【20代男性】若ハゲ対策|自力で薄毛を改善して抜け毛を予防する方法

若ハゲ改善に効果がある理由|薄毛・抜け毛が改善できる!

将来薄毛にならないために、若い内からの抜け毛対策は重要です。

見た目には何の変化もないように見えても、髪の変質は水面下で静かに進んでいます。

30代40代になって、髪が薄くなってきたなと感じてから、抜け毛予防に努めるのでは遅すぎるのです。

20代の頃から髪の健康に気を付け、抜け毛を防ぐ生活をすることで、年をとっても豊かな髪をキープすることができるようになります。

一方で若ハゲのリスクというのは、男性にも女性にも同様に存在するものですので、それを防止する意味でも、抜け毛改善を意識した行動をとることは大切です。

ハゲは遺伝だからどうしようもないといいますが、薄毛の原因の内遺伝が占める割合は僅か25%程度にしか過ぎません。

髪の未来を早々に諦めずに、地道に対策することが大事です。

病院に行かなくても自力でできる対策法から、試していきましょう。

 

若ハゲ・薄毛対策に改善効果がある理由|自力で抜け毛を減らせる

抜け毛や薄毛の原因は、大きく4つに分けられます。

頭皮環境の悪化・血行の悪化・ホルモンバランスの乱れ・病気の4つです。

この内医師の診察と薬による治療が必要な、病気で起こる薄毛以外は、病院に行かなくても自宅で改善ができます。

頭皮環境も血行もホルモンも、異常の原因は日常の些細な行動やその積み重ねにあることがほとんどだからです。

原因となっている行動を止めれば、状態は必ずや回復します。

病院に行くのが恥ずかしい、病院に行っている時間がないという理由で若ハゲを放置している人も、諦めるのはまだ早いです。

 

 頭皮環境の改善で若ハゲ改善対策ができる

頭皮環境が悪いと、健康的な毛が生えてこなくなり、生えている毛も抜けやすくなって薄毛になります。

抜け毛が増えてハゲになってしまった原因が、頭皮環境にあるなら、現状で起きている頭皮の問題を解決することが、頭皮に毛を取り戻し薄毛を改善する近道です。

頭皮は髪に覆われている上に死角に存在するので、地肌の状態をまじまじと観察するということはなかなかできません。

ただ見ることができなくても感覚として、かゆかったりふけが多かったり、髪の毛が妙にテカリを帯びていたり細毛になっているように感じるなら、それが頭皮が悪化している証となります。

かゆみや炎症があるなら、デリケートな肌を刺激しないよう配慮しながら炎症を抑える必要がありますし、乾燥には保湿効果のある品を使っての対策が求められます。

油分でテカっているなら、シャンプーや洗い方の見直しから始めなければなりません。

細毛の状態は、髪に栄養が届いていない時に起こるもので、栄養不足の毛は弱っていれば抜け毛が増えるばかりです。

薄毛の原因となるこれらの症状は、けして特殊なものではありません。

どれも皆、若い人の頭皮の上にも起こりうる問題です。

若ハゲの対策のためには、全ての原因に適切な対処が求められます。

抗炎症作用に保湿作用、皮脂の抑制に栄養の補給と、いくつもの対処を同時に行える頭皮環境改善の奥の手として、育毛剤があります。

産毛伸ばす機能なども持つ育毛剤は、若ハゲの悪化の阻止になにより効果の高いおすすめのアイテムです。

 

血行促進で若ハゲ・抜け毛改善対策ができる

頭皮に栄養を運ぶ役割をしているのは、血液です。

全身の至る所に網目のように広がる血管が、頭皮の下にも存在しており、血液中の栄養分は血管を通して毛穴まで運ばれます。

髪の成長には毎日の栄養補給が不可欠であり、何らかのトラブルで血液から栄養が吸収できなくなると、髪は育たなくなりどんどん細くなって抜け落ちます。

髪に栄養が届かないまま抜け毛が続けば、目で確認できるほどの薄毛になるのは時間の問題です。

早急な栄養の摂取が求められますが、栄養を十分に取れたとしても、髪まで運ぶ手段がなければ意味がありません。

髪の栄養不足は、血行の悪化によっても起こります。

頭皮が硬くなっていたり、血液がドロドロになっていたり、体が冷えていたりストレスを感じていたりと、血行が滞る原因は様々です。

外側から内側から血管に働きかけ、血行を促進することで血液の流れがスムーズになり、経口摂取した栄養を速やかに頭皮全体に行き渡らせることができるようになります。

育毛剤やサプリメントが持つ血行促進作用に、若ハゲ改善の効果があると言われる理由です。

 

男性ホルモンバランスの改善で薄毛・抜け毛対策ができる

ホルモンの働きは、各ホルモンによって異なります。

髪に関して言えば、生育促進の機能を持つのは女性ホルモンで、男性ホルモンは生育を逆に抑制してしまう機能を持つといわれます。

薄毛症状を引き起こす脱毛症の1つにAGAがありますが、これは特殊な状況下で、男性ホルモンがより強力な生育抑制機能を持つものへと進化し、その影響によって髪の寿命が極端に縮んでしまうことで起こります。

特別に男性ホルモンの異常が起こらなくても、自律神経の乱れによってホルモンバランスが崩れるだけでも、血圧が乱れたり毛細血管が収縮して、抜け毛の発生に繋がります。

ホルモンバランスが崩れないように、注意して生活することが、薄毛の対策になります。

バランスの良い食生活や正しい睡眠を心がけて、自律神経を整えていくことが大事です。

 

 ハゲを克服した人の改善体験談!薄毛から復活再生した人

イクオスで薄毛から復活した人
ハッキリしているのは脱け毛が目に見えて減ったことです。
うれしい変化があると気持ちが前向きになります・・・実感ですね~ 持久戦だと思うのでもうしばらく使っていきます。変化があればまた報告しま~す。
引用:Amazon

イクオスで薄毛から復活した人
額の境に毛頭が現れた。
使用し始めて約一か月。ただし三日に一回の使用程度。
確かに数十本くらいの毛が生えてきたのを確認。
使用後は髪がふくらむのか髪の量が増えたように錯覚させる。
引用:Amazon

チャップアプでで薄毛から復活した人
使い始めてから半年くらいで毛量が少し増えボリュームアップしました。
これは効果ありだと思います!!
これからも使い続けます。

引用:Amazonレビュー

 

いつから?早期対策せず放置したら手遅れ

薄毛は見えない所で進行するものですので、現状抜け毛などの症状が特になくても、先のことを本気で考えるのなら、早い内から予防のための行動をとっておいた方が良いです。

抜け毛が始まる前の、予兆はわかりやすい形では表れません。

よく見れば髪の毛が細毛化してきて、密度が下がってきたように感じるという程度で、放置してしまう人が多いのが現状です。

増えてきた抜け毛に気付いたり、髪の毛のボリュームが減って、ぺちゃんこになってきたなと感じる頃には、既に頭皮の変化は進んでいます。

抜け毛をきっかけに自力での対策を考えるのは遅すぎますし、見てわかるほどにボリュームを減らした髪の異常が、あっという間に治る対策というのも存在しません。

突然の髪の変化にうろたえ、これ以上の悪化を防ぐ方法を探している間にも状況は刻一刻と悪化し、髪は誤魔化しようのないほどにぺったんこになっていきます。

髪の成長サイクルが止まり、毛細血管が完全に消滅し、毛穴が閉じてしまえば、もはやどんなヘアケアも薄毛防止法も手遅れです。

ハゲにならないようにするにはいつから改善対策を始めたらよいのかと、頭を悩ませる余裕がある内に今すぐにでも対策を始めましょう。

薄毛の対策を始めるのに、早すぎるということはありません。

ほんの少しでも何となくでも、薄毛が気になるようになったならその瞬間こそが、対策を始めるべきタイミングです。

 

現状維持したいなら早期に抜け毛防止で薄毛対策を!

今薄毛に悩んでいるという人も、子供の頃からずっと薄毛に悩んでいたわけではありません。

止まらない若ハゲを食い止めるために、必死で改善対策を行っている人にも、髪の毛の厚さなど気にしていなかった時代というのは存在するものです。

髪質も体質も不変のものではないので、現状髪の毛があっても、5年後10年後の将来に同じように髪の毛があるとは限りません。

不摂生な生活により髪が細くなって、抜け毛が発生しやすい体質に変わってしまう可能性もあります。

今、髪に不安のある人だけでなく、将来の髪に不安のある人も髪がある内から、抜け毛を防止するために自力でできることをしっかり行っていきましょう。

一度崩れた頭皮環境は直ぐには戻らず、止めようと思っても抜け毛は、簡単に止めることなどできません。

ハゲとして事態が表面化する前に、現状維持に向けた対策をとっていくことが大事です。

 

薄毛対策の効果期間|回復するのはいつ?

薄毛は頭皮や髪の異常によって発生します。

薄毛対策は、その異常を治すための行為です。

しかし頭皮の改善対策を行った所で、直ぐには状態は改善しません。

本来であれば髪を支える役をするはずの頭皮が、それを果たせず、まだ健康な髪が抜け落ちてしまうというのは、頭皮にとってはかなりの緊急事態です。

そんな危機的状況を収めるためには、頭皮が生まれ変わるレベルの再生が必要になります。

この時の皮膚再生に必要な代謝の働きと、サイクルのことをターンオーバーといいます。

古くなった角質が剥がれ落ち、新しい細胞が肌を覆って完全回復するまでの、ターンオーバーにかかる期間は、およそ1ヵ月とされています。

これは健康な肌における期間であって、頭皮のダメージが深刻だったり、代謝の働きが落ちてしまっていたりすれば、対策をしていたとしても再生にかかる期間は倍にも伸びます。

またターンオーバーでも頭皮が回復するだけで、同時に髪が戻ってくるわけではありません。

新たな髪を生やすには、さらに薄毛再生に向けた改善方法を行っていく必要があります。

若ハゲに悩むほど、後退してしまった生え際に髪が戻るまでには、抜けるまでにかかった時間より、はるかに長い時間がかかります。

長期間に渡っての対策に臨まずとも済むように、頭皮に異常がほとんど表れていない早い段階から、自力での抜け毛阻止の対策を行っていくことが大切です。

 

【民間療法】自力でできる若ハゲ・薄毛の改善対策方法まとめ

ハゲになってしまったら自力で何をしても、もう元には戻らない、ということもありません。

一概に抜け毛が増えた、薄毛になったといっても、そこには色々な原因が存在し、色々な改善方法が存在します。

抜け毛を減らし、薄毛を防ぐための改善方法には、自宅で簡単に実施できる民間療法のような方法もいくつもあります。

特に女性の薄毛は、生活習慣に根本的な問題があるケースが多く、自分で生活のスタイルを変える努力をするだけで、抜け毛を減らすことができたという報告も確認されています。

女性に限らず男性の薄毛も、方法次第で自力で治すことが可能なケースは少なくありません。

抜け毛を防止し、薄毛を本気で治すことを考えるのであれば、普段の生活の中でも薄毛対策に手を抜かず、発毛機能の回復に向け日々取り組んでいくべきです。

 

【薄毛の改善対策】育毛剤で薄毛・若ハゲを防止!抜け毛を減らす

薄毛の改善対策のための手段として、最も効果が期待できるとされているのが育毛剤です。

店頭で購入できるもの、通販でしか購入できないものと種類は様々にあり、使用のスタイルも製品によって微妙に異なります。

使用されている成分も違うため、同様に育毛剤という名を冠していても、表れる効果は同じにはなりません。

基本的に病院に通院しなくても手軽に購入できて、好きなタイミングで自力で改善や対策のための行動を始められるという所に、育毛剤の魅力があります。

育毛剤の効果は、頭皮環境の改善と発毛の促進の大きく2つに分けられます。

炎症を抑えたり皮脂の分泌を抑制したり、殺菌をしたり保湿を行ったりといった機能の全ては、ひとえに抜け毛の原因となって若ハゲや薄毛を引き起こしている、頭皮の環境を整えるべく存在しています。

血管を拡張して血液の流れを改善したり、ホルモンの活発な活動を阻んだり、毛母細胞に力を与えたりと、頭皮の下の外側から見えない部分にも育毛剤の効果は届きます。

頭皮の環境は育毛剤によって、こうして外部と内部の両方から守られるのです。

2つ目の発毛の促進の働きは、育毛剤に含まれる栄養素が担います。

ビタミンやミネラルや亜鉛など、おなじみの成分もあれば、貴重な植物由来のエキスもあったりと、育毛剤に含まれる栄養分は実に多彩です。

成長エネルギーが足りておらず弱っている髪にも、頭皮に養分が届いていないせいで発毛できない髪の元にも、育毛剤を使用すればバランスよく栄養を与えることができます。

頭皮の状態が改善し、髪に成長のための力が蓄えられれば、もう怖いものはありません。

 

ヘアトニックと育毛剤の違い

育毛剤は一般に、国から認められた育毛成分が含まれた医薬品や、医薬部外品のことを指します。

対するヘアトニックは、基本的には化粧品の枠に分類されます。

ヘアトニックの機能は、頭皮環境の改善です。

抗菌機能や保湿機能で、頭皮のふけやかゆみを防いだり、頭皮のいやな臭いを除去することができます。

水やアルコールやメントールと、シンプルな主成分で構成されていることからもわかる通り、ヘアトニックはあくまでも頭皮ケアを目的とした製品であって、育毛剤のような髪を育てる働きは持ちません。

育毛剤の方が、ヘアトニックより高い育毛効果を持つというのは、まぎれもない真実です。

育毛を望むなら、迷わず育毛剤を選びましょう。

 

【薄毛の改善対策】生活習慣で薄毛・若ハゲを予防!抜け毛対策

髪の健康は、規則正しい生活習慣の上に存在します。

乱れた生活習慣で、体が不健康になると、髪の成長は真っ先に阻害され、抜け落ちていくことになります。

誤った生活習慣で失ってしまった抜け毛は、正しい生活習慣で取り戻すことが可能です。

規則正しくない生活習慣は、これ以上の髪への被害が広まる前に改善していかなければなりません。

生活習慣の改善対策は、病院やヘアケアサービスなどを利用しなくても、自宅で自力で行えるのが良い所です。

薄毛を未然に防ぎたい、若ハゲを予防したいという時にも、有効な方法となります。

 

 運動で薄毛・抜け毛を改善対策

薄毛の主な原因である血流の悪化は、運動不足でも起こります。

同じ体勢ばかりで動かなければ筋肉が凝って硬くなってしまうように、血液も動かなければ滞ってしまうものです。

ポンプの役割を果たしている心臓の負担を和らげるためにも、適度に体を動かして血流がスムーズに流れるよう、働きかけていく必要があります。

血の流れがスムーズになれば、血液によって頭皮にも栄養がきちんと運ばれ、栄養不足で抜ける髪もなくなるでしょう。

運動にも様々なスタイルがありますが、薄毛の対策として効果的なのは、呼吸が乱れない程度の有酸素運動です。

全力で挑む運動は一時的に体を無酸素状態にしてしまい、血中の活性酸素を増やす結果になるのでよくありません。

活性酸素は毛根にダメージを与え、かえって抜け毛が発生する原因を作ります。

走るなら息が弾むほどの速度は出さず、軽めのジョギングぐらいに抑えておきましょう。

有酸素運動には血行促進効果に加えて、ストレスを発散させる効果や自律神経を整える効果などもあります。

ストレスやホルモンバランスを原因とする薄毛も、運動によって治る可能性があるのです。

 

睡眠で薄毛・抜け毛を改善対策

成長を促進するホルモンは、夜寝ている時に分泌されます。

眠りに落ちてから2~3時間程度、時間帯としては夜10時から深夜2時くらいの間に活発に分泌され、ホルモンを促進力に毛母細胞は活性化し、ダメージは補修されます。

夜更かしが髪に良くないとされているのは、夜寝るべき時間に眠らずにいると、成長ホルモンの分泌量が減り、髪の成長が進まなくなるからです。

髪が伸び悩むだけならまだよいのですが、紫外線や乾燥などで日中負ったダメージも回復しなくなってしまい、頭皮環境が悪化して髪が抜けやすくもなります。

抜ける一方で髪が育たないのでは、全体量は減るばかりです。

夜更かしを止め、正しい睡眠をとることが薄毛の改善に繋がります。

成長のホルモンが正しく分泌されるように、睡眠時間だけではなく睡眠の質にもこだわっていきましょう。

体が成長以外のことに労力を割かなくても済むように、寝る前の運動や飲食は避け、覚醒を促すスマホやパソコンの強い光から離れて、穏やかに眠りと向き合うのがコツです。

 

タバコで薄毛・抜け毛を改善対策

タバコを吸う人は絶対にハゲる、というわけではありませんが、ハゲやすくはなります。

髪の成長のプロセスを、タバコが阻害してしまうからです。

例えば発毛における重要な働きをするものとして血液がありますが、タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる効果があり、血液の流れを止めてしまうので、血液の髪に栄養を運ぶ働きが正常になされなくなって毛が抜けやすくなります。

タバコの煙に含まれる、一酸化炭素によって起こる酸素不足も由々しき問題です。

タバコを吸わなければ、少なくともタバコが原因となって起こる頭皮の血行不良は起こらずに済みます。

 

【薄毛の改善対策】食事で若ハゲ・抜け毛を予防

栄養バランスの取れた食生活が、頭皮と髪の健康を支えます。

偏った食生活は、若ハゲの発生リスクを高めるものです。

髪の元になる成分を摂ったり、髪の生育をサポートする栄養分を摂ることで、薄毛や抜け毛は対策できます。

自力での改善が果たせる内に、できることから始めていきましょう。

 

【食事対策】薄毛の予防改善におすすめの食べ物

髪の毛は食べ物から作られるといっても過言ではありません。

健やかな髪を手に入れるためには、髪の基本成分ケラチンの元になる、アミノ酸をたくさん含んだ良質なたんぱく質を、食事にて摂取していくことが大事です。

肉や魚や豆腐などの大豆製品や、ヨーグルトやチーズといった乳製品にもたんぱく質は含まれます。

また血液をサラサラにすると言われる酢や、血行改善効果があるビタミンEやAが含まれる、にんじんや小松菜やかぼちゃなどの緑黄色野菜も、頭皮環境の改善に役立ちます。

脂肪分が多く皮脂を増やしやすいラーメンなどの食品を食べる時には、なるべく野菜の量を増やす等、対処するのがおすすめです。

 

【食事対策】薄毛の予防改善におすすめの飲み物

リモネンや亜鉛といった脱毛酵素を抑制する成分や、ヒドロキシプロリンやリジンといった毛乳頭細胞に力を与える成分を含む、グレープフルーツは薄毛対策にとても効果的な果物です。

グレープフルーツジュースを毎朝1杯飲むことで、薄毛の予防が果たせます。

またルイボスというマメ科の植物の葉から作られるルイボスティーも、髪の老化を防ぐ抗酸化作用や血行増進効果がある他、新陳代謝を活発化させるミネラルも豊富に含むことから、薄毛の改善が期待できる飲み物として知られています。

 

【薄毛の改善対策】プロテインでたんぱく質を補う

筋肉を作るプロテインのたんぱく質で、髪を作ることもできます。

たんぱく質が足りておらず薄毛になっていると感じるなら、プロテインで状態の改善を試みてみるのも1つの手段です。

ただ摂取しすぎると腎臓や肝臓の負担となってしまったり、脂肪分が発毛を阻害してしまう場合もあるので、使用は適度に行ってください。

 

【薄毛の改善対策】サプリメントの成分で内側から薄毛を対策

髪と頭皮の健康維持には、とにかくたくさんの栄養が求められます。

食品だけでは栄養の摂取が追い付かないと感じる時には、サプリメントを活用するのが吉です。

ホルモンバランスの乱れによる薄毛に困っている時には、男性ホルモンの活性化を抑えるノコギリヤシや、女性ホルモンに似た働きで髪の成長を支え、抜け毛を引き起こすホルモンを抑制する大豆イソフラボンなどの成分が配合されたサプリが効果的です。

また必須アミノ酸の1つであるリジンや、髪の元となるたんぱく質の合成に役立つ亜鉛や、頭皮の品質を高めるコラーゲンといった成分を、積極的に摂取していくことで発毛の働きをサポートできます。

 

【薄毛の改善対策】育毛シャンプーで若ハゲ・抜け毛を予防

健康な状態の頭皮なら、抜け毛は最低限にしか発生しません。

髪が定められた寿命を終え、自然に抜ける分を、新しく生える毛が下回らないように調整されているので、抜け毛があっても薄毛になることはないのです。

頭皮が健康な状態というのは、傷がなく炎症もなく、過剰な乾燥や菌の繁殖が見られない、清潔に整えられた状態のことを指します。

汗や埃で毎日汚れる髪は、毎日のシャンプーで清潔に保つことができます。

シャンプーをしても抜け毛やかゆみや、切れ毛などの症状が気になる時には、育毛用のシャンプーに切り替えて、若ハゲの予防や薄毛の改善対策に力を注いでいく必要があります。

特にデリケートな女性の肌は、些細なことが刺激になって荒れてしまう恐れがありますから、刺激の元となる防腐剤や香料が使われていない、無添加のシャンプーやアミノ酸系の低刺激のシャンプーを使用するのが安全です。

薄毛対策として、シャンプーを使わずお湯だけで洗う湯シャンが、敏感肌の女性や頭皮への刺激を気にしている男性の間で注目を浴びていますが、皮脂や雑菌の除去といった最低限の洗浄もできないお湯のみのヘアケアはおすすめできません。

髪が臭い男性の多くは、湯シャンのせいで整髪料も汗も落ちきらず、それぞれの臭いが混ざり合って悪臭を発しているというケースが多いです。

自力での対策を考えるのは良いことですが、必要なケアを怠ってしまっては、頭皮環境を深刻化させ抜け毛の原因を作ることになります。

 

市販のシャンプーは薄毛・若ハゲを進行させる

市販のシャンプーは大衆受けを意識した、品質よりも安さを追求している商品が多く、薄毛の対策には適しません。

アルコールやコーティング剤や添加物をたっぷり含んだ、刺激の強い市販シャンプーは、頭皮トラブルを引き起こし薄毛を進行させます。

 

温水シャワーと冷水シャワーを合わせて薄毛を対策!

急激な冷却によって血管が拡張する、寒冷血管反射を利用して、血行を促進しようというのが冷水シャワーの目的です。

通常温水で行うシャワーを、15~20度の冷水で行い、血管を広げて髪に栄養が運ばれるようにして、抜け毛を防止します。

とはいえただ冷たいシャワーを浴びるだけでは、皮脂が固まって落ちにくくなったり、心臓の負担になってしまったりするのでよくありません。

まず初めに温水シャワーでシャンプーをし、次に冷水シャワーをし、また温水シャワーで温めて、もう一度冷水を頭皮全体にかけてと交互に行うのが効果的です。

 

【薄毛の改善対策】 睡眠時間で若ハゲ・抜け毛を予防

若ハゲの予防や抜け毛の改善対策として、自力で実施できるものの中で、最も手軽なのが睡眠時間を増やすという方法です。

7時間から8時間たっぷり眠れば、成長ホルモンもしっかり分泌されて、少々の薄毛ならばすぐに改善します。

22時から翌日2時までの、髪の成長が特にはかどる時間帯に、深い睡眠をとれるよう就寝時間を調整していきましょう。

硬すぎず柔らかすぎない、頭の形に合った枕が寝心地をよくします。

 

【薄毛の改善対策】ドライヤーの正しい使い方

頭皮環境を荒らす雑菌は、湿気と脂が大好物です。

シャンプー後はよくドライヤーで乾かして、余分な湿気をしっかりとり、雑菌の繁殖を防いでいきましょう。

ドライヤーの熱は、頭皮にとっては乾燥を呼ぶものでもあるので、乾かす時にも近付け過ぎは厳禁です。

ドライヤーセットの方法としては、まずバスタオルで水気を切り、表面の水気をとってから、根元から毛先にかけて満遍なく風をあてていくという方法がおすすめとなります。

頭とドライヤーは20cm以上離すなど、なるべく髪に優しい使い方を心がけてみてください。

 

ヘアブラシは金属製がおすすめ

ヘアブラシにも様々ありますが、最近人気の猪の毛のヘアブラシはおすすめできません。

猪の毛のヘアブラシは静電気を起こしませんが、お互いのキューティクルが擦れたり傷ついたりします。

またブラしにフケ上の頭皮の残骸がブラシに溜まると雑菌が繁殖し、帰って脱毛してしまいます。

おすすめは金属のヘアブラシ。金属はクッションタイプのものが多く先端が丸くなっており、ブリッスル表面もツルツルでキューティクルを痛めないのが特徴です。

 

【薄毛の改善対策】血行促進で若ハゲ・抜け毛予防!

抜け毛の要因となる、頭皮の血流不足は様々な状況下で発生します。

日頃から血行促進効果のある食事や運動、頭皮マッサージなどをまめにし、血行の改善対策を行っていくことが、若ハゲや薄毛の予防に繋がります。

運動の時間がとれない時は、蒸しタオルで頭を包み、15分ほど放置しておくと、頭皮が温まって血行もよくなります。

自力で簡単にできる血行促進法です。

蒸しタオルには毛穴を開かせる効果もあり、シャンプー前にすると毛穴の奥の汚れが落ちやすくもなります。

 

【薄毛の改善対策】若ハゲ・抜け毛に効くツボ

リンパを流し血行を促進し、生命力を高めるツボを押す、という抜け毛の改善法もあります。

たちどころに効果が出るものではありませんが、薄毛対策の一環として、毎日コツコツと続けていれば努力が実る日も来るかもしれません。

該当のツボは頭のてっぺんや、足の裏の真ん中の、少しくぼんだ部分などにあります。

手全体ではなく、親指1本でピンポイントに刺激するのがコツです。

上手く力が入らない場合は、つまようじを10本ほど束ねて、尖っていない方が皮膚に当たるように持って押してみましょう。

 

【薄毛の改善対策】頭皮マッサージ

頭皮の血行をほぐし、代謝を活性化させる頭皮マッサージによって、頭皮環境は改善します。

頭全体を大雑把にマッサージするのではなく、頭頂部に生え際、側頭部と分けて取り組むと、隅々まで働きかけることができ効果がより大きくなります。

 

【薄毛の頭皮マッサージ】頭頂部

頭頂部のマッサージは、頭のてっぺんにある百会というツボを中心に行います。

百会は血行促進効果の他、自律神経を整える効果も期待できる重要なツボです。

両方のこめかみに親指をおいて、4本の指を下から頭頂部に向かって、押し上げるようにマッサージしましょう。

何度か繰り返したら、頭のてっぺんを両方の指でぐっと押し、5秒間圧迫します。

 

【薄毛の頭皮マッサージ】生え際

生え際にあるのは心を穏やかな状態にさせるツボです。

生え際に沿って左右5本の指を置き、円を描くように指先を動かしつつ、前頭部から頭頂部へと進んでいきましょう。

頭頂部まで行ったら、また生え際へと戻ります。

 

【薄毛の頭皮マッサージ】 側頭部

側頭部にあるのは目の疲れを癒し、心と体をリラックスさせるツボです。

まずは親指を首の付け根に配置し、耳を手のひらで覆うように被せましょう。

親指の位置を固定したまま、4本の指で縁を描き、少しずつ上にずらしながらマッサージを行います。

痛みのない、気持ちいいと感じるぐらいの力加減で、マッサージするのがポイントです。

 

裏技!薄毛を隠すふりかけ増毛パウダースプレー

裏技的薄毛対策として、黒い粉で薄毛を隠すという方法があります。

ふりかけ増毛パウダースプレーといった名で販売されている製品を、使用する対策法です。

一見して普通のヘアスプレーにも見えるこの製品の中には、液体ではなく黒い粉が入っており、粉を吹き付けポンポンと塗ると、粉は頭皮や髪に静電気の力でくっつきます。

ハゲの部分を黒く塗ることで、ハゲを目立たなくさせるという方法がありますが、パウダーはそれよりも自然に、ボリュームのある髪を演出することができます。

実際に髪が増えるわけではありませんが、はげを一時的に隠したい事情がある時には便利な手段です。

【薄毛・抜け毛・若ハゲ治療】市販で売っている薬

薬局や通販サイトでは、風邪薬などと混じって、ハゲを治療する薬も販売されています。

病院の処方を受けなくても、購入できる市販薬です。

育毛剤や発毛剤と呼ばれる薬には、頭皮に直に使用する塗り薬タイプのものと飲むタイプの内服薬があり、体の内側から外側からハゲの症状に働きかけることが可能です。

市販よりも通販専門の薬の方が、効果が高いとも言われますが、強力な薬効成分を配合した、副作用の危険性が高い医薬品などもあるので気をつけなればなりません。

体内で効果を発揮する飲み薬の副作用は、頭皮に止まらず内臓にも及びます。

 

【薄毛・抜け毛の治療薬】育毛剤

市販で販売されている育毛系の薬の中では、頭皮環境を整えるだけでも髪に栄養を与えるだけでもなく、あらゆる効能を持ったあらゆる薄毛の原因に対応可能な、育毛剤が最も育毛効果が期待できるおすすめの薬となります。

育毛剤は種類も豊富であり、機能や価格や成分などを比較して、自分に合った製品を選べる所も魅力です。

 

【薄毛・抜け毛の治療薬】リアップ

大正製薬のリアップ及びリアップx5プラスは、育毛成分ミノキシジルが配合された、市販でも珍しい発毛用の医薬品です。

血管拡張作用を持つミノキシジルで、頭皮の血行を改善し、ビタミンB6やビタミンEといったその他栄養素で発毛を促進します。

壮年性脱毛症の治療および予防に効果の高い育毛剤ですが、血行不良を理由として起こる若ハゲにも同様に効き目があります。

主な副作用として頭皮のかゆみやほてり、発疹などが挙げられていますが、ミノキシジル由来の頭痛や胸の痛みなどが表れる可能性もあります。

異変を感じたら使用を止め、医師の判断を仰ぎましょう。

 

【その他】薄毛・若ハゲ・抜け毛に効果のある改善対策方法

生活習慣を変える方法や薬を使用する方法の他にも、薄毛の改善対策に効果がある方法はいくつもあります。

色々な方法を試すことで、相乗効果が生まれることもあるかもしれません。

 

【薄毛・若ハゲ・抜け毛改善対策】温泉

血行の促進やストレス解消といった、温泉の温熱効果を利用して、薄毛を対策することもできます。

無理をして熱い温泉に入るのではなく、自分が気持ちよいと感じる温度で入浴することが大切です。

 

【薄毛・若ハゲ・抜け毛改善対策】ヨガ

普段動かさない筋肉を動かし、代謝の働きを促すヨガでは、血行促進効果が見込めます。

呼吸を乱さず運動でき、リラックス効果もあるヨガは、薄毛対策として行うにはうってつけです。

 

【薄毛・若ハゲ・抜け毛改善対策】神社

日本には、髪の毛にまつわる神社がいくつも存在します。

京都の御髪神社は、中でも特に有名な存在です。

神社には理美容業の祖とも呼ばれる人物藤原采女亮政之が祀られており、髪の毛の健康にご利益があるとされます。

 

自宅でできる薄毛・若ハゲ対策と病院治療との比較

自宅でできる薄毛対策と、病院やクリニックや増毛サロンで行う薄毛治療では、後者の方が専門性が高く、より高い効果が期待できます。

ただ増毛サロンの利用には相場で30万~50万、病院の場合にも薬代だけで1度に5千円ほどはかかるので、費用対効果は高いとも言い切れません。

単純に価格のみを比較した場合、お値段安く取り組める、自宅での対策の方が負担もかからず優秀であるといえます。

また増毛サロンや病院まで、わざわざ足を運ばなけれなならないというのもデメリットです。

交通費だってバカにはなりません。

 

薄毛・若ハゲを対策するなら病院よりも専門AGAクリニックへ

薄毛も数多の病気と同じく、早期発見早期治療が最適です。

地肌が見えるほどハゲが進行する前の、抜け毛が増えたという段階で治療を始めた方が、治るのも早くなります。

ハゲを治療するために病院に行くと決めたなら、即行動しましょう。

薄毛の治療は何科か、という問いの答えとしては皮膚科が当てはまります。

ただ皮膚科で行えるのはあくまでも健康な頭皮を取り戻す治療であって、発毛の治療ではありません。

髪を増やすことを意識した治療を行うなら、専門のAGAクリニックがおすすめです。

どこにクリニックがあるかわからない、という時にはネットで検索してみましょう。

女性専門のレディースクリニックも存在します。

AGAクリニックでは、専門医による検査の元に治療が行われます。

相談までは無料で行えることも多いので、薄毛の症状について、まずは色々と医師に話してみましょう。

相談の内容と遺伝子検査や血液検査の内容から、薄毛の原因を突き止めることができれば、より効果的な治療が行えます。

 

AGAクリニック・病院で行える薄毛・若ハゲ・抜け毛の治療まとめ

病院やクリニックでも、抜け毛の改善は一朝一夕では行えません。

血液の検査をしたり抜け毛の状態をチェックしながら、ホルモン治療や投薬治療などを、段階に合わせて行います。

頭皮環境に原因のあるケースが多い女性の薄毛や若ハゲの治療よりも、症状の進行の早いAGA治療の方が、治癒までの時間も長くかかりがちな傾向にあります。

治療が長引けば、それだけ治療費用もかかることになります。

年間の治療費は、高度な治療を選択しなければ20万ほどで収まることもありますが、上を見ればきりがありません。

病院まで通う必要があるという点もデメリットです。

 

【抜け毛・薄毛の対策】レーザー治療

クリニックのレーザー機器で行うレーザー治療は、黒い色に反応して、熱を発生させるレーザーの仕組みを利用した薄毛の治療法です。

低出力の、肌への刺激の少ないレーザーを使用します。

レーザーを頭皮にあてると、メラニンに反応して熱が生まれます。

その熱によって血行を促進し、髪の元となる細胞を活性化させたり、抜け毛を食い止めるのが治療の狙いです。

 

【抜け毛・薄毛の対策】ヘッドスパで治療

ヘッドスパでは、クレンジングや頭皮マッサージなどが体験できます。

皮脂を除去し、硬くなってしまった頭皮をほぐして血流を改善することで、頭皮環境の改善が図れます。

リラックス効果もあります。

 

【抜け毛・薄毛の対策】自毛植毛で治療

自毛植毛は、自分の髪を頭皮に移植するという治療法です。

AGAなど部分的にハゲになるタイプの薄毛は、薄くなった場所以外の部分の毛は異常がなく健やかに生えているということが多いので、そこから毛包ごと毛を採取して、ハゲた部分に植え付けます。

上手く定着すれば、露出してしまった部分に毛を取り戻すことが可能で、既に毛穴が塞がってしまった部分にも植毛は行えますが、定着せず抜けてしまう可能性もあります。

また金銭的な負担は少なくありません。

 

 【抜け毛・ハゲの対策】led育毛機で治療

細胞の奥深くまで届く波長を持ち、細胞に成長と再生の力を与えるという、毛乳頭細胞の活性化に役立つと近年話題の赤色ledを活用した、led育毛機による薄毛治療は育毛専門のクリニックや皮膚科にて受けることができます。

熱も刺激もない、安全性の高いled育毛機で行える、薄毛治療に注目です。

 

【抜け毛・ハゲの対策】ホルモン治療|女性向け

女性ホルモンの減少によって、発毛のサイクルが狂い髪が薄くなってしまったという女性の薄毛には、ホルモン剤を使用した補充療法が効果を発します。

更年期障害の治療として行われてきたホルモン治療が、薄毛の治療に用いられるようになったのは、つい最近のことです。

塗り薬や飲み薬など、様々な形でホルモン剤は投与されます。

 

【抜け毛・薄毛の対策】クリニック・病院で処方される飲み薬

クリニックや病院で処方される専門的な育毛薬の中には、強力ゆえに副作用の危険性が見られるものもあります。

効能を正しく知り、用法用量を守って使用することが大切です。

 

【病院の抜け毛・薄毛薬】プロペシア

プロペシアはAGAの治療の効果を認められた、飲み薬タイプの育毛剤です。

5-αリダクターゼを阻害し、AGAの原因とされる、ジヒドロテストステロンの生成を抑制する成分フィナステリドを含みます。

つむじハゲやM字ハゲといった、AGAで発生する薄毛に効果の高いプロペシアですが、AGA以外の後頭部で発生するタイプの薄毛には効かない場合もあります。

プロペシアのジェネリック薬は、海外通販を利用すればプロペシアよりも安い値段で購入可能ですが、成分量が異なるため効果が同じように表れるとは限りません。

副作用の危険性は、ジェネリック薬でもプロペシアと同様にあります。

強力な薬ゆえに発疹や蕁麻疹の発生や、肝機能障害が起こる可能性もあるので注意しましょう。

ホルモン抑制の効果が過剰に出てしまうことで、精子の量が減少したり、ED化したりする例も報告されています。

 

【病院の抜け毛・薄毛薬】ミノキシジル

外用の育毛剤や注射などの形でも使用される、ミノキシジルを内用薬にしたミノキシジルタブレット、通称ミノタブは血行促進効果の非常に高い薄毛薬です。

高血圧の薬として開発された、ミノキシジルの血管拡張効果は本物であり、血行を改善する効果はサプリメントの比ではありません。

ホルモンバランスの崩れによって発生する薄毛には効かないミノタブですが、血行不良によって起こる薄毛には覿面に効果を発揮し、ハゲを改善に導きます。

個人輸入代行の海外通販を利用すれば、病院にかからなくても購入は可能ですが、ミノキシジルは副作用のリスクも高いので、使用は医師の判断を仰いで行うのが安全です。

体毛が濃くなるという副作用はまだしも、血圧の低下による動悸や胸の痛みといった症状を放置するのは、命にかかわります。

また使用を止めることで血行が再び滞り、ミノキシジルハゲと呼ばれる、薄毛のリバウンドが起こるケースも見られます。

 

【病院の抜け毛・薄毛薬】 フィナステリド

男性ホルモンと5-αリダクターゼの結合を、ブロックするのが成分フィナステリドの働きです。

フィナステリドの働きによって、薄毛を引き起こす男性ホルモンが誕生しなくなり、頭皮の環境が守られます。

ただフィナステリドは発毛効果を持たないため、ホルモン以外に抜け毛の要因がある場合には、薄毛の改善は果たせません。

これがフィナステリドが効かないと言われる理由です。

フィナステリドは副作用の発現率が低い薬ですが、稀にホルモン抑制による、男性機能障害や肝機能障害が発生します。

 

【病院の抜け毛・薄毛薬】 ロゲイン

ロゲインは、頭皮に直に塗布するタイプの外用薬です。

有効成分ミノキシジルが含まれており、頭皮の血行を改善します。

他のミノキシジル系外用薬と同じく、かゆみやかぶれの副作用の恐れが僅かながらあり、非常に低確率ですが動悸を引き起こすこともあります。

 

【病院の抜け毛・薄毛薬】ザガーロ

頭頂部や生え際のハゲに効果を発揮する、プロペシアの進化形として近年、育毛薬ザガーロが誕生しました。

ザガーロのメイン成分デュタステリドは、フィナステリドに似た働きに加えて、フィナステリドにはない、後頭部や側頭部の薄毛の原因にもアプローチできる効能を持つことが特徴です。

生殖機能の減退や肝臓への負担、発疹の症状などが副作用として確認されます。

 

【病院の抜け毛・薄毛薬】グリチロン

グリチロンは抗アレルギーや抗炎症の作用を持つ薬です。免疫を調節する機能を持つため、円形脱毛症の治療などにもよく使用されます。

むくみや脱力感や腹痛、血圧上昇などの副作用が、稀な確率で表れることがあります。

 

薄毛保険はある?ハゲ・抜け毛治療の適用について

薄毛外来での治療に、保険は適用されません。

美容整形などと同じく、命に係わるものではないということで、厚生労働省が定める医療保険の適応対象から外されています。

ただし円形脱毛症や脂漏性脱毛症など、免疫疾患や皮膚疾患を原因とする薄毛は、疾患の治療の範疇であるとして保険適用されます。

 

どうしても薄毛・抜け毛・若ハゲの進行が止まらない場合は病院へ

生活習慣の改善などに取り組んでも、進行の速度が変わらない、どうしても薄毛の進行を止めることができないという場合には、病院で医師の診察を受けましょう。

薬の力を借りなければ治らない薄毛も、世の中にはあります。

 

【まとめ】若ハゲ対策|自力で薄毛を改善して抜け毛を予防する方法

生活リズムの改善から始まって、ヘアケアアイテムの使用に食事対策など、若ハゲの予防や改善に向けて、個人でできることはたくさんあります。

今薄毛に悩んでいない人も、日々コツコツと予防に励み、髪を守っていきましょう。

10年後20年後のことを考えた、20代からの薄毛対策です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です