【若ハゲ】育毛シャンプーで正しい髪の洗い方|副作用と安全性な使い方でハゲないシャンプーの仕方

正しい髪の洗い方を知る前に知るべきは「育毛シャンプー」を使うべき

市販のシャンプーには、石油系の界面活性剤が多く使われています。

強い洗浄力を持つこの成分は、髪に悪影響を及ぼすこともあります。

 

薄毛対策するなら絶対育毛シャンプーが安全!安いシャンプーは若ハゲの原因に

安いシャンプーに使われる、石油系の界面活性剤には、タンパク質を壊す毒性があります。

頭皮を荒らす成分は若ハゲの原因にもなりますので、安全性の高い育毛シャンプーに切り替えていきましょう。

 

フケが多いのは、髪の洗い方以前にシャンプーが問題

洗浄方法はもちろんのこと、フケを増やさぬためにはシャンプーの選び方も重要です。

洗浄力の高いシャンプーで、皮脂バリアが破壊されると、頭皮が荒れてフケが多くなります。

h3髪がかゆいのは、洗う方法以前にシャンプーが問題

石油系の界面活性剤による刺激で、頭皮がかぶれるとかゆみが発生します。

どんなに丁寧に洗っても、シャンプーが合わなければ頭皮の炎症は進みます。

 

髪が臭いのは、洗う方法にシャンプーが問題

不衛生にしていなくても、髪の臭いは洗い残しやすすぎ残しによっても発生します。

強力なシャンプーを使用すると頭皮が傷んで、逆に皮脂が増えることになります。

低刺激なシャンプーを使い、頭皮まできちんと洗ってすすぐ、正しい洗浄方法で臭いに対抗しましょう。

 

抜け毛が多すぎるのは、洗い方以前にシャンプーが問題

抜け毛が気になる時は、その頻度を調べてみましょう。

産後にはよく毛が抜けますが、何もない時に頻繁に大量の抜け毛が出るなら、洗浄の方法か間違っているか、それ以前にシャンプーで頭皮や髪が弱っているのかもしれません。

シャンプーの中には、抜け毛を誘発する成分が入っているものもあります。

 

育毛シャンプー方法(使い方)と正しい髪の洗い方コツ|髪が薄い(薄毛)人のハゲない発毛シャンプー方法

シャンプーと洗い方を変えるだけで、薄毛は劇的に改善します。

髪に優しい育毛シャンプーを、髪を傷めない正しい洗い方で使用することが大切です。

 

【育毛シャンプーの仕方コツ①】「まずはブラシ」が正しい洗い方

シャンプー前にブラッシングを行うことによって、指通りを良くすることができます。

まずはブラシで優しく、髪を洗いやすい状態に整えていきましょう。

 

【正しい髪の洗う方法②】シャンプー前に湯洗で汚れを落とす

シャンプー前の湯洗いは、髪表面の埃やゴミ落としに有効です。

たっぷりのお湯ですすげば、7割の汚れは落ちます。

水圧弱めでゆっくり流すのがポイントです。

 

【ハゲない洗い方コツ③】指の腹で優しくマッサージしながら育毛シャンプー

頭皮が弱っている時には、シャンプーの仕方次第で毛細血管や細胞が傷み、増々抜け毛が増えてしまうことになります。

刺激で髪が抜けないよう、爪でなく指の腹を使って洗っていきましょう。

頭を優しくマッサージする感じで、指を回しながら頭皮を上に伸ばすように動かすのが、ハゲない洗い方のコツです。

赤ちゃんの肌に触れる時ぐらいに、ソフトに洗っても十分汚れは落ちます。

 

【髪の洗い方】汚れ具合を見て必要なら二度洗い

洗ってもまだベタベタしている、すっきりしない、という時には二度洗いで対処します。

一回目と同じように、繊細な頭皮を労わりつつ洗います。

 

【ハゲない発毛シャンプーの方法④】38度の温度が正しい洗い方

頭皮は体の皮膚よりもデリケートなので、お風呂として心地よいと感じる温度では、頭皮にとっては熱過ぎる、ということになります。

40度から42度のお湯だと、頭皮を守る皮脂までもが溶けだしてしまうので注意です。

38度くらいにシャワーの温度を調節して、洗髪は行うのが良いです。

 

シャンプー後は冷水も育毛効果あり

冷水には、毛穴やキューティクルを引き締める効果があります。

また血流を刺激し血行を促進するなど、育毛に最適な効果を冷水はもたらします。

最初から冷水だと、汚れが落ちる前に毛穴が閉じてしまいますから、シャンプー後の最後のすすぎに取り入れるのがおすすめです。

 

【薄毛の育毛シャンプーの仕方⑤】 乾かし方はタオルドライ

ドライヤー前にタオルで水気を切っておくと、ドライヤー時間を短縮でき、頭皮の熱ダメージを防げます。

タオルドライでは頭皮に湿り気が残ることもなく、雑菌の繁殖を防げます。

ただしキューティクルが傷つくので、ゴシゴシとこするのはよくありません。

タオルで髪を覆いそっと押さえながら、タオルに水を吸収させつつ乾かします。

 

育毛シャンプーの頻度と1日の回数|薄毛・抜け毛を防ぐ理想のシャンプー方法は?

シャンプーは何度も行えばよい、というものでもありません。

髪の毛にとって丁度いい、適切なシャンプーの頻度があります。

 

シャンプーする頻度の調査アンケート(一日の回数など)

シャンプーをする1日の回数のアンケート調査結果

シャンプーの頻度に関する調査に対して、1日1回行うと回答している人は、どの季節でも全体の6割以上を占めていることがわかります。

夏は特に、7割の人が毎日シャンプーすると答えており、1日2回の人も他の季節よりやや多い数値となります。

 

シャンプーをする時間のアンケート調査結果

シャンプーを行う頻度ではなく、時間を男女別に聞いた調査では、就寝前が最も多く、夕食後・夕食前と答えている人がそれに続きます。

帰宅後すぐも夜に含めれば、8割近くの人が髪を夜に洗っているということになります。

男女で回答を分けると、結果は同じでありつつも、女性の方がより多く夜を選択しており、逆に男性は若干数朝に流れていることがわかります。

 

薄毛・抜け毛に良いシャンプー回数頻度の理想は一日1回

シャンプーでの洗浄は、頭皮のためには重要なことですが、シャンプーをすればするほど脱毛もするので、洗いすぎると逆にハゲを進行させてしまうこともあります。

シャンプーの回数頻度としては、一日1回が理想です。

 

40〜50代女性は2日に1回である場合も多い

毎日洗髪しているのですが、最近髪の状態が急に悪化した気がします。洗うのは気持ちがいいのですが、髪の回復力が落ちているようなので、洗髪回数を減らすべきが悩んでいます。

50才を過ぎている方に質問です。今現在の洗髪の頻度と、髪の状態を教えて下さい。
「毎日洗っているけれど、大丈夫よ」という方がいらっしゃれば、勇気が出るのですが・・・。

引用:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0426/310964.htm

ただ、年齢を重ねた女性の中には2日に1回がちょうど良い人もいます。

この辺りはその人の体質にもよるのですが、年齢を重ねてきた時に考えれば良いです。

30〜40代ぐらいなら、毎日洗った方が良い場合がほとんどです。

 

「5日に1度はシャンプーを」昔のシャンプーの回数と今は違う

昔に比べて今は圧倒的に頭皮環境が悪化しやすいです。

その理由として食事が挙げられます。昔に比べて現代は圧倒的な欧米化。脂っぽい食べ物が多く、何もしなくても頭皮は汚れてしまいます。

また現代は女性の薄毛がかなり増えていると言われていますが、これはストレス社会が影響します。

女性はもちろん、男性もかなり頭皮環境が悪化しやすい時代なのです。

 

シャンプーの回数が多いなら減らすべき|朝夕2回は多い

髪のためを思うなら、朝夜2回のシャンプーから、1日1回に減らすべきです。

1日2回の洗髪では頭皮にかかる負担が大きく、必要以上に皮脂をとってしまうことにも繋がり、頭皮の乾燥を招きます。

 

シャンプーの回数で抜け毛は減らせる【正しい髪の洗い方】

一日2回以上シャンプーをしている人は、直ちに回数を1回に減らしましょう。

それだけで抜け毛の量を大分減らせます。

ただし育毛シャンプーを使うことが前提です。

頻度に気を付けても、シャンプーに気を遣わなければ、抜け毛は増えハゲる一方となります。

 

シャンプーの回数・頻度は男性・女性ともに共通【正しい髪の洗い方】

1日1回というシャンプーの頻度は、性別に関係なく男性・女性共に共通です。

朝シャンプーする習慣のある男性は、夜は止めるなどして回数を減らしましょう。

またメンズ用レディース用と分けられたものではなく、薄毛の対策には共用の育毛シャンプーを使用するのがおすすめです。

刺激のないシャンプーを、刺激の少ない方法で使用します。

 

【ハゲない洗い方】シャンプーしないのは育毛に逆効果

お湯ですすいで、取れる汚れは70%程度です。

頑固な皮脂やスタイリング剤などは残るため、お湯だけでは、全ての汚れを取りきることはできません。

汚れが残れば、当然ハゲに近付くことになります。

シャンプーなしの湯シャンではなく、育毛シャンプーを使って対処するのが正解です。

 

育毛シャンプーは毎日するべき

毎日のシャンプーでは頭皮に負担を与えることになるのでは、と不安に思うかもしれませんが、育毛シャンプーはアミノ酸系の洗浄成分を使用しているので、毎日洗髪しても頭皮に負担はかかりません。

頭皮を常に良い状態にしておくために、「毎日しない」ではなく、「毎日する」選択をしましょう。

 

【育毛】シャンプーの頻度が多いことによる副作用|薄毛・ハゲの原因に

ハゲる原因の1つにシャンプーの回数があります。

シャンプーの回数が多いと頭皮に負担がかかり、薄毛になります。

育毛シャンプーでないなら尚更、頭皮のダメージは大きく、薄毛まっしぐらです。

 

【シャンプーの副作用】頻度が多いとかゆみがでる

頭皮のかゆみの原因は、頭皮の炎症です。

シャンプーの頻度が多いと、シャンプーの刺激で頭皮がかぶれ、かゆみが発生します。

不衛生にしていても、無論菌が繁殖して炎症は起こりますが、洗いすぎるのもよくありません。

 

【シャンプーの副作用】頻度が多いと頭皮が乾燥する|乾燥肌は注意

頭皮にとって、皮脂はよくないものであり、欠かせないものでもあります。

一部の皮脂は頭皮の上にあって、頭皮を乾燥から守る、保護膜の役割を果たしているからです。

1日2回もの頻度でシャンプーをすると、保護膜用の頭皮までとれてしまって、乾燥しやすくなります。

元々乾燥肌だという人は、特に注意しなければなりません。

 

【シャンプーの副作用】頻度が多いと頭皮湿疹になる

頭皮湿疹はアレルギーや、皮脂をエサに繁殖するカビが原因で起こります。

シャンプーの頻度が多いと、敏感な肌がアレルギーを発症するリスクや、弱った頭皮にカビが繁殖するリスクが高まります。

シャンプーが引き金になって、頭皮に湿疹が現れるケースは少なくありません。

 

【シャンプーの副作用】頻度が多いと臭いが発生

適度なシャンプーは頭皮の臭いの発生を防止するのに最適ですが、洗いすぎると逆に、臭いの発生を誘発してしまう結果にもなります。

シャンプーの負担を和らげるために、頭皮が皮脂分泌を増やすことで、臭いの元となる菌が繁殖しやすくなるからです。

臭いを消そうと躍起になってシャンプーすることで、臭いの元が増えてしまう、悪循環がそこに生まれます。

 

【シャンプーの副作用】頻度が多いとフケが大量に出る

フケの正体は、頭皮からはがれた角質です。

適度なシャンプーならフケを洗い流すことができますが、過度なシャンプーは頭皮の乾燥を呼び、角質がはがれやすい状態を作ってしまいます。

大量のフケは、シャンプーから生み出されるのです。

 

育毛シャンプーはいつから?10〜20代の若者から使うべき

育毛シャンプーは、頭皮に悩みを持つ、全ての人のために開発された製品です。

10代や20代の若者も、利用のターゲット層の中に含まれます。

少しでも薄毛のことで悩みがあるなら、まだ若いから使用するのは早いはずと自己完結せずに、直ぐにでも使うべきです。

決断を先延ばしにするほど、薄毛に近付きます。

 

育毛シャンプーと併用するべきおすすめのヘアブラシ

ヘアブラシの選び方も薄毛対策のポイントになります。

育毛専門家の板羽忠徳さんは次のように言っています。

猪の毛は静電気を起こさないが、お互いのキューティクルが擦れたり傷ついたりします。

ブリッスルの先端が尖りすぎているため、頭皮が傷ついてしまう またブラしにフケ上の頭皮の残骸がブラシに溜まると雑菌が繁殖し、かえって脱毛してしまいます。木や竹もキューティクルによくないです。

おすすめは金属。金属はクッションタイプのものが多く先端が丸くなっており、ブリッスル表面もツルツルでキューティクルを痛めません。

引用:やってはいけない頭髪ケア

髪をとかすブラシは金属タイプがおすすめです。

 

育毛シャンプーはリンス不要?

育毛シャンプーはダメージ補修効果にも優れている、リンス不要のシャンプーです。

とはいえ絶対にリンスを使うべきではない、というわけではなく、使っても問題はありません。

ただし髪に優しい、良い成分が含まれたリンスを使う場合に限ります。

 

育毛シャンプーと育毛剤の併用で薄毛・若ハゲに良い改善対策!

育毛シャンプーの発毛効果は薄いため、育毛シャンプーだけでは薄毛や若ハゲを改善するのは困難な道となりますが、育毛剤を併用すれば改善は可能です。

育毛シャンプーの頭皮環境を整える効果と、育毛剤の発毛力は、最強のコンビネーションを発揮します。

h2育毛シャンプーによる初期脱毛は正しいシャンプーの証拠

初期脱毛は、発毛サイクルが元に戻り始め、停止していた髪の成長が活発になることで発生する抜け毛です。

新しい毛に押し出される形で、成長を終えていた毛が一斉に抜けるので、状態が悪化して抜け毛が増えたように見えるのですが、そうではありません。

 

【まとめ】育毛シャンプーで正しい髪の洗い方|副作用と安全性な使い方でハゲないシャンプーの仕方を!

髪と頭皮を思いやり作られた育毛シャンプーを、正しい方法で安全に使用することで、薄毛に対抗することが可能です。

頭皮環境を守るために、シャンプーにも洗い方にもこだわっていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です