【若ハゲ必見】薄毛の食事対策|髪の毛に良い食べ物ランキング|栄養素で抜け毛を改善

薄毛・ハゲ・抜け毛に食事対策は効果的!抜け毛予防になる

栄養価の高い食べ物には、抜け毛を防止し若ハゲを予防する効果があるというのは本当です。

健康な髪の毛は、バランスの良い食事によって生まれます。

またハゲの予防のみならず、対策としても効果を発します。

既に薄毛効果がでて若はげが発生している状況でも、食事次第で薄毛を改善し、はげを治すことができるのです。

食事対策を迅速に行うことで、薄毛が治る確率はより高くなります。

 

薄毛・髪の毛と食事の関係

食事でとった栄養が、巡り巡って髪の毛の養分になります。

食事と髪の毛の関係性は深いのです。

健康的な食生活の上では若ハゲリスクも低くなりますが、栄養価の偏った食生活を送っていると、髪を作る栄養が足りなくなり、抜け毛が発生して薄毛が進行します。

 

食事の栄養を毛根がキャッチして髪の毛が伸びる

髪の毛の成長に必要な栄養は、血液にて運ばれます。

しかし髪の毛が直接、血管と繋がっているわけではありません。

頭皮の下には、髪の毛と繋がる毛根という部分があります。

この毛根の底にある毛乳頭という部分が、毛細血管を流れるアミノ酸などをキャッチすると、栄養を元に毛母細胞が活性化し、細胞分裂を繰り返して発毛や髪の成長が進みます。

 

頭皮環境を食事で整え、抜け毛を減らす

これを食べると髪が増える、という食材はありません。

育毛には栄養のある食事をバランスよくとることと、油っぽい食事を避け、頭皮環境を悪化させないことが重要になります。

食事の脂肪分が多いと、皮脂分泌が活発化し、毛穴が塞がったり細菌が繁殖しやすくなるので注意です。

ファストフードやインスタント食品を避けつつ、肉や魚や緑黄色野菜や海藻類を食べて、タンパク質やビタミンやミネラルを満遍なく摂取し、抜け毛を減らしていきましょう。

 

薄毛・若ハゲの食事対策の改善効果|抜け毛が減る!

【薄毛の食事対策の改善効果】髪の毛が増毛する

抜け毛を予防するだけでは、薄くなった頭皮に髪の毛は戻ってきません。

薄毛や若ハゲの改善に向け、髪の毛を増やす努力を行っていきましょう。

頭皮環境を整えても髪の毛を生やすことができず、薄いままであるのなら、それは十分に栄養を摂れていない証拠です。

栄養豊富な食事に改善すると、髪の毛が健康に生えるようになり、頭皮に髪を増やすことができます。

髪が生えてきた後も食事対策を継続して行っていけば、髪を早く伸ばすことも可能です。

 

食事・食べ物で頭頂部の薄毛・抜け毛を改善対策!

頭頂部の薄毛の原因はAGAにあることが多く、食事療法のみでの治療は困難となりますが、食事対策をしなくていいというわけでもありません。

失った髪を取り戻すために、食事を通した栄養の補給が大切です。

タンパク質やミネラルやビタミンを摂ることで、頭頂部の髪も増えます。

 

食事・食べ物で前髪の薄毛・抜け毛を改善対策!

前髪の薄毛は男性はAGAで、女性は栄養不足で発生することが多いです。

ビタミンEや亜鉛等の不足しがちな栄養分を、かぼちゃやアーモンドや牡蠣などの食べ物で摂っていくと、豊かな前髪も戻ってきます。

 

食事・食べ物でつむじハゲの薄毛・抜け毛を改善対策!

ピンポイントなつむじはげも、食事で解決できます。

症状が全体に広がる前に、高たんぱくの食事で髪の元となる栄養をとっていきましょう。

肉はたんぱく質が多く摂れる優秀な食材ですが、脂肪分を摂り過ぎると皮脂が増え、毛穴が皮脂で埋められてしまうので注意です。

鶏のむねやささみなど、低脂肪の部位を選択してください。

 

【薄毛の食事対策の改善効果】髪の毛を太くする

栄養が足りなくなると、太い髪が育たず、抜けやすい細い髪になります。

栄養たっぷりの食事で、髪の毛を太くすることが大事です。

また血液の流れが悪くても、髪に栄養が届かなくなります。

ドロドロ血液の元になる脂質の多い食事は避け、魚や海藻や野菜類で栄養分豊富且つ、ヘルシーな食事を心がけましょう。

 

【薄毛の食事対策の改善効果】女性ホルモンを増やす

薄毛の原因の一つに、女性ホルモンの減少があります。

髪の毛の生育は男女ともに、女性ホルモンの管轄であるからです。

女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを摂取したり、バランスの良い食事でホルモンの分泌を促すことで、薄毛の改善が期待できます。

女性ホルモンを意識したケア方法は、男性の薄毛にも有効です。

 

【薄毛の食事対策の改善効果】AGAを改善

AGAの原因は髪の成長サイクルを乱す、男性ホルモンのみにあると思われがちですが、頭皮環境の影響も深く関わります。

頭皮環境の悪化にて、AGAリスクを高めてしまわないように、食事での対策が求められます。

皮脂の分泌を促進させる脂肪分の多い食事は控え、髪を形成するタンパク質やそれをサポートするミネラル、皮脂の過剰分泌を抑えるビタミンB群などを効率よく得ていきましょう。

 

【薄毛の食事対策の改善効果】薄毛・若ハゲの原因の一つが栄養不足

髪の生育にはたくさんの栄養素が関わります。

栄養が不足した髪は、成長が止まり抜けやすくなります。

栄養不足を解消することで、抜け毛の症状は改善され薄毛は解消されるでしょう。

バランスの良い食事は健康な体と、健康な髪を作ります。

 

薄毛・若ハゲに良い・効く食べ物ランキング|男性・女性の薄毛を止める食べ物一覧

薄毛に効く食べ物は、頭皮環境を改善する成分を含むタイプと、髪の栄養となるタイプの大きく2つに分けられます。

血行を促進したり、頭皮の炎症を抑える効果を持つ抜け毛を止める食べ物と、細くなった髪に力を与える、抜け毛が減る食べ物の両方を食べれば薄毛の進行を止めることも可能です。

 

【薄毛に効く食べ物】牛もも肉が育毛におすすめ

牛もも肉などの赤身には骨や血液や、髪を作る良質なタンパク質が含まれます。

新陳代謝を活発にする亜鉛やヘム鉄や、細胞の再生の仕組みに関わるビタミンなども豊富で、髪の成長を効率よくサポートしてくれます。

 

牛もも肉の食べ過ぎは注意

牛もも肉は育毛をサポートする食材ですが、肉は脂肪分も多いので、食べ過ぎはよくありません。

脂肪分を摂取しすぎると頭皮の皮脂も増え、頭皮環境が悪化して育毛の働きに悪影響を及ぼします。

 

【薄毛に効く食べ物】野菜が育毛におすすめ

血液の質を高めたり、老化を予防したり免疫機能を向上させたりと、野菜は健康に欠かせない働きを持ちます。

体が健康でないと、健康な髪も生えてきません。

野菜不足はハゲの元です。

ビタミンが豊富な、にんじんや小松菜やかぼちゃといった緑黄色野菜を中心に、髪に良い食事を目指していきましょう。

ピーマンのワタに含まれる、独特のニオイと苦みの元になっているピラジンは、血液をサラサラにし血行を促進する効果があるといわれ、育毛の分野でも注目が高まっています。

 

【薄毛に効く食べ物】 大豆類のイソフラボンに発毛効果あり!

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをする成分として有名です。

女性ホルモンの髪の発育をサポートする働きが、イソフラボンにも期待できるとする研究データもあります。

またイソフラボンは、男性ホルモンの働きを抑制するともされており、AGAによる薄毛対策にも有効に働きます。

 

【大豆で薄毛対策】豆乳に発毛効果あり

すりつぶした大豆を煮詰めて作られる豆乳は、大豆の成分を豊富に含む飲む大豆です。

大豆をそのまま食べなくても、豆乳を飲めば薄毛の因子を阻害するイソフラボンや、レシチンやサポニンといった血をきれいにして血流を良くする、薄毛改善効果のある成分が摂取できます。

より栄養が豊富なのは無調整豆乳の方ですが、毎日飲むことが髪には大事ですので、無調整が苦手なら調整豆乳でも構いません。

 

【大豆で薄毛対策】豆腐に発毛効果あり

豆腐の形であっても、イソフラボンや髪の元となる良質なタンパク質は摂ることができます。

特に木綿豆腐には、多くのアミノ酸からなるタンパク質が含まれ、発毛を支えます。

とはいえ食べ過ぎは禁物であり、1日に半丁も食べれば十分です。

 

【大豆でハゲ対策】ゴマに発毛効果あり

ゴマは発毛システムをサポートする、ビタミンと亜鉛をたくさん含む食品です。

またゴマ特有のセサミンは血管を若々しく、血液をキレイにして血行を促進するパワーを持ちます。

皮にセサミンを多く含む、黒ゴマを定期的に摂取することで、発毛を果たしやすくなります。

 

【大豆でハゲ対策】納豆に育毛効果あり

納豆は大豆イソフラボンや各種ビタミンを含むと共に、血液をサラサラにするナットウキナーゼを含む食品でもあるので、より高い育毛効果が期待できます。

また納豆菌が持つ腸内環境の改善効果で、髪に栄養が活発に運ばれるようになり、発毛へと繋がります。

 

【大豆で薄毛対策】ごま油に育毛効果あり

ごま油の主成分は、脂質です。

脂質といっても血液をドロドロにする悪い脂ではなく、ごま油に含まれるリノール酸やオレイン酸は、逆に血中のコレステロール値を下げ、血行を促進するとされています。

抜け毛の原因を作る、酸化の働きを防ぐ抗酸化作用もごま油は持ちます。

 

【薄毛に効く食べ物】酢が育毛に良い食べ物!

固まったり、粘り気を帯びてしまった血液をほぐして、酢は血液をサラサラにします。

酢の効能で血液の流れが良くなれば、髪にも栄養が行き届き育ちやすくなります。

薄毛対策として摂る量は、1日に大匙1杯分ほどでOKです。

摂りすぎは胃が荒れる原因となりよくありません。

 

【薄毛に効く食べ物】ザクロが男性女性に髪を生やす育毛効果あり!

ザクロは女性ホルモンと似た機能で女性ホルモンの働きを活性化させる、エストロゲンを含む果物です。

抜け毛を促進する男性ホルモンの働きを抑え、薄毛の進行を止めることができます。

またザクロは血液をきれいにし、代謝を良くする効能も有します。

 

【薄毛に効く食べ物】わかめや昆布が髪の毛が生える!髪に良い!

わかめや昆布などの海藻からは、カルシウムやヨード、アルギン酸などの栄養素が摂れます。

中でも海藻特有の、フコイダンというネバネバ成分は、免疫力を高めたり毛母細胞を活性化させる効果があると、業界でも高い関心を集めています。

頭皮を細菌や乾燥から守る働きもする、万能成分です。

 

【薄毛に効く食べ物】ヨーグルトが頭皮に育毛効果!

乳酸菌によって作られる、発酵食品であるヨーグルトには、腸内環境の正常化や免疫機能の向上、老化の防止といった体を健康にする機能が盛りだくさんに存在します。

ヨーグルトの健康効果が頭皮を若々しい状態に保つことで、抜け毛は発生しにくく髪の毛は生えてきやすくなります。

 

【髪の毛にいい食べ物】バナナがハゲに効く

バナナを構成するタンパク質は、髪を構成するタンパク質と、非常に共通性が高いと言われます。

バナナを食べれば手っ取り早く、髪の元になる物質を摂取できるということです。

さらに髪が作られる働きをサポートする、ミネラルやビタミンも一緒に摂れるので、ハゲてしまった頭皮にも効率よく髪を取り戻せます。

 

【髪の毛にいい食べ物】チーズが抜け毛に効果的!

乳製品の中でも特に、チーズはアミノ酸の含有量の多い食品です。

アミノ酸は発毛に必要な成分ですが、チーズを食べることでアミノ酸をしっかり補給していくことができます。

髪の成長の力となるミネラルも豊富で、抜け毛を防ぎます。

 

【ハゲに効く食べ物】ピーナッツやくるみなどのナッツ類が育毛効果あり

ピーナッツやくるみなどの豆やナッツ類は、炭水化物やアミノ酸や脂質や、ビタミンやミネラルなどの、髪の健康を守り髪を育てるための栄養素がバランスよく含まれます。

育毛に求められる栄養素の全てを得られるといっても過言ではありません。

 

ナッツは食べ過ぎるとハゲるから注意

栄養豊富なナッツはカロリーや脂肪も多く含むので、食べ過ぎると頭皮に皮脂が増えたり、血液がドロドロになってハゲやすくなってしまいます。

1日の摂取量の目安である、20~25gを守りましょう。

 

【ハゲに効く食べ物】ひじきで髪の毛が伸びる!髪の毛に良い育毛効果あり

甲状腺ホルモンを活性化し新陳代謝を促すヨウ素と、頭皮を健康にするビタミンAと、血の元になって細胞に力を与える鉄分が、たくさん含まれた健康食材がひじきです。

ひじきの効果によって髪にも栄養が行き渡り、髪を健康的に伸ばすことができます。

 

【ハゲに効く食べ物】もずくで髪の毛が伸びる!育毛効果あり

もずくには髪の元となるタンパク質と、髪の生成を助ける亜鉛とビタミンが豊富に含まれます。

髪に栄養が足りていない時にも、もずくを食べれば手軽にエネルギーチャージが果たせます。

弱って細くなった髪も、もずくによって長く太い髪に変わるのです。

 

【薄毛に良い食べ物】レバーが育毛効果あり!

レバーは代謝を高め抜け毛の因子を抑制する亜鉛と、皮膚の健康を守って発毛を促進するビタミンB群を多く含む、優秀な食品です。

髪に栄養を運ぶ血液の動きを活発にさせる、鉄分もレバーで手っ取り早く摂ることが可能です。

 

【薄毛に良い食べ物】グレープフルーツが発毛効果あり!

グレープフルーツは亜鉛やビタミンといった、発毛を支える成分の他、柑橘類特有の強力な健康成分である、ヘスペリジンやプロリンやリジンなども多く含みます。

ヘスペリジンの毛細血管に作用し、循環を改善したり酸化を防止したりする働きは、発毛に大きな効果をもたらすと熱い注目を浴びています。

 

【薄毛に良い食べ物】レモンのビタミンCが発毛効果あり

ビタミンCを豊富に含むレモンの発毛効果は、ビタミンCの亜鉛の吸収を助ける働きに由来します。

髪の生成に欠かせない亜鉛は吸収率が低く、食材として取り入れてもなかなか栄養価の高さを活かすことができません。

ビタミンが亜鉛の吸収率を上げることで、発毛が進みやすくなる上に、代謝の向上や老化の防止も図れます。

 

【薄毛に良い食べ物】はちみつが育毛・発毛に効果的!

はちみつは栄養価の高い食材であるとともに、殺菌抗菌の働きを持つ食材でもあります。

はちみつを食すことで、発毛に必要なエネルギーを蓄えられる他、頭皮に繁殖した菌を排除し、頭皮環境を整えることもできます。

 

【ハゲに良い食べ物】玄米が髪の質を高め発毛効果あり

玄米には、白米にはない高いアンチエイジング効果や抗酸化作用があります。

また栄養分も豊富であり、傷んだ髪に再生の力を与えることができます。

玄米の働きによって、上質な髪が育ちます。

 

【ハゲに良い食べ物】辛いもの(刺激物)はがハゲるは嘘!実は育毛に効果的!

唐辛子などの辛いものに含まれるカプサイシンには、血流を良くしたり毛母細胞に力を与えたりと、発毛に豊かな効果が揃います。

辛いものを食べるとハゲると言われたりもしますが、むしろその逆で、カプサイシンのパワーは育毛に効果的に働きます。

 

辛いものはなぜハゲると言われた理由は?

辛いものがハゲると言われるのは、刺激の強さのためです。

体にダメージが及ぶほどの量を、食べなければ問題はありません。

また発汗を促すカプサイシンの作用で、頭皮環境が悪くなるとする説もあります。

汗が多いと菌が繁殖しやすくなり、頭皮が荒れやすくなるのは本当ですが、シャンプーでしっかり汗を洗い流せば解消できます。

 

髪の毛に良い飲み物(ドリンク)・髪の毛を増やす!

髪に良い食べ物だけではなく、髪に良い飲み物というものもあります。

毎日継続して飲むことで、効果はより表れやすくなるでしょう。

 

【髪に良い飲み物(ドリンク)】コーヒーが髪の毛を生やす

コーヒーの持つ効果は、カフェインによる血流の改善と、緊張感を解きほぐすリラックス効果です。

コーヒーの効果が頭皮環境を改善し、髪の土台を作ります。

 

「コーヒーを飲むとハゲる」と言われる理由は?

コーヒーには覚醒を促す作用があるので、夜眠る前の飲用はお勧めできません。

眠りがコーヒーによって妨げられると、発毛を促す成長ホルモンも出にくくなります。

コーヒーを飲むとハゲると言われる理由です。

またカフェインの過剰摂取は胃に負担をかけ、ストレスの元となってしまうこともあります。

 

【髪に良い飲み物(ドリンク)】コーヒーが髪の毛を生やす

コーヒーによる血行促進効果は、1日で表れるものではありませんので、継続的に飲み続けることが大切です。

1日1~2杯を目安に飲用しましょう。

 

【髪に良い飲み物(ドリンク)】薄毛に効くお茶・ハーブ

お茶やハーブの中には、薄毛に効くお茶や薄毛に効くハーブといったものもあります。

効能を知ることが、薄毛対策の第一歩です。

 

緑茶は薄毛・ハゲに効く

抗酸化作用を持つ緑茶は、ハゲにも高い効果を発します。

脂肪分の分解を促進し、頭皮の老化を防ぐ、緑茶のカテキンを毎日摂ることで、薄毛の改善に1歩近付きます。

緑茶は5αリダクターゼを抑える働きを持つ、とする研究データもあります。

 

ルイボスティーは薄毛・ハゲに効く

ルイボスティーは、血行増進や毛細血管の活性化や抗酸化作用を持つ、健康に良いお茶です。

薄毛の進行もその機能で抑え、発毛力を高めてハゲを改善に導きます。

 

グリーンスムージーが薄毛・抜け毛に効果あり

髪に悪い食べ物やハゲる食べ物など、若ハゲのリスクを増大させる食品を食べてしまった時は、グリーンスムージーを飲みましょう。

野菜や果物のエキスを濃縮して作られた、栄養分豊富なグリーンスムージーには、酵素という代謝を高め、体の中の悪いものの排出を進める成分も豊富に含まれます。

酵素の働きは、髪によくないもので満たされた体をリセットしてくれます。

 

髪に悪い食べ物一覧|食事が原因で薄毛・若ハゲになる

食事で抜け毛が改善できることもあれば、食事によって薄毛が進んで、若ハゲになることもあります。

髪に悪い影響をもたらす食べ物はできるだけ避け、健康で豊かな髪を目指しましょう。

 

食事が薄毛の原因になる理由|薄毛と食べ物の関係

口にすると必ずハゲる食べ物、というものはありませんが、食事が抜け毛の原因を作り出すことはあります。

ストレスや遺伝のみならず、食べ物も時に抜け毛の要因になるのです。

例えば脂肪分が多い、カロリーが高い食品や、交感神経を刺激する食べ物は髪の毛に悪い影響をもたらします。

また髪が抜ける原因となる食品をとらなくても、毎日の食事からきちんと栄養を摂らなければ、髪は成長できず伸びません。

栄養不足もまた、抜け毛の原因の1つです。

 

【薄毛の原因となる食事】ラーメンの食べ過ぎでハゲる!

毎日食べても飽きないラーメンも、食べ過ぎは禁物です。

高カロリーに高脂肪、高塩分のトリプルパンチで血液がドロドロになり、毛穴も皮脂で詰まりやすくなって抜け毛が増えることになります。

ラーメンだけの食事は栄養バランスも悪く、ハゲ一直線です。

 

【薄毛の原因となる食べ物】油っぽい食事

揚げ物や中華料理など脂っぽい食事が髪に良くないと言われるのは、脂肪が皮脂の原因となるからです。

多すぎる皮脂は毛穴のつまりを引き起こしたり、雑菌を繁殖させたりと薄毛のリスクを上昇させます。

他にも脂肪分は血液の流れを滞らせて、髪の栄養供給を阻害したりします。

 

【薄毛の原因となる食べ物】糖質(米)の取りすぎで薄毛になる

日本人のエネルギー源であるお米も、取りすぎるのはよくありません。

米には糖質が多く含まれるため肥満になりやすく、脂肪は血管の流れを阻害して、薄毛の原因を作ります。

 

【薄毛の原因となる食べ物】グルテンの過剰摂取

グルテンは小麦由来のタンパク質です。

パンにもラーメンにもパスタにも、小麦製品には何にでも含まれます。

グルテンを過剰摂取すると血糖値や血中脂質が上昇したり、免疫システムが崩れたり肌荒れが発生したりと、髪にとってよくない状況が次々に引き起こされ薄毛になります。

 

グルテンフリーで抜け毛が減って育毛効果あり

グルテンをとらない、グルテンフリーな食事を心がけることで、グルテンの影響下から逃れ、抜け毛を減らすことができます。

パンやパスタはおろか、衣やとろみに使われる小麦も一切排除した食生活を送るのは難しいかもしれませんが、少しづつ量を減らしていき、グルテンへの依存を断ち切ることが育毛のカギになります。

 

【薄毛の原因となる食べ物】酒(アルコール)の飲み過ぎはハゲる!

薄毛の原因となるのはお酒ではなく、お酒の飲み過ぎです。

お酒を飲むとアミノ酸やビタミンといった、髪の成長に必要な栄養が、アルコールの分解のために使われてしまうので注意です。

飲み過ぎると、髪の分の栄養分を使い果たすことになり、髪はハゲます。

 

野菜不足が薄毛・若ハゲの原因になる|抜け毛を減らすなら野菜中心の生活を !

野菜には髪の成長を助ける栄養分や、血液や頭皮をきれいにして髪の育つ環境を整える力があります。

抜け毛を減らしたいと思うのなら、野菜中心の食生活を心がけねばなりません。

野菜不足が続けば、薄毛の危険も高まります。

 

野菜ジュースは髪の毛に良い!育毛効果あり!

色々な野菜のエキスが同時に摂取できる、野菜ジュースは髪に良い飲み物です。

糖分や塩分控えめの、野菜エキスが凝縮した栄養価の高いジュースによって、髪も育ちます。

 

ミネラル不足が薄毛に悪影響!ミネラルは髪の毛に効果的!

ミネラルは代謝を高めたり、タンパク質の合成を助けて髪を作る働きを担う成分です。

ミネラルが不足すると髪に栄養が運ばれにくくなったり、発毛の動きが進まなくなってしまったりします。

抜け毛の防止や薄毛の解消に向けて、ミネラル豊富な牡蠣や牛肉や豚レバーや、チーズやアーモンドといった食品を積極的に求めていかなければなりません。

 

コンビニ弁当はNG|ハゲる原因になる!

コンビニ弁当が、直接的に頭皮に悪い影響をもたらすことはありませんが、品質維持に使用している添加物は、体に害をもたらすものとして知られています。

健康と髪の毛には深いつながりがあり、健康な体なしでは健康な髪の毛も育ちません。

健康を阻害する添加物が盛りだくさんのコンビニ弁当は、あまりおすすめできない食品です。

 

ファストフードはハゲる原因に|マックのポテトなど

ハンバーガーやポテトやドーナツといった、ファストフードには食用油が大量に含まれます。

その脂肪分こそが、頭皮環境を悪化させる要因です。

たまに食べる分には構いませんが、普段の食事として頻繁に食べるのはおすすめできません。

 

食事療法(食事法)で薄毛・ハゲを改善対策・治療する

髪に良い料理や髪の成長に良い食べ物を食べて、ハゲを食事療法で治すという方法もあります。

薄毛が気になる時は、積極的に食事の見直しを行っていきましょう。

男性と女性では抜け毛の原因が異なるケースも多く、抜け毛に効く食べ物も異なります。

 

【食事療法】食事制限による肥満解消がハゲ対策になる!

コレステロールや中性脂肪が増えると、ドロドロ血液になって、頭皮の毛細血管も詰まって薄毛が起こりやすい環境が作られます。

肥満と薄毛は関係しているということです。

食事制限をし、肥満の解消を目指せば、それがハゲ対策にも通じます。

 

無理な食事制限ダイエットは薄毛・ハゲの原因に!女性は特に注意

カロリーや糖質を極端に制限する無理な食事制限ダイエットは、髪の成長に求められる栄養分も同時に制限してしまうことにもなり、薄毛を進行させます。

普段から食事を制限しがちな女性は、ダイエットのし過ぎで栄養不足にならないよう注意しなければなりません。

 

【食事治療】断食(ファスティング)で薄毛・抜け毛対策!

薄毛の食事治療の一つに断食(ファスティング)があります。

断食をすることにより身体の毒素が抜け、免疫力がつき頭皮の毛細血管が復活するのです。

「毛細血管の回復のためには、身体にたまった毒素を排出して免疫力をつけること」  このためには最低1週間は次のことを実行してみていただきたいと思います。

おおまかに言えば、たった3つだけです。

○ 朝食は抜く(水は午前中に500 程度は飲む)。
どうしても食べたい場合はバナナ、ゆで卵。

○ 昼食、夕食時にはタンパク質を多くとる(糖質はご飯からの摂取で充分)。

○ 1日をとおして水は最低1・5~2リットル飲む(浄化のため)。 ※水以外は身体の浄化ができません。 ※水以外の清涼飲料水は飲まない(お茶、砂糖無しコーヒー、紅茶はOK。ただし水の代わりとしてはカウントしません)。

引用:最後に読む育毛の本

 

【食事治療】腸内環境を整えて育毛対策!

腸内環境の悪化により免疫が下がると、炎症や細菌に弱くなり、頭皮環境までもが悪くなります。

また消化や排出のサイクルが狂うと、栄養の吸収も悪くなり、これも薄毛の原因となります。

栄養不足が原因で起こる症状には、薄毛の他にも貧血や肌荒れなどがあります。

髪や体の健康維持に向けて、腸内環境を整えることが大事です。

 

髪の毛に栄養を与える!食べ物に含まれる薄毛に良い成分

髪の毛の栄養となるものを食べることが、抜毛の予防に繋がります。

そのためには髪に良い成分について、よく理解しておかなければなりません。

食事の栄養素を意識しながら摂取すれば、髪の毛も生えやすくなります。

 

【髪の毛に良い成分】たんぱく質が髪の栄養になる

髪の毛は、ケラチンというたんぱく質で構成されます。

体の中にタンパク質がない状況では、新しい髪の毛は作れません。

髪を増やしたい時には、タンパク質をとることが大切です。

たんぱく質は肉や魚や卵など多くの食品に含まれますが、プロテインを利用すると一層効果的にとれます。

プロテインは動物性のものと、植物性のものとがありますが、より効果的なのは植物性のソイプロテインです。

大豆に含まれるイソフラボンが、ホルモンバランスを整える役目も果たしてくれます。

 

【髪の毛に良い成分】亜鉛で薄毛対策!

亜鉛は、タンパク質が髪となるのをアシストする成分です。

また抜け毛に繋がる、脱毛酵素の働きを抑制する働きが、薄毛対策に繋がります。

亜鉛が摂れる食品には、生牡蠣や豚レバーや煮干しなどがあります。

 

【髪の毛に良い成分】コラーゲンが薄毛対策に!

ハリや弾力のある健康な頭皮を維持するためには、コラーゲンが必要不可欠です。

コラーゲンは毛乳頭細胞に力を与え、髪の発育を促すとする研究報告もあります。

コラーゲンは鶏や魚の軟骨や皮、牛すじなどから摂取できます。

 

【髪の毛に良い成分】セレンがハゲに効果的!

セレンは高い抗酸化作用を持つ、ミネラル系の成分です。

酸化を抑える力で、頭皮の質の悪化を防ぎ、ハゲを防ぎます。

貝類や魚介類、ネギ類に卵などに、セレンは多く含まれます。

 

【髪の毛に良い成分】アミノ酸がハゲに育毛効果あり!

アミノ酸は髪の元となる、ケラチンというタンパク質を構成する成分です。

育毛に向けて、髪の材料となるアミノ酸を、積極的に摂取していくことが肝要となります。

アミノ酸はイワシやマグロ、シジミといった魚介類や、玉ねぎやほうれん草などの野菜の他、牛乳やチーズなどからも摂れます。

 

【髪の毛に良い成分】マルチビタミンが若ハゲに効果的!

ビタミンには髪の毛を作ったり、頭皮をダメージから守り改善して、若ハゲを防ぐ効果があります。

1種のビタミンにこだわらず、マルチビタミンの形で、各種取り入れていくことが大切です。

柑橘類やかぼちゃやブロッコリーなど、ビタミン豊富な野菜や果物を求めていきましょう。

 

【髪の毛に良い成分】イソフラボンに育毛効果あり!

女性ホルモンと共通項の多いイソフラボンは、ホルモンバランスを整え、薄毛ホルモンを抑制することが可能です。

豆腐や豆乳といった大豆製品から、イソフラボンの摂取が果たせます。

 

【髪の毛に良い成分】Lリジンの発毛効果がすごい!

必須アミノ酸の1種であるLリジンは、髪の生成には欠かせない成分です。

Lリジンを摂ることで、発毛は果たされます。

鶏のモモ豚ロースや大豆、乳製品にLリジンは豊富に含まれます。

 

【髪の毛に良い成分】Lシステインが薄毛に良い栄養

Lシステインは髪の構成要素となるアミノ酸です。

薄毛の時にはとにかく髪を作らなければいけないので、Lシステインが欠かせません。

小麦や肉類、牛乳などからLシステインは取得可能です。

 

【髪の毛に良い成分】lロイテリ菌が薄毛対策に

lロイテリ菌は乳酸菌の1種です。

生きたまま腸に留まり、腸内環境を整える役目を担います。

栄養の吸収を阻害し、薄毛の原因を作り出す悪い腸内環境を正すことで、健康な髪が取り戻せます。

lロイテリ菌が含まれるヨーグルトで薄毛対策をしていきましょう。

 

【髪の毛に良い成分】ヒアルロン酸がハゲ対策になる!

化粧品でおなじみのヒアルロン酸は、保水力が高く、ハゲのリスクを上昇させる頭皮の乾燥を防止します。

ヒアルロン酸を含む食材としては、豚足やうなぎやオクラや山芋などがあります。

 

【髪の毛に良い成分】ルテインが若ハゲを改善

ルテインには酸化を防止する、アンチエイジングの効果があります。

頭皮や髪の老化を防ぎ、若ハゲの状態を改善するために、ほうれん草やケールといった緑黄色野菜や卵黄などの、ルテインが摂れる食品を食べていきましょう。

 

【髪の毛に良い成分】ペプチドでハゲ改善

アミノ酸の化合物のことをペプチドといいます。

コラーゲンペプチドや銅ペプチドなど、髪の成長の促進機能を持ったペプチドを摂取することで、薄毛が改善しやすくなります。

健康補助食品やサプリメントから、ペプチドは得ることが可能です。

 

【髪の毛に良い成分】乳酸菌がハゲに効く

乳酸菌が腸をきれいにすることで、栄養の吸収効率が上がり、髪に栄養が届きやすくなります。

アンチエイジングや抜け毛防止の効果も持つ、乳酸菌をヨーグルトやチーズ、キムチから摂取することがはげ改善の力となるでしょう。

 

【髪の毛に良い成分】ビオチンがハゲに効く

ビオチンはビタミンの仲間です。

代謝を上げたり、頭皮の健康を維持する役割を担ったり、発毛をサポートしたりします。

レバーやナッツ類、魚に卵黄などが、ビオチンの多い食品として知られています。

 

【髪の毛に良い成分】カルシウムがハゲに効く

カルシウムが足りないとストレスが溜まりやすくなったり内臓機能が低下したり、頭皮の血行が滞ったりと良いことがありません。

薄毛の危険度もアップしてしまうので、イワシやシシャモや牛乳など、カルシウムが多い食品から定期的に、成分を補給していく必要があります。

 

【髪の毛に良い成分】鉄分が薄毛に良い栄養素

酸素を運ぶ鉄分が不足すると、酸素不足になって髪の成長が妨げられます。

質の良い血液を作るために、レバーや小松菜やあさりといった食品をとり、鉄分が不足しないよう気を付けていかなければなりません。

 

【髪の毛に良い成分】dhaが薄毛に良い栄養素

dhaは必須の脂肪酸です。

dhaが血中のコレステロール値を下げ、中性脂肪を減らし、ドロドロ血液を改善することで、髪にも栄養が運ばれやすくなります。

熱に弱く酸化しやすいdhaは、サバやサンマやイワシといった青魚を、生で食べることによって効果的に吸収できます。

 

ハゲ・薄毛予防対策の食事メニュー(レシピ)家族・夫の食事対策にもおすすめ!

髪の毛に良い食材の効果は緩やかです。

毎日の食事を通してコツコツ摂取していくことで、ハゲ予防や薄毛対策に繋がります。

薄毛の悩みを抱えている方のみならず、髪を気にしている夫や家族のいる奥様にもおすすめの、薄毛対策用の食事メニューを紹介します。

 

【ハゲ・薄毛予防対策の食事メニュー】豆乳鍋

豆乳と白みそ、白だしなどをベースに作る豆乳鍋は、イソフラボンやたんぱく質を多く含む、薄毛対策にうってつけのメニューです。

豆腐や豚肉、カキやネギなどの、髪に良い食材をたっぷり食せる所も魅力です。

>>豆乳鍋のレシピはこちら

 

【ハゲ・薄毛予防対策の食事メニュー】鶏胸肉の炒め物

鶏胸肉の炒め物は、手軽に作れて材料費も安く済む、たんぱく質豊富な胸肉を食べるのに最適なメニューです。

食感のアクセントにカシューナッツを入れれば栄養価もさらに高くなり、薄毛改善に役立ちます。

>>鶏肉の炒め物のレシピはこちら

 

【ハゲ・薄毛予防対策の食事メニュー】牛肉の生姜焼き

ビタミンにたんぱく質、亜鉛と発毛を促進する成分を多く含む牛肉は、髪のために率先して食べていきたい食材となります。

生姜入りのたれを絡めて焼くだけでできる、牛肉の生姜焼きは栄養を摂れる上においしい、一石二鳥のメニューです。

生姜で血行促進効果も狙えます。

>>牛肉の生姜焼きのレシピはこちら

 

女性の髪の毛・薄毛・抜け毛の悩みも食事・食べ物で改善対策!

女性の薄毛には、頭皮環境の悪化や栄養不足が深く関わります。

髪の毛に良い食べ物を意識してとることで、症状が改善できるケースも少なくありません。

 

【女性の食事改善】産後の抜け毛・薄毛を食事で対策

産後の抜け毛の原因は、主にホルモンバランスの崩れと栄養不足です。

病気によって発生する抜け毛ではないので、大豆製品中心の高たんぱくな食事を心がけるなど、食事を工夫するでも十分に改善が可能です。

 

【女性の食事改善】授乳中の抜け毛を食事改善で対策!

授乳中は母乳の生成に多くの栄養が使われてしまうため、母体の栄養は不足しがちになります。

髪にとっての重要な栄養分となるたんぱく質や亜鉛が不足すると、抜け毛も発生しやすくなりますので、栄養価の高い食事で対策していくことが大事です。

 

【女性の食事改善】ダイエットでの抜け毛を食事改善で対策

ダイエット中は髪の栄養不足に気をつけましょう。

大豆類や鶏肉など、高たんぱく低糖質の食品を中心にした食事メニューを組むことで、ダイエットをしながら抜け毛を防げます。

 

【女性の食事改善】更年期の薄毛を食べ物で改善

更年期の薄毛は、他の更年期障害の症状と同じく、ホルモンバランスの乱れによって発生します。

女性ホルモンと似た働きをする、イソフラボンを含む大豆製品をとることで、対策できる薄毛です。

納豆や豆腐やきな粉などで、イソフラボンは手軽にとれます。

 

【女性の食事改善】髪の毛のうねりを食事で改善

髪の毛のうねりは、髪の空洞化によって起こりやすくなります。

髪の栄養となるたんぱく質をとって、傷んだ髪のダメージを補修し、うねりを解消していきましょう。

 

【女性の食事改善】髪の毛のパサつきを食事で改善

髪の生成に使われるたんぱく質や、生成の働きをサポートするビタミンやミネラルが不足していると、髪のキューティクルが薄くなってしまい、パサつくようになります。

たんぱく質やビタミンやミネラルの多い食品を食べることで、パサつきの改善も可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です