり

太かった髪が細くなる、硬かった髪が柔らかくなるという風な、髪質変化のきっかけに髪の栄養不良が関係していることがあります。

頭皮に起きたトラブルのせいで、髪が弱って髪質が落ちるのです。

変化によって、抜け毛は増えていくことになります。

 

頭皮が以前より硬いのはハゲる予兆のパターン

血流が滞ると、代謝が下がり皮膚も硬くなります。

頭皮が以前より硬くなった背景に、血流不足があるなら、症状を放置するとハゲる危険性があります。

 

おでこ(生え際)が広くなったのはハゲの前兆

薄毛のパターンには、生え際の後退から始まるものもあります。

おでこが広くなってきたと感じる時は、ハゲの前兆と考えるのが正解です。

 

「ハゲはおでこに指が4本入る」は嘘だが本は多い|はげの境界線

眉毛と生え際の境界線を指で測る、ハゲの判別法の正確性は極めて低いです。

人によって額の広さや指の太さは違うため、指が4本入るから薄毛とは一概にいえません。

しかし指が5本入るというのは流石に平常とは言い難く、前から広がる薄毛が進行している可能性があります。

 

シャワーやプールで濡れた髪がぺたんこで地肌が見えたら薄毛の兆候

シャワーやプールで髪を濡らすと薄毛の兆候がチェックできます。

濡れた髪が、著しくペタンとしていて地肌が見えているなら、それが薄毛が進行している証拠となります。

 

薄毛になる悪い抜け毛と量の初期症状と兆候(予兆)

薄毛の進行状況は、頭皮の様子だけではなく抜け毛の状態からもわかります。

健康な抜毛なのか、悪い抜け毛なのか、状況や量から判断していきましょう。

 

抜け毛が多いのは薄毛・ハゲの始まりの見分け方

健康時の抜け毛量と、薄毛進行中の量では大きく違います。

髪をとかした時にパラパラポロポロと際限なく髪が抜けたり、枕元や枕カバーに高い割合でたくさんの毛がついたり、毎日排水溝を詰まらすレベルの抜け毛がある場合には、薄毛の進行を疑う必要があります。

 

枕カバーに抜け毛が多く付いているのはハゲる前兆

健康な人でも、1日に平均100本ほどの抜け毛は発生します。

しかしそれはシャンプーの際に生じる抜け毛を含んだ本数であって、寝ているだけなのに髪の毛が抜けるというのは尋常ではありません。

ベッドや布団の上や、枕カバーに大量の抜け毛が付着している時は、頭皮に異常が起きていると考えられます。

 

手ぐしで抜け毛が多いのはハゲの初期症状かも

くしに何本抜け毛がついたからハゲと、その量だけで判断することはできません。

櫛を使うと毛が抜けるのは普通のことです。

ただ手ぐし程度で多くの毛が抜けてしまうというのなら、ハゲの進行は既に始まっている可能性はあります。

 

どのくらいが普通の量?1日の抜け毛の平均本数は50〜150本ほどが普通の量

1日当たりの抜け毛の平均本数は、100本以上とも50~150本とも言われます。

これはあくまでも目安であり、どのくらいが普通の量で、どこから若ハゲになるといった正確な数字はありません。

行動別の割合としては、シャンプー抜け毛が全体の抜け毛量の半分を占めるほど多く、ブラッシングや起床時の抜け毛が続きます。

しかし一晩で5本しか髪が抜けないこともあれば、シャンプーで一気に70本も抜けることもあるので、本数だけで正常見分けるのは困難となります。

 

シャンプー時の排水溝の抜け毛が目安になる

シャンプー時の抜け毛は、1日に発生する抜け毛の50~70%を占めるとされます。

シャンプーの時の抜け毛の本数を、0.5~0.7の範囲で割ることで、大体の1日の抜け毛の本数がわかります。

排水溝をきれいにしてからシャンプーを行い、抜けた毛の数を数えて目安としていきましょう。

 

抜け毛が多い季節(月)・シーズンがある

髪の毛はいつでも同じようには抜けません。

シーズンによって抜け毛が多い月や少ない月があります。

今が何月かということを気にしながら、抜け毛のチェックを行ってみましょう。

 

春(4〜5月)は抜け毛が多い季節

4月5月は生活の変化やストレスで自律神経が狂いがちになり、抜け毛も増えるようになります。

また冬の乾燥によるダメージが尾を引いて、抜け毛に繋がることもあります。

 

秋(9〜11月)は抜け毛が多い季節

秋は抜け毛が多い季節です。

9月10月の時期は、夏に蓄積した乾燥や汗などのダメージによって頭皮が疲労し、抜け毛が増えます。

薄着になる夏は体型を意識する人も増えますが、髪の栄養不足に繋がる無理なダイエットの影響も、時間差で9月から表れ始めます。

 

梅雨(6月)も抜け毛が多い季節

じめじめとした梅雨の時期は、頭皮が湿り気を帯びやすく、雑菌が繁殖しやすい季節でもあります。

また雨で空気中の埃や汚れが頭皮に付着することもあり、頭皮環境が悪化して、抜け毛も大量に発生します。

 

抜け毛がごっそり束になって一気に抜ける場合は病気の可能性

抜け毛がごっそり束になって一気に抜けた時には病気を疑いましょう。

ストレスやアレルギーが原因で起こる円形脱毛症や、菌の繁殖によって毛が抜ける脂漏性脱毛症にひこう性脱毛症など、抜け毛は病によっても起こります。

 

 細い・短い抜け毛の割合が増えたら若ハゲの兆候

抜け毛の中に、細くて短い毛が混じる割合が増えた場合には要注意です。

細い毛は成長途中の毛であり、本来抜けるはずのない毛です。

短く細い毛が抜けるのは、髪の成長サイクルが乱れているサインかもしれません。

 

毛根からみる薄毛の前兆(兆候)|抜け毛の正常な毛根の基準ライン

抜け毛の量や形だけではなく、抜けた毛の根っこにも、薄毛の兆候は現れます。

正常な毛根なのか、薄毛の心配のある毛根なのか、そのラインを確かめていくことが大事です。

 

 抜け毛の根元の白い塊は皮脂(油)でハゲの兆候

毛の根元には毛根と皮膚を結び付ける、毛根鞘という白い半透明の部分があります。

抜け毛には通常毛根鞘がついてきます。

毛根鞘とは別に白い塊が見られる場合は、皮脂分泌が多量だったり、洗い残しがあるという印なので警戒しましょう。

薄毛の原因になります。

 

抜け毛の毛根が黒い塊はハゲの兆候の可能性

抜け毛の毛根は、白いのが正常です。

髪が成熟すると色素供給が終わり、毛根は白くなります。

黒い毛根の抜け毛はヘアサイクルが乱れ、成熟途中で毛が抜けた証です。

 

抜け毛の毛根がないは若ハゲの始まり

毛根は髪と共に時間をかけて成長します。

毛根がない抜け毛が発生する原因として、考えられるのがAGAです。

AGAになると生育が進まないまま、毛根がない状態で髪が抜けることになります。

 

抜け毛の根元(毛根)が細い・小さいのははげの兆候

毛根が十分に育たず、細かったり小さかったりするまま抜けていくのはAGAの兆候です。

AGAになってヘアサイクルが短縮化されると、毛根のミニチュア化が起こり、毛が生えてから抜けるまでの速度が上がります。

 

【画像あり】薄毛の見分け方の基準ライン(レベル)パターン別定義|どれくらいから若ハゲ

つむじ(頭頂部)ハゲ・若ハゲの兆候(前兆)【画像】

引用:ヤフー知恵袋

つむじが目立つようになり、頭頂部の地肌が見えるようになるのが、つむじはげの兆候です。

薄毛が進行すると、画像のようにはっきりと頭皮が見えるようになります。

若ハゲの進行は速いので、抜け毛の増加などの前兆を見逃さないことが大切です。

 

おでこ・生え際ハゲの兆候(前兆)【画像あり】

引用:ヤフー知恵袋

おでこ周りのはげの兆候は、前髪を上げてチェックしてみましょう。

おでこの後退が進む、生え際の細い毛が減ってくるというのがハゲの兆候です。

少しばかりでこが薄いだけと油断している内に、薄毛の範囲もおでこから前頭部へと広がっていくことになります。

 

前髪の薄毛・若ハゲの兆候(前兆)【画像あり】

引用:ヤフー知恵袋

前髪が薄くなるのもハゲの前兆です。

薄毛の症状が進むと、剃り込みを入れたように左右が後退し、M字はげの兆候が見られ始めます。

AGA由来の若ハゲに多いパターンです。

 

【まとめ】若ハゲ・薄毛の前兆と初期段階|抜け毛量と毛根の基準ライン・チェック方法と予兆(兆候)の見分け方サイン

薄毛進行の危険がある抜け毛には、自然な抜け毛にない特徴も多くみられます。

抜けた毛をよく観察し、毎日の抜け毛量に気を配っていけば、薄毛の兆候にいち早く気付くことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です