【ハゲ予防】大学生のあなたが育毛剤を使うべき理由|普通の人でも若いうちから現状維持すべき〜何歳から使える?

「育毛剤は何歳から?」ではなく、若いうちから使うべき

近年、食生活の乱れや睡眠不足、ストレス過多な生活スタイルといった諸々の原因によって、若いうちから薄毛の症状を抱える男性が増え始めています。

薄毛の若年化が進んだ現代において髪を育てる、髪を守るというのは、お父さんやおじさん世代の男性に関わらず、幅広い年齢の男性たちが立ち向かうべき課題です。

育毛に何歳からというルールはありません。

髪質は引き継がれるものですから、目に見えて症状が現れていない普通の人でも遺伝の可能性があったり、最近抜け毛が増えてきて薄毛が気になっているというのなら、育毛剤は早めに使っておくのが良いでしょう。

実際にハゲが始まってから、焦って育毛に取り組むよりも、症状の軽い内から早め早めに行動する方が軽い被害で済むのです。

 

「若いうちから育毛剤を使うと逆効果」は嘘

髪の発毛のメカニズムの詳細がわかってきたのは、実はつい最近のことです。

それまで髪の成長に関しては、多くのことが謎のままでした。育毛業界は長い間、手探りで髪にとって最も良い道というのを探り続けてきたのです。

若いうちから育毛剤を使うと逆効果だ、という噂を耳にしたことがある人もいるかもしれませんが、それは育毛についてわかっていることが少なかった時代の、誤った注意喚起であり嘘です。

若い人には自然治癒力があるから育毛剤は必要ないという考えは誤りであり、年齢によって効果が反転することもありません。

若く元気な内から育毛剤に頼って生活していると、生まれ持った髪の能力が失われてしまうかもしれないと、不安になってしまう気持ちもわかりますが大丈夫です。

髪が生えにくくなっていたとしても、それは頭皮にトラブルが起こっているからであり、トラブルを解消すればまた元気な髪は戻ってきます。育毛剤のサポート能力は依存性を持ちません。

育毛剤は頭皮の環境を整えるアイテムなので、肌に合わない製品を選ばない限りは、いくら使った所で頭皮がダメージを負うこともないです。

敏感肌だから少しの刺激でも心配だという人は、無添加の刺激の少ないものを使用していきましょう。

 

未成年の場合、使って良い育毛剤と使ってはいけない育毛剤がある。

若い人でも薄毛の症状に不安を覚えている人なら、育毛剤を使用する資格は十分にありますが、一方で使用対象年齢に制限がある製品というのも存在しています。

医薬品に分類される育毛剤がそれです。

医薬品は、病気の治療のために使用する薬のことで、法律により病気の治療に効果ありと判断された成分が配合されます。

育毛剤の場合だと、ホルモンに直接作用する成分が含まれることになるのですが、体が完成しておらずホルモンバランスの整っていない未成年がこの成分を使用するのは、危険を伴うため使用が許可されていません。未成年のホルモン剤使用は、成長に悪影響を及ぼす可能性があります。

法に認められた有効成分が一定の濃度だけ配合される、病気の治療目的ではなく、予防や治療後のケアのためにと開発された、医薬部外品の育毛剤なら未成年の方でも使用可能です。

育毛剤の表示をよく読んで、安全に使用できる製品を選んでいきましょう。

 

大学生で薄毛なら育毛剤を使うべき!

育毛剤のスタイルは、ここ数年の内に大きく形を変えました。

そっけないパッケージに育毛剤とわかりやすくラベリングされた、シンプルな製品は徐々に姿を消し、一見して育毛剤だとわからないような、おしゃれな製品が市場には出回りつつあります。

パッケージデザインの変化によって、育毛剤は若年層を取り込むことに成功しました。薄毛に悩み、育毛剤を使う大学生は、かつてない勢いで増えてきています。

人生において、学生でいられるのは大学生時代が最後です。社会に出て働く前の、ひたすら楽しいことだけしていられる最後の時代にハゲてしまっては、楽しみは半減どころではありません。

自由なヘアスタイルが作れなくなったり、おしゃれを楽しめなくなったりと見た目に及ぶ影響はもちろんのこと、薄毛は精神面にも大きな影響を与えます。

薄毛がコンプレックスになって自分に自信が持てなくなったり、ネガティブな態度によって彼女にふられてしまったり、髪のことが気になって就活にも身が入らなくなってしまったりと、ハゲることによって様々なデメリットが生じる可能性があります。

そんな災厄を防げるのは、育毛剤だけです。

 

育毛剤はハゲ予防におすすめ

大学生生活を楽しみたい、20代の内からハゲにはなりたくないというのなら、若くても慢心はせずに、若いうちからしっかりと育毛について考えていくことが大事です。

薄毛も育毛も、1日にしてなりません。

髪が成長の速度を上回るほどに抜けると、薄毛の症状が現れます。

頭皮に異常が起こって髪が抜けやすくなってから、実際に髪が薄くなるまでにはタイムラグがあるので、ハゲに気付いてから対処しようとしても、頭皮環境の悪化が進んでしまっているので簡単には状況が改善しません。

髪の毛が抜ける前の、血行が滞って頭皮が固くなっていたり、頭皮に軽い炎症が起きているという段階で、素早く対処することが薄毛の予防に繋がります。

抜け毛に悩んでもいない内から、育毛剤を使用する気には中々なれないかもしれませんが、頭皮の血行を促進したり頭皮環境を整える効果がある育毛剤は、ハゲ予防のためにも使えるおすすめのアイテムです。

フケやかゆみを抑えたり、髪に栄養を与えたりする機能もあり、弱った頭皮と髪のダメージを補修して、抜け毛を効率よく防げます。

頭皮に起きているトラブルを解消し、健康的に髪が育つように成長を支える力を持った育毛剤は、髪の毛が抜ける前に、頭皮の状態を回復させて薄毛を予防することも可能となるのです。

 

髪の現状維持をしたいなら育毛剤を使うべき

薄毛の予防ができるのは20代30代の、若くハゲていないうちだけです。

今のまま、現状維持できればそれで十分だと感じている方も多いでしょうが、何もせずにずっと同じままでいられる保証はどこにもありません。

今はハゲていないから、大丈夫だからと対策をせずにいれば、5年後や10年後、ハゲてしまった時に後悔を抱えることにもなります。

現状のふさふさの髪をいつまでも維持していきたいのなら、予防のためにも育毛剤は使用するべきです。

 

育毛剤は何歳から使える?

一般の育毛剤に年齢による制限は設けられていません。

育毛剤は何歳からでも使用できます。

近年では10代の若いうちから、将来を見据えて育毛剤を使う人も多くなってきました。

いくつだろうと髪に不安を覚え、ハゲにならないために何かしたいと思った時が、育毛剤を使うべきベストなタイミングとなります。

 

「年齢別・年代別おすすめ育毛剤」はなし!

薄毛の症状は、年齢を問わず同じように進んでいくので、年齢別や年代別に効果が期待できる、おすすめの育毛剤というものはありません。

薄毛に効果を発する育毛剤は、どの年代の男性が使用しても効果を感じることができるものです。

ただどの育毛剤でも、薄毛の進行度が低いほど効き目が出やすく、進行度が上がり症状が深刻なものになると、効き目が出にくいという傾向は見られます。

予防のつもりでなるべく早めに、効果が期待される育毛剤を使うのが適切です。

 

【結論】「育毛剤は何歳から?」ではなく、若いうちから使うべき

医薬品を除く、全ての育毛剤は何歳からでも使えます。

医薬品の育毛剤であっても、成人を過ぎれば使用の上に特に問題はありません。

若いうちから薄毛に悩みたくないのなら、育毛剤はなるべく早い内から使っていくのがベストです。

薄毛に悩んでいる人のみならず、現状維持を目指したい、薄毛を予防したいという人にも、育毛剤はおすすめできるアイテムです。

大学生の内から育毛剤を使用し、頭皮環境を整えていけば、大事な髪をその先何十年も守っていくことができます。育毛剤を使うべき時はいつかではなく、今この時なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です