【保存版】育毛剤の効果的な使い方|髪を早く伸ばす使用方法と塗り方・付け方

髪を早く伸ばしたいなら、育毛剤を使うべき

髪が抜けても、またすぐ伸びるからよい、と短絡的に考えるのは危険です。

頭皮環境が悪く栄養がないと、伸ばしたい髪も育ちきる前に抜け落ちてしまいます。

髪を早く伸ばすために、必要なのは頭皮環境の改善です。

髪の毛が1日でも早く伸びるように、育毛剤の力を借りましょう。

育毛剤で成長を促進することで、髪を早く伸ばすことができます。

 

育毛剤を使用するタイミングと使用方法

育毛剤の効果は、正しい使用方法によって正しく発揮されます。

商品の説明を読んで対応することが大事です。

また育毛剤の力を効率よく活かせる、効果的なタイミングというものもあります。

 

育毛剤を使う効率的な時間は夜か朝

育毛剤の効果は、成分が頭皮に浸透して、初めて発揮されます。

育毛剤を効果的に使うために使用方法に沿い、頭皮から余計な汗や脂を取り除いて、成分が浸透しやすい状態に整えておきましょう。

夜シャワーを浴びた後の、頭皮が清潔な状態にある時が、育毛剤のゴールデンタイムとなります。

寝る前は忙しいという場合には、翌日の朝に使用しても効果的です。

 

育毛剤の使用頻度は1日1〜2回

育毛剤を効果的に使うべく、製品の使用頻度はしっかり守りましょう。

育毛剤によって夜のみ使用するもの、朝夜両方に使用するものとがありますが、大抵は1日の内に1~2回使えば事足ります。

使いすぎても、かえって頭皮への刺激が増えてしまうのでよくありません。

製品の使用方法通りに使うことに意味があります。

 

洗髪で湯シャンはお勧めできない

育毛中はお湯のみの、湯シャンが良いという噂がありますが、湯シャンで取れる汚れは、全体のおよそ70%程度です。

お湯の力だけでは頑固な皮脂は落としにくく、汚れをどうしても残してしまうことになります。

落ち切らない汚れの存在は、当然頭皮に悪影響を及ぼします。

そもそも湯シャンが良いと言う意見は、市販のシャンプーには頭皮によくない成分が入っているから、という説に由来しているので、湯シャン自体にメリットがあるというわけでもありません。

頭皮に良いシャンプーを使えば良いだけです。

 

ドライヤー前にブラッシングをする

髪を洗って頭皮をきれいにした後には、髪を乾かすという行程が待っています。

タオルで水気をとったら、ブラシを用意して、ドライヤー前に軽くブラッシングをしておきましょう。

ブラッシングによって毛先が揃うことで風通しが良くなり、乾きが早くなります。

ドライヤーでは髪ばかりではなく、頭皮までしっかり乾かすのがコツです。

頭皮が濡れていると、冷えによって血行が滞り髪や毛根が弱りやすくなります。

 

育毛剤は洗髪後、ドライヤー後に使うのが効率的な使用方法

シャンプー後の対応として、ドライヤー使用後に育毛剤をつけるのか、それとも育毛剤をつけた後にドライヤーで乾かすべきなのか、その前後関係に悩んでいるという方も多いかもしれません。

育毛剤を効果的に使うポイントは、ここで先にドライヤーを使ってしまうことにあります。

髪の毛が濡れたままだと水分が邪魔になって、頭皮が育毛剤に含まれている有効成分の、効率の良い吸収が果たせません。

また火照っている状態では頭皮が蒸れて、雑菌が繁殖しやすくなるという問題もあります。

 

タオルドライで頭皮に負担をかけない

熱と風で水分を飛ばすドライヤーは、少なからず頭皮に負担をかけます。

ドライヤーを使う前に、タオルドライで表面の水分をとって、ドライヤーの使用時間の短縮を図っていきましょう。

タオルでも力強くこすると、髪や頭皮がダメージを負うことになります。

優しく押さえるように、水分をふき取るのがベストです。

 

育毛剤をつけた後は冷風で乾かす

頭皮の乾燥は抜け毛を誘発しますが、濡れすぎていても冷えによって血流が阻害されたり、雑菌の温床となってしまったりして、髪や毛根を弱らせることになります。

育毛剤をつけた後に、頭皮の湿り気が気になるという時には、再度ドライヤーで簡単に乾かしましょう。

温風だと頭皮が火照ったり、逆に乾燥しすぎてしまう場合があるので、ここでは冷風機能を活用します。

 

【使用法】育毛剤の正しい付け方・使い方

育毛剤の効果は、育毛剤が付着した部分にしか表れません。

頭皮全体にざっくりと育毛液を振りかけるような塗布方法では、本当に髪を育てたい場所に効果が届かない可能性もあるので注意が必要です。

頭皮の付け方にもコツがあります。

髪の上辺ばかりではなく、地肌にまでしっかりと馴染ませられる付け方を実践していきましょう。

 

育毛剤の塗布方法!頭皮に正しくつける効果的な塗り方

頭皮環境に働きかける育毛剤は、頭皮に塗布しなければ意味がありません。

普通に育毛剤を上から垂らすだけでは、成分は地肌に届く前に髪に阻まれることになります。

髪をかき分けて頭皮が見えるよう分け目を作ってから、育毛液をつけるのが効果的です。

水分量の多い育毛剤が直ぐに染み込まず垂れてしまうという時には、指の腹で優しく撫でる方法で馴染ませます。

 

育毛剤の正しい塗り方動画

 

注意! 育毛剤は薄い部位をピンポイントにつけるのはお勧めできない【部分ハゲ・生え際・前頭部・部後頭部】

生え際が後退したり、前頭部は何ともないのに後頭部だけが薄くなったりと、ピンポイントで抜け毛が増えることを部分ハゲといいます。

部分ハゲといっても実際は薄毛の被害がそこだけで止まることは少なく、部分的な薄毛はいずれ髪全体へと広がっていくことになります。

だからこそ、部分ハゲのみに育毛剤をピンポイントで使用する、という行為はおすすめできません。

患部に育毛剤を塗布して治療を試みつつ、髪が残っている頭皮環境の悪化に強い部分にも、しっかり育毛剤でエネルギーを与えていくことで、スムーズに治癒されやすくなります。

最低でも治したい部分ハゲから、周辺3cm程度の部分には、育毛剤を同じように塗っておくと安心です。

 

育毛剤塗布するときは頭皮マッサージをする

血流が滞って、硬くなってしまった頭皮は、育毛剤の成分も受け付けにくい状態にあるので、そんな時に育毛剤をただ塗布しても効果的な治療はできません。

育毛剤使用後の頭皮マッサージは、液剤の浸透の促進と、血流の改善に役立ちます。

頭皮マッサージは指先や手のひらで、硬くなった頭皮を揉みこむように行います。

強い摩擦や圧力は、頭皮の負担を増やし抜け毛を増やすことになりますから、なるべくソフトな動きでマッサージを進めていきましょう。

頭頂に向かって頭皮を引き上げたり、下ろしたりすると、頭皮の緊張もほぐれいい具合に毛穴が引き締まります。

 

育毛剤の塗布後は血行促進のために首筋のリンパマッサージを!

血管は体全体に網目のように広がっているものですから、頭皮の一部分をほぐした所で、血行そのものの促進には至りません。

更なる血行の改善のために、頭皮マッサージに加えて、首筋のリンパ腺もゆっくりマッサージしていくのが効果的です。

リンパのマッサージは流れに沿って、首の場合には上から下へと行っていきます。

手のひら全体で包み込み、優しく撫でる程度に手を動かすだけで構いません。

 

育毛剤の量は適量に!つけすぎ・やりすぎはダメ!

頭皮が吸収しきれなかった分の育毛剤は、そのまま頭皮の表面に残ることになります。

つけた後に垂れてこず、さっぱりと乾くくらいが適量です。

育毛剤のつけすぎで、頭皮が蒸れて雑菌が繁殖し、頭皮環境がかえって悪化してしまうケースも確認されていますので、やりすぎは厳禁です。

育毛剤も頭皮にとっては刺激物ですから、適切な使用量を守らなければ頭皮が炎症を起こす危険性もあります。

 

育毛剤の正しい付け方・使い方で男性・女性に違いはなし

育毛剤には男性用女性用とありますが、使い方はほぼ同じです。

髪の長い女性は、髪が短く頭皮に直接薬剤が届きやすい男性よりも使用のハードルが高めですが、しっかり頭皮に馴染むように育毛剤を使用してください。

塗布の回数など、細かい内容は各育毛剤のパッケージや説明書きにある、使用方法から確認しましょう。

 

頭皮に頭皮湿疹(できもの)がある場合は育毛剤は使用すべきでない

地肌に頭皮発疹などのできものがある場合には、できものがなくなるまで育毛剤の使用は見送りましょう。

育毛剤の成分は刺激性が高いものも多く、刺激によって更に症状が悪化する恐れがあります。

育毛剤がしみるという時には、気付いていないだけで頭皮湿疹ができている可能性があります。

 

【その他】育毛剤で知っておくべき使い方

頭皮が健康な状態にある時に、使用方法に倣った使い方をすることで、育毛剤の力は発揮されます。

ルールから逸脱しない慎重さが、薄毛の症状の悪化を防ぎます。

 

ヘアカラー後は1週間育毛剤の使用を空ける

ヘアトニックや育毛剤に含まれるエタノールによって、まれにヘアカラーの染料が溶け、色落ちすることがあります。

美容室で行ったものでも自宅で染めたものでも、ヘアカラー後1週間程度は、念のために育毛剤の使用を避けるようにしたい所です。

 

パーマをかけた後に育毛剤を使用すると炎症が起こることがある。

縮毛矯正やパーマの直後は、キューティクルを開かせ髪を柔らかくするために使用するアルカリ剤や還元剤の影響によって、頭皮も膨潤し過敏な状態になっています。

育毛剤に含まれるエタノールの刺激性が、いつも以上に強く表れてしまうことにもなりますので、使用は慎重に行わなければなりません。

炎症が起これば、育毛どころではなくなります。

なおあくまでも使用の薬剤が原因で起こるトラブルであるので、天パでは問題ありません。

 

育毛剤の併用について

2つの異なる製品を併用する時には、その相性がポイントになります。

1足す1が2になるとは限りません。

闇雲に合わせず、慎重に相性を見極めましょう。

 

育毛剤は二種類やっても効果はない|ローテーションは効果なし

育毛剤の使用のポイントとなるのが継続です。

育毛剤の効果は、何ヵ月と続けて同じ育毛剤の使用を続けることで、ようやく一つの形を結びます。

よって二種類の育毛剤をローテーションで使うという行為に、意味は全くありません。

二つの育毛剤を併用するより、効果のある一つの育毛剤を使い続けた方が良い結果を得られます。

 

育毛剤は育毛サプリと併用すると効果的な使い方

育毛サプリには頭皮環境を整える効果こそありませんが、亜鉛やアミノ酸といった普段の食事からは取りにくい、頭皮に必要な栄養を効果的に摂取できます。

育毛サプリメントの使用は、育毛にとっては良いことであり。育毛剤と併用することでかなりの成果が期待できます。

 

育毛剤は育毛シャンプーと併用すると効果的な使い方

せっかく育毛剤を使用していても、界面活性剤等の頭皮に悪い成分が多く含まれがちな市販のシャンプーを使用して、負担をかけていては意味がありません。

一般のシャンプーの代わりに育毛に特化した育毛シャンプーを併用することが、育毛においては効果的です。

育毛シャンプーのサポートによって、より大きな育毛効果が得られます。

 

育毛剤と併用して育毛ブラシがあれば効果的!

頭皮の敵は乾燥と湿気です。

乾きすぎるのもよくありませんが、だからといって湿っぽくなるのもよくありません。

洗顔後にはドライヤーを直ぐに使わず、先にブラッシングをすることで、自然な熱でも髪が乾きやすくなります。

頭皮に負担をかけない、先端の尖っていない柔らかいタイプのブラシが最適です。

 

育毛トニックと育毛剤の併用は避けるべき

育毛トニックと育毛剤は一見相性がよさそうに見えますが、実はそうではありません。

育毛トニックは血行を促進し、頭皮を洗浄する頭皮にとっての化粧品であり、トニックの80~90%以上が水とエタノール、つまりアルコールからできているものだからです。

スースーとする爽快感は得られますが、少しの刺激でも毛が抜けてしまうような、敏感な頭皮には悪影響しかもたらしません。

併用はもとより使用するのもお勧めできない、というのが実際のところです。

スースーしない肌に優しい育毛剤のみに絞った方が、遥かに安全です。

 

育毛剤が垂れる場合の対処法

育毛剤は頭皮に浸透してこその製品です。

けして安い品でもないのですから、垂れて無駄にならないように使用していきましょう。

 

育毛剤の使用量を減らす

育毛剤が垂れてくる、目に入るというのは明らかに正常な状態ではありません。

育毛剤の使い過ぎです。

育毛剤を既定の使用量以上に使っても意味はありませんので、垂れてこない程度に少しずつ使っていきましょう。

万が一目に入ってしまった時には、清潔な布でそっとふき取るか、水で優しく洗い流すようにします。

 

育毛剤の塗布後はドライヤーで冷風で乾かす

育毛剤の塗布後、湿っていて違和感がある場合には、ドライヤーで乾かしてしまうことも可能です。

熱風だと育毛剤の成分が気化してしまったり、頭皮が逆に乾燥してしまう危険もあるので、冷風で軽く乾かすに止めます。

 

【Q&A】育毛剤の使用方法で多い疑問

育毛剤の使用方法に関して、疑問を覚えた時に、まず行うべきは商品の使い方ガイドを読むことです。

また公式サイトには、よくある質問に対するQ&Aが示されていることもあります。

以下ではメーカーを問わない、育毛剤一般に関する疑問について解説しています。

 

育毛剤でベタベタするのはなぜ?

一部には粘性の高い製品もありますが、育毛剤は基本的にさらっとした着け心地であることが多いです。

にもかかわらず頭皮にベタつきを感じるというのなら、それは育毛剤の付け過ぎである可能性が大です。

使用の量を少し減らして、使用感を改めて試してみましょう。

それでもベタベタするなら、そもそも頭皮自体がベタついているのかもしれません。

シャンプーで髪を念入りに洗い、すすいで、再度挑戦です。

 

育毛剤は何歳から使うべき?

薄毛は年齢を問わず、若いうちから発生します。

大学生でも、特別髪に悪い生活をしていない普通の人でも、薄毛になる時はなるのです。

抜け毛が増えた、頭皮がベタベタしてきたなどと感じるなら、『ベタつき何歳から』などとネットで調べていずに、一足飛びで育毛剤の使用を初めてしまうべきです。

できるだけ早く育毛剤を使用するに、越したことはありません。

育毛はもちろん、頭皮の現状維持やハゲ予防にも使える、育毛剤は予防効果の高いアイテムです。

 

育毛剤をやめるタイミングは?

育毛剤をやめる決まったタイミングはありません。

十分に髪が生えてきたと感じるなら、好きなタイミングで止めてしまって大丈夫です。

ただ育毛剤に頼り過ぎていた場合、使用をやめた時に、育毛剤のない生活への耐性がついていないためにハゲの症状がぶり返してしまうことがあります。

一生育毛剤を使い続けるなど無理なことなのですから、使用と並行して食生活や生活習慣を改善し、日ごろから育毛に良い生活を送っていけるようにしましょう。

体質を改善しながら育毛剤を使用していけば、髪が生え揃う頃には、ハゲにくい体になっているはずです。

 

【まとめ】育毛剤の効果的な使い方|髪を早く伸ばす使用方法

育毛剤を早く、そして確実に使うことが、育毛の近道となります。

育毛効果を届けたい頭皮に、よく浸透するように丁寧に使用するのがコツです。

デリケートな頭皮に気を遣いつつ、用途に合った使い方で毎日のケアをしっかり行えば、髪の復活は目前です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です