【危険】ドラッグストアの安い育毛シャンプーはハゲる!コスパ良い買い方と値段の違い|悪い成分はやばいから避けるべき

シャンプーの価格の違いは「成分」にあり|値段の安い育毛シャンプーは危険

シャンプーの値段の違いは、配合の成分の違いです。

安い品には、高い品のような髪に良い成分は含まれていません。

代わりに髪に良くない成分が、安価なシャンプーには含まれます。

 

安価な市販の育毛シャンプーは頭皮に悪いから絶対避けるべき

市販の安価なシャンプーは、低価格で最大限利益を出せるようにと作られた商品です。

安い値段の上に洗浄力が高く、泡立ちが良いのが利点ですが、洗浄力が高いということは、頭皮に強い負担がかかるということでもあります。

低価格でなくても、髪に良い成分が使用された、育毛シャンプーを選びたい所です。

 

価格の安い安価な育毛シャンプーは男性女性ともに危険で避けるべき

市販の価格の安いシャンプーは、男性用でも女性用でも、配合成分に大きな違いはありません。

どちらにせよ危険が大きいので、安全な育毛シャンプーを使用するべきです。

 

値段の高いシャンプーは安全性の高い成分を使っている

安価な品が危険なのは、安さが取り柄の、危険な原料を使用しているからです。

値段の高いシャンプーは原料にお金をかけ、安全性の高い成分を使用しているため、安全性に優れます。

 

【注意】薄毛とシャンプーの関係|害のある危険なシャンプーはやばい有害で抜け毛が増えてハゲる

安い安価なシャンプーは有害でハゲる!ハゲる危ない有害

 

注意!シャンプーによる乾燥で薄毛になる|有害でやばいから避ける!

洗浄力の強い市販のシャンプーは、頭皮に有害です。

強い洗浄成分は、潤いを保持する皮脂まで根こそぎ取り、頭皮を乾燥させます。

シャンプー購入の際は、頭皮の害になる成分の有無を、注意して見る必要があります。

 

危険!頭皮のかゆみで抜け毛が増えてハゲるから安いシャンプーは避ける!

乾燥した頭皮は刺激に弱くなり、かゆみも発生します。

かゆみは抜け毛を誘発し、ハゲの原因を作ります。

薄毛リスクを避けるなら、ドラッグストアの安価なシャンプーは使うべきではありません。

 

「抜け毛が増えた・・・シャンプーが合わない」という人は安い安価シャンプーを使っている

抜け毛が増えたからシャンプーを変える、といっても、そこで安価なものに変えるなら結果は同じです。

安価なものの成分は大体共通しているので、安さにこだわる限り、いくらシャンプーを変えようと抜け毛は減りません。

特定の品が合わないのではなく、安いものが合わないのです。

 

シャンプーと薄毛の関係は嘘?関係ないというデマ|安い安価なシャンプーは

どんなシャンプーを使っても、ハゲない人は確かにいます。

それはシャンプーが薄毛に関係ないからではなく、体質の問題です。

シャンプーの強い成分が抜け毛を引き起こし、頭皮に悪影響を及ぼすのは間違いありません。

 

危険!洗浄力の強いハゲるシャンプーの成分|頭皮に悪いハゲる

頭皮に悪い影響を与える、洗浄力の強い成分は1つではありません。

成分表示を見て、シャンプーを選ぶことが大事です。

 

合成シャンプー(合成界面活性剤)|別名「石油系・高級アルコールシャンプー」

界面活性剤は、シャンプーの 洗浄力の元となる成分です。

天然と合成とある界面活性剤のうち、石油を原料とする合成のものは、頭皮にかなりの負担をかけます。

ドラッグストアや薬局で取り扱われる、市販のシャンプーの大半に、石油系の洗浄成分が使用されているため、ハゲたくない人は使用を避ける必要があります。

 

石油系の合成界面活性剤は洗浄力が強い成分で有害|ハゲる原因に

 

合成シャンプーは台所洗剤と同じ

合成シャンプーは台所用洗剤などより多く添加物が含まれているため、皮膚障害がひどくなります。

ネズミの背中に合成シャンプー原液を塗れば、ただれ、出血し、脱毛します。最終的には皮膚が剥がれ落ちます。

合成シャンプー、リンスの正体は台所用洗剤と同じ合成界面活性剤です。

界面活性剤とは、本来混ざらない油と水とは混ぜて水だけでは落ちない油汚れを落とす役割をします。

頭皮の汚れも油です、その油を洗い流す為のシャンプーには界面活性剤が必要なのです。 界面活性剤には「天然界面活性剤」 「合成界面活性剤」の2種類がありますがこの内「合成界面活性剤」は石油を原料としていて発ガン性物質、環境ホルモンなどの有毒な成分が沢山あります。

しかし、一般に店頭で売られているシャンプー、リンスのほとんどが合成界面活性剤を使用した「合成シャンプー」、「合成リンス」なのです。 「天然界面活性剤」のみを使用した製品は安全ですが高価になります。

市販のシャンプーの多くは合成界面活性剤が含まれており、肌に悪影響を及ぼします。

 

【危険なシャンプーの成分】ラウレス硫酸は危ない

ラウレス硫酸は泡立ちが良く、洗浄力が強い洗浄成分です。

高級アルコール系の製品など、多くの市販のシャンプーに含まれます。

石油系の界面活性剤の1つで、頭皮への刺激が強く、ハゲる原因になるため危険視されます。

 

【危険なハゲる成分】ラウリル硫酸カリウム

石油系の界面活性剤には、ラウリル硫酸カリウムというものもあります。

粘膜を刺激するほどの、強い洗浄力を持つ成分は安く配合しやすいから、という理由で多くの市販のシャンプーに使われますが、危険も大きい成分なので薄毛対策には適しません。

 

【危険なシャンプーの成分】ラウレス硫酸アンモニウム

ラウレス硫酸アンモニウムは、ラウレス硫酸よりも、やや洗浄力が控えめな石油系の界面活性剤です。

それでも脱脂力も刺激性も十分に強く、髪と頭皮を傷める危険性は高いので、成分が使用された、高級アルコール系の市販シャンプーはおすすめできません。

 

シャンプーのシリコンは危険な成分?ハゲる薄毛の原因になる

シリコンは傷ついた髪を一時的に補修し、きしみやパサつきを防ぐ役割を果たします。

石油系の洗浄成分ほど、害のある成分ではありません。

ただ頭皮に残りやすく、じわじわ頭皮にダメージを与えます。

薄毛が気になる時は、ノンシリコンの育毛シャンプーを使った方が安全です。

 

【要注意】洗浄力の強いノンシリコンシャンプーは薄毛になる

洗浄力の強いシャンプーには、シリコンの補修成分が不可欠です。

シリコンがなければ頭皮を守るものもなく、更なる負担を頭皮に与えてしまいます。

ひとえにノンシリコンが良いわけではありません。

一方で品質に優れた成分を使用する育毛シャンプーは、低刺激であるためシリコンを配合する必要がなく、頭皮に優しい性質を持ちます。

 

【男性・女性】市販のハゲるシャンプー|頭皮に悪い成分が入っている安い安価

育毛シャンプーとして販売されている製品以外の、頭皮に悪い成分が入っている、市販の品がハゲるシャンプーです。

男性向けの品にも女性向けの品にも、ハゲるシャンプーはあります。

ハゲる見分け方としては、成分を分析するという方法があります。

購入前に、成分表示を確認しましょう。

CMで綺麗な女優さんが紹介しているからといって、騙されてはいけません。

宣伝費にお金をかけている分、製品には安価な髪によくない成分が使われていることが多いです。

 

【危険】メリットのシャンプーはハゲる!?成分による抜け毛がひどい

メリットシャンプー使ってから、髪が細くなったように感じます。美容師さんにもメリットは使わない方がいいと言われました。

引用:ヤフー知恵袋

 

メリットを長年使ってますが、あれって、頭の脂を取りすぎるからか、夜洗っても夕方にはベトベトになりませんか?私はいつもそうなるので、ちがうシャンプーを使ってみようと思い、最近でたばかりのメンズ用の頭皮脂に効くシャンプーを使ってみました。ステマとか言われそうなのでメーカーや商品名は伏せます。すると、1日中さらさらで、びっくり。実験で二日頭を洗わなくても、頭皮をごしごしして匂っても臭くなかったです。

引用:ヤフー知恵袋

メリットはノンシリコンのシャンプーです。

洗浄力が高いのが特徴ですが、メリットそのものに髪の補修成分はほとんど含まれていません。

石油系界面活性剤であるラウレス硫酸ナトリウムが入っているため、頭皮への刺激はけして少なくはなく、抜け毛も発生しやすくなります。

 

【注意】サクセスのシャンプーはハゲる!?

20代の男です。

薄毛予防にとシャンプーをサクセスに1年ほど前から変えたのですが、予防どころかハゲてきてしまいました。

髪がかなり柔らかくなり、癖が強くなり、ブラシで梳いてもハネ過ぎているので髪がやたら絡みます。

頭頂部や後頭部もスカスカになってきました。

以前のシャンプーに戻しましたが全然改善しません。

もう治らないのでしょうか?

かなり深刻です。

引用:ヤフー知恵袋

スッキリとした洗い心地が売りのサクセスシャンプーには、石油系の界面活性剤のポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウムと、ポリオキシエチレンラウリルエーテルが含まれています。

その強い洗浄力は頭皮を傷つけ、ハゲを進行させます。

 

石鹸シャンプーはハゲる!?抜け毛が増えるから避けるべき」

 

石鹸シャンプーを使いだしてから急に抜け毛が増えて髪の毛が薄くなりました。石鹸シャンプーはあまりよくないのでしょうか?

引用:ヤフー知恵袋

 

石鹸シャンプーや弱酸性コンディショナーを使ってたら抜け毛が増えたのだけどもったいないから最後まで使おうと半年近く使ってたらある日髪をあげてみたらスカスカに薄くなってました かなりショックです。もっと早くやめればよかったです。同じような目にあった方いますか?

引用:ヤフー知恵袋

余計なコーティング剤が使われていない、石鹸シャンプーは髪に良いようにも思えるのですが、洗浄力の高さゆえに、皮脂を必要以上に取り過ぎてしまう問題もあります。

また石鹸で洗った後の頭皮はアルカリ性に偏ってしまい、弱酸性であるべき頭皮のバランスを崩します。

その影響でキューティクルが開いて傷み、禿げやすい髪にもなります。

 

ウルオス シャンプーはハゲる!?抜け毛・フケが増える

ピュアファクターというシャンプーからウルオス のシャンプーに変えたところフケや抜け毛が増え、髪も脂っこくベタベタするようになってしまいました。

引用:ヤフー知恵袋

ウルオスシャンプーはアミノ酸系洗浄成分配合のシャンプーですが、テトラデセンスルホン酸Na液という、石油系の洗浄成分も一部含まれています。

石油系の成分の中では、刺激の少ない方の成分ですが、頭皮を刺激する副作用も確認されており、完全に安全とは言えません。

 

シーブリーズのシャンプーはハゲる?

シャンプーで抜け毛が増える事ってありますか?シーブリーズのシャンプーを使い始めた頃から抜け毛が急激に増えた気がします。

引用:ヤフー知恵袋

シーブリーズシャンプーは、清涼感を売りにしたシャンプーです。

ラウレス硫酸ナトリウムやステアルトリモニウムクロリドや、シリコン成分や防腐剤など、頭皮に悪影響を及ぼす成分が盛りだくさんに配合されています。

典型的な、薄毛を悪化させるシャンプーです。

 

コスパの良い育毛シャンプーの成分|安くて安全な成分はアミノ酸

安くて安全な、アミノ酸が配合されたアミノ酸シャンプーは、コスパ抜群の品です。

頭皮にも優しく、抜け毛を防ぎます。

 

【安くて安全なシャンプー成分】アミノ酸

人体に含まれるアミノ酸は、洗浄成分としても使用されます。

洗浄力はほどほどですが、低刺激で頭皮にも髪にも優しく、乾燥肌や敏感肌の人の頭皮を健やかに保ちます。

 

【安くて安全なシャンプー成分】センブリエキス

健康食材としても有名なセンブリエキスの、血行促進作用と抗酸化・抗炎症作用は、頭皮の健康を守るためにも役立ちます。

また毛乳頭細胞という、髪の毛の元になる細胞を活性化する働きによって、発毛効果も期待できるなど良い所盛りだくさんの成分です。

 

【コスパいいシャンプー成分】 グリチルリチン酸

グリチルリチン酸は、漢方薬としても有名な甘草から抽出される成分です。

抗炎症作用、抗アレルギー作用に優れており、シャンプーにおいては頭皮の荒れを防ぎ、健康を守るために活躍します。

 

【市販】コスパで選ぶ良質なオーガニックアミノ酸育毛シャンプー|ドラッグストアでかえるアミノ酸シャンプー

市販の中では馬油や、グリチルリチン酸やセンブリエキスといった、髪に良い 成分を豊富に含む、育毛シャンプーウーマシャンプーがおすすめです。

アミノ酸系の洗浄成分を配合した、ノンシリコンで無添加の良質な育毛 シャンプーは、頭皮環境を健やかに保ち、オーガニックの力で傷んだ髪を優しくケアします。

洗浄と栄養補給を同時に行える、薄毛対策に最適なおすすめシャンプーです。

 

市販の頭皮に優しいオーガニック育毛シャンプー

アミノ酸系界面活性剤使用の、ウーマシャンプーは市販のシャンプーであっても低刺激で、頭皮を傷つけません。

オーガニックな植物由来の保護成分で、髪を優しく守ります。

鉱物油や香料や着色料を使用しないからこその、安心の使い心地です。

 

市販だけど良質でコスパ良いもの!アミノ酸育毛シャンプー

ウーマシャンプーの良さは、市販で買えるという手軽さと、コスパの高さにもあります。

髪に良いものが使われているのに安い、ウーマシャンプーは理想のアミノ酸系の育毛シャンプーなのです。

 

市販の育毛シャンプーで安全、髪にいい

低刺激のウーマシャンプーは、市販の商品であっても頭皮に優しく、髪にいいのが特徴です。

泡立ちに優れた独自配合の洗浄成分が、頭皮にも髪にも負担をかけずに、余分な皮脂だけを排除します。

 

市販の育毛シャンプーはどこの販売店で買うのがおすすめ?

市販の育毛シャンプーは、色々なお店で購入できます。

販売店ごとの特徴にも注目してお店を選びましょう。

 

育毛シャンプーはドラッグストア(薬局)で買うのがおすすめ?

薬局やドラッグストアでも、男性用女性用それぞれの売り場で育毛シャンプーは販売されていますが、公式サイトでの購入の方が、返金保証制度等の特典が付くのでお得です。

送料・手数料は無料なので負担もありません。

 

ドンキホーテの育毛シャンプーは避ける

ドンキホーテで販売されているシャンプーは、髪に良くない成分配合のシャンプーが多いです。

安くても避けておくのが無難です。

 

アマゾンや楽天よりも公式サイトで買うべき【男性・女性用】

アマゾンや楽天等の通販サイトでは、仲介手数料分、商品の値段は高くなります。

公式サイトの通販の方が安く購入できます。

 

海外の育毛シャンプーはどう?

海外のシャンプーの中には効果が高いとされる品もありますが、保証がなく副作用が出る可能性があるのでおすすめはできません。

海外のシャンプーは洗浄力に特化した、刺激が強い製品が多く危険です。

 

タイの育毛シャンプー【男性・女性】

タイでも育毛シャンプーは販売されていますが、日本の購入者に向けた保証はありません。

副作用の危険性も高く、薄毛ケアには不向きです。

 

韓国の育毛シャンプー【男性・女性】

美容大国韓国の育毛シャンプーは、日本では無許可の成分を使用した品も多く、副作用の危険もあります。

トラブルが起きた時の保証は存在しません。

 

アメリカの育毛シャンプー【男性・女性】

アメリカの育毛シャンプーは、刺激の強い成分が多数配合されています。

使用のリスクが高く、全ては自己責任で保証はつきません。

 

ドイツの育毛シャンプー【男性・女性】

ヘアケア先進国のドイツには、最先端の育毛シャンプーがあります。

しかし保証制度が整っておらず、安全性はいまだ確認されていないのでおすすめはできません。

 

【まとめ】ドラッグストアの安い育毛シャンプーはハゲる!コスパ良い買い方と値段の違い|悪い成分はやばいから避けるべき

ドラッグストアで売られている安い育毛シャンプーの、大半に頭皮に有害な成分が含まれています。

成分を調べながら落ち着いて購入できる、ネット上で優れたシャンプーを探して購入するのが安全です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です