【若ハゲ】薄毛は睡眠で改善する睡眠時間は7時間|髪の毛が回復するゴールデンタイム

睡眠不足でハゲる原因|睡眠と薄毛の関係

若い男性や女性を中心に、睡眠不足が原因と考えられる薄毛が拡大中です。

体力や思考力の低下のみならず、睡眠不足は薄毛も引き起こします。

睡眠不足でハゲることのないよう、髪の毛のために十分に睡眠をとりましょう。

睡眠不足を避けることが、薄毛や若ハゲの進行を防ぎます。

 

睡眠不足で抜け毛が増える

成長を促すホルモンの分泌は、睡眠中に活発に行われます。

睡眠不足が続くと成長ホルモンの分泌が進まず、髪の成長も進まなくなります。

皮膚の再生にも関わるホルモンが減少すると、頭皮の健康が守られず抜け毛も発生します。

髪が育ち生え揃う前に、端から抜けてしまうというのが、睡眠不足による抜け毛の最も大きな問題です。

 

睡眠障害(不眠症)が薄毛の原因になる

睡眠に関わる様々なトラブルのことを睡眠障害といいます。

ストレスや体調の悪化によって夜眠れなくなる不眠症も、睡眠障害の一種です。

不眠症になると睡眠時間が大幅に減り、髪の健康にも異常が生じます。

不眠症は習慣化しやすく、眠れない日が続くことで薄毛は急速に進行します。

 

睡眠時無呼吸症候群が薄毛の原因になる

睡眠時無呼吸症候群は、寝ている間に呼吸が止まってしまう恐ろしい病気です。

多くの場合、首や喉に付いた脂肪によって、気道が塞がれることで起こります。

人間の体は呼吸なしで生命活動を続けられるようにはできていないため、無呼吸の状態が続くと体が危機を覚えて、脳が呼吸をしろという指令を体に送ります。

息苦しさに目覚めることもあれば、無意識化で寝返りをうって気道を確保できることもありますが、その度に脳は覚醒を促されるので、どちらにせよ良い眠りは得られません。

浅い眠りが続き睡眠の質が低下すると、睡眠中の髪の成長も妨げられ薄毛に繋がります。

酸素不足によって血圧が上がったり、血流が滞ることも薄毛の要因となります。

 

睡眠不足はAGAを引き起こす可能性もある

睡眠不足で疲れやすくなったり、イライラが溜まりやすくなるのは、体や心がストレスを感じている証です。

睡眠不足によるストレスは、ホルモンのバランスを崩し、AGAの発生リスクを高めます。

また睡眠不足によって起こる抜け毛は、AGAによる薄毛の症状を悪化させることにもなります。

 

薄毛(ハゲ)は睡眠で改善・回復する効果あり!

睡眠不足を解消したら薄毛が治った、というように、つむじや前髪に及ぶはげや薄毛の症状は、正しい睡眠によって回復させることができます。

髪の毛のダメージを修復し、新たな髪を育てる力は、質の良い睡眠によってもたらされます。

睡眠薄毛対策で、薄毛改善に努めましょう。

 

睡眠で髪の毛がしっかり伸びる

睡眠中に髪の毛は成長します。

栄養を与えるだけでは、髪の健やかな成長は望めません。

髪の毛を伸ばし、ハゲを回復に導くためには、睡眠をしっかりとるということが求められます。

 

睡眠で薄毛が治った体験談

12時就寝で薄毛が治った!?

つきあい始めた頃、旦那が「いつかはげるだろうな」と言う頭でした(当時26歳になったばかり)。
約1年間半同棲し、結婚する頃にはすっかりフサフサになり、若白髪もほとんどなくなりました。
今43歳ですが、ポツポツ白髪があるかな?程度、髪もフサフサです。

〜中略〜

これを普通の食生活(12時就寝、普通の晩御飯)に変えたのと、シャンプーをノンシリコンシャンプーに変えたことが要因だと思っています。

引用:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2013/0415/586462.htm

26歳で薄毛だった方が、12時就寝にした結果、薄毛が治ったそうです。

睡眠以外にも要因はあると思いますが、髪にやはり良い影響を与えたのは間違いありません。

 

薄毛対策!髪の毛に良い睡眠時間は7時間

髪の毛を早く伸ばすためには、栄養の補給と良質な睡眠が不可欠です。

起きている間に摂取したタンパク質は、寝ている間に髪の毛へと作り変えられます。

睡眠中に活発に分泌される成長ホルモンは、タンパク質の合成を促進する、髪の毛の成長に欠かせない存在です。

成長ホルモンの作用で、栄養の吸収効率は著しく上がり、無駄のない効率的なタンパク質合成が果たされます。

ホルモンの分泌は眠りに入ってから2~3時間後にピークを迎え、その働きは6時間ほどで全身に行き渡ります。

成長ホルモンは髪を育てる働きだけではなく、皮膚や骨や筋肉など、体そのものを育てる働きを担います。

最優先されるのは、生きる上で重要な部分へのアプローチです。

生命活動において重要ではない髪の、優先順位はけして高くはありません。

睡眠時間が短いと、髪の順番が回ってくる前にホルモンの活動が緩やかになってしまい、後回しにされた髪の毛の生育は停滞します。

睡眠による髪の成長効果を最大限機能させるには、7時間前後の睡眠時間が必要です。

エネルギーの消費が激しい、若い人ならなおさら睡眠は十分にとらなければなりません。

ノンレム睡眠による深い眠りとレム睡眠による浅い眠りを繰り返し、目覚めを迎える睡眠のリズムに合わせて、7時間を目安に最適な睡眠の時間を探っていきましょう。

 

睡眠サイクルも薄毛(はげ)・抜け毛対策に重要

時間に加えて睡眠のサイクルも薄毛対策には重要です。

時間だけ長くても眠る時間がまちまちであるというような、不規則な睡眠では体の準備が整わず、ベストな効果を発揮できません。

 

薄毛・髪の毛に良い時間帯(ゴールデンタイム)は22〜2時

成長ホルモンを分泌する、副交感神経は夜間に活発に作用します。

特にノンレム睡眠と呼ばれる深い眠りに落ちている間は、ホルモンの分泌も著しく進みます。

ノンレム睡眠に該当する、眠り始めの3時間と、副交感神経の活動タイミングが重なる22時~2時までの時間は、育毛のゴールデンタイムとなります。

ゴールデンタイムの間の睡眠は、通常の睡眠の何倍もの成長効果を髪にもたらします。

 

薄毛・はげ改善に効果的な「質の良い睡眠」

睡眠の取り方が睡眠の質を左右します。

眠りが浅く、十分な睡眠がとれていないと感じる時には、薄毛対策に効果的な質の良い睡眠を目指して、色々な方法を試してみましょう。

h3薄毛の睡眠改善方法① 運動習慣

適度な疲労は眠気を呼びよせる効果があります。

ジョギングなどの全身運動を、寝る3時間前までに行うのがお勧めです。

心拍数が上がったり呼吸が荒れたりしない、軽い運動習慣が夜にしっかり眠れる体を作ります。

 

薄毛の睡眠改善方法② アルコール・お酒の量を控える

アルコールには交感神経を刺激して覚醒を促す作用や、利尿作用があるので飲み過ぎると睡眠の質が落ちます。

就寝前の3時間は、お酒を控えるのが正解です。

寝酒によってもたらされる浅い眠りでは、睡眠の真価は発揮されません。

 

薄毛の睡眠改善方法③ 寝る前はブルーライトを浴びない

スマホやパソコンの画面から発せられるブルーライトは、太陽と同じ覚醒を促す光です。

寝る前に光を浴びてしまうと、交感神経が刺激されて眠りづらくなります。

布団に入る直前までスマホを操作している、というのは睡眠にとってはよくないことです。

 

薄毛の睡眠改善方法④ お風呂(入浴)に入る

お風呂には体温を上昇させる働きと、筋肉の緊張をほぐすリラックス効果があります。

眠気を覚ます効果もありますが、寝る1~2時間前までに入浴を済ましておけば、体温が下がるに従って眠気も生じ、自然に眠りにつくことができます。

表面を温めるだけのシャワーで入浴を終えるのではなく、きちんと湯船につかって体の芯から温まることが大事です。

 

薄毛の睡眠改善方法⑤ 寝る3時間前に食事

胃に食べ物が残っている内は、消化活動が優先されるので、眠りについても体は完全に休むことはできません。

食事はできるだけ寝る3時間前までに終えておくと、消化の働きに眠りを妨げられずに済みます。

それが難しい時には食事の量を調整したり、消化に良いものをとって負担を軽減していきましょう。

 

薄毛の睡眠改善方法⑥ ストレッチ

体を伸ばす運動は、血流を改善し緊張をほぐす効果があります。

副交感神経を優位にし、身も心もリラックスさせるストレッチは、寝る前の準備に最適です。

眠気を飛ばしてしまわないよう、ストレッチは寝る直前ではなく、30~1時間くらい前までに行うのがポイントです。

心地よいと感じる範囲で、無理をせずゆっくりと筋肉を伸ばします。

 

薄毛の人におすすめ!夜勤明けの睡眠方法

夜勤明けの体は睡眠が不足した状態にあります。

夜の間にとれなかった睡眠時間を補うべく、翌日は昼過ぎまで眠ってしまって構いません。

移動中はサングラスなどで、目覚めを促す日光を徹底的に避けていきましょう。

就寝時は遮光カーテンでなるべく部屋を暗くするとよく眠れます。

15時までに起きれば、夜の睡眠にも響きません。

 

【まとめ】薄毛は睡眠で改善する|髪の毛が回復する睡眠時間は7時間以上

睡眠には成長ホルモンを促進させ、薄毛を改善に導く圧倒的な力があります。

しっかりと7時間以上の良質な睡眠をとれば、傷んだ髪の毛も1歩ずつ回復に近付くでしょう。

髪のための睡眠が足りていないと感じる人は、まず睡眠の改善から始めてみるのが良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です