【注意】増毛スプレーは使うな!ハゲ髪隠しパウダー(粉)のデメリット|ふりかけ対策は逆効果でバレる?

増毛スプレーとは?効果から見る増毛剤と育毛剤の違い

増毛剤に育毛剤のような抜け毛を防ぐ効果はありません。

増毛剤はハゲを隠すためのアイテムです。

スプレー式にパウダータイプ、直接頭にふりかけるものと、使い方は容器の特徴によって違います。

共通点は中に黒い粉が入っている点で、その粉にこそハゲ隠しの秘密があります。

粉をふりかけ、ハゲの部分を黒く塗ることで、ハゲをごまかすのです。

前髪や後頭部など、部分的に薄くなっている所に少量塗るだけで、気になる露出が目立たなくなります。

 

増毛剤のハゲ隠し粉の種類(スプレー・ふりかけ・塗るタイプ)

増毛剤の種類は大きく、スプレータイプにふりかけタイプ、塗るタイプと分けられます。

特徴や使用のポイントは、タイプごとに異なります。

 

【薄毛を隠す】黒い粉スプレータイプ

スプレー式増毛剤の仕組みは、同式のスタイリング剤と同じです。

スタイリング剤には髪を固める成分が多く入っていますが、増毛剤には黒い粉とその吸着力を高めるための成分が配合されており、噴射の勢いのままに黒い粉を、スプレーした場所にピンポイントで吸着させることができます。

スプレー1つで手間も要らず、ふんわりとした仕上がりになる所が魅力です。

 

【薄毛を隠す】黒い粉のハゲ隠しふりかけタイプ

黒い粉をポンポンとふりかけて使うタイプの増毛剤は、直感的に使えるシンプルさが売りです。

微細な粒子が、静電気と皮脂の力を利用して皮膚へと定着する仕組みで、そう簡単には色落ちしません。

 

【ハゲを隠す】黒い粉を頭皮に塗るパウダータイプ

パフを使って黒い粉を頭皮に塗るパウダータイプは、飛び散りにくく肌や服を汚しません。

頭皮の健康を守る、保湿や抗菌の成分が配合されていることもあります。

 

増毛スプレー(増毛剤)はその場限り!薄毛におすすめできない

増毛剤は基本的に黒いパウダーを塗り、ハゲてないように見せかけるだけの商品であるので、髪の毛に栄養を与え薄毛改善の力を与える育毛剤とは違い、効果もその場しのぎに過ぎないものとなります。

パウダーを、いくら薄毛が気になるつむじや頭頂部に使用した所で、髪が生えてくることは永遠にありません。

育毛に有効な成分がたっぷり配合された育毛剤と、黒いパウダーに多少のケア成分を加えただけの増毛パウダーが、ほとんど変わらない値段で売られているというのも気になる点です。

男性の薄毛にも女性の薄毛にも、本当に必要なのはパウダーの誤魔化しではなく、薄毛改善の効果なのです。

 

増毛スプレーのデメリット|髪のふりかけは逆効果でおすすめできない

抜け毛の症状がある時、頭皮は過敏な状態にあることが多いので、増毛スプレーの使用が頭皮への刺激になり、かえって薄毛がひどくなってしまうことがあります。

パウダーの吸着力の高さも、敏感な頭皮には逆効果に働くのです。

 

増毛スプレーはハゲる!抜け毛が増えて頭皮にデメリット

増毛パウダーが毛穴に詰まって、頭皮の呼吸や循環の働きを妨げてしまい、頭皮に悪影響が及ぶ、というケースも報告されています。

頭皮環境が荒れると、余計に抜け毛が増えることになるので注意です。

また頭皮や髪に付いた粉は、時間をかけて髪を洗い落とす必要があるため、念入りなシャンプーによって、頭皮がダメージを負う結果にも繋がります。

 

薄毛を隠す黒い粉はバレるから逆効果|ハゲにおすすめできない

増毛スプレー・パウダーは時間が経つと剥がれてバレる

増毛スプレーマッシーニをたまに使用していますが、使う度に急激に薄毛が進んでいる気がします。

愛用者の方に質問ですが、マッシーニは髪を固めてしまうために洗髪や帽子などを被ると細かな髪

が抜けたりしてしまうのでしょうか?

引用:ヤフー知恵袋

客観的な意見です。同僚が使ってるんですが、第三者から見るとバレバレです。本人は隠しているつもりでいるので、周囲は気を使って気づかないフリをしているだけです。線(髪の毛)を偽装するのに点(粉末)をというのは、やはり無理があります。

引用:アマゾンレビュー

最初に塗布した時はうたい文句通りきれいに仕上がりましたが、数時間後には塗布したものがはがれ落ちて地肌が露出し、そのままではみっともないので全部ふき取る事になりました。

引用:アマゾンレビュー

こちらの体験談のように、増毛スプレーを使っているとハゲの原因になってしまいます。

これはスプレーの刺激により頭皮を痛めてしまっているためです。

 

黒い粉パウダーが汗と混じって黒くなる

増毛パウダーには耐水機能もついていますが軽いものなので、汗をたくさんかくと水分を弾ききれずに、黒い粉が汗や皮脂と混ざってダマ状になってしまうことがあります。

汗に強いという売り文句を、過信しすぎるのはよくありません。

夏場に使用すると、大量の汗によって粉が落ち、黒い汗が出てバレることにもなります。

基本的にはプールや海に入ることはできません。

 

増毛スプレーは黒い粉で部屋が汚れる

増毛スプレーの使用によって、部屋が汚れるという口コミもネット上にはあがっています。

増毛スプレーの中の黒い粉は、水に溶ける物質ではないので、洗い流したつもりでも洗面台や排水溝に止まって、詰まりの原因となることもあるので気をつけましょう。

ヘアスプレー後に髪を洗わないままベッドに入ることで、枕やシーツに黒い粉が散乱し、家族に増毛剤の使用がバレてしまうこともあります。

 

増毛スプレーは肌が弱い人はヒリヒリして抜け毛が増える

簡単に透けて見える地肌も隠れて自然でしたが…定着用のミスト…アトピー肌の私にはピリピリと、刺激がありました。

毎回は付けれませんが、卒業入学式や、お洒落してお出かけなど重宝しそう。

つむじ周りは、鏡で見えずらいから、気をつけたいです。

引用:アマゾンレビュー

 

 

増毛スプレーのメリット|一時的な円形脱毛症の抜け毛にはおすすめ

精神的なストレスやウイルス感染、過労などの肉体的ストレスによって発生する、円形脱毛症の症状は一時的なものです。

頭皮や毛根が弱って起こる脱毛ではない、円形脱毛症による薄毛を少しの間隠すだけなら、増毛スプレーも有効な手段となります。

ただ値段は育毛剤とそれほど差がないので、髪や頭皮の健康を考えるなら育毛剤がやはりおすすめです。

 

増毛スプレー(パウダー)・ふりかけの販売店|市販・通販

増毛スプレー系の商品は育毛剤と同じように店頭でも、通販でも販売されています。

どこに売ってるかわからないという時は近くの薬局を探すか、ネット検索を行ってみましょう。

 

【増毛スプレーの販売店】ドラックストア・薬局などの市販

市販品として販売されている増毛スプレーは、ドラッグストアや薬局の店頭で探すことができます。

増毛スプレーの販売場所は、主にヘアケア製品の近くです。

種類豊富な増毛スプレーの中から、使用スタイルにあった商品を選択し購入します。

 

【増毛スプレーの販売店】アマゾン・楽天などの通販

増毛スプレーは、アマゾンや楽天などの通販サイトでも販売されています。

お店で探す時間のない時や、店頭で購入するのは気恥ずかしいという時に利用していきましょう。

 

おすすめの増毛スプレーを比較|おすすめは?

増毛スプレーと一口に言っても、メーカーが違えば価格や成分も違います。

商品ごとの特徴を比較し、自分にとって使いやすい増毛スプレーを探すのがおすすめです。

 

【おすすめ増毛スプレー】マッシーニ

マッシーニはファイバーとタルクのボリュームアップ成分に、保湿やコート、UVカットの機能を配合した多機能増毛スプレーです。

スプレーするだけでボリュームアップが図れます。

ブラックとダークブラウンの2色があり、髪色に合わせて選べます。

使用後はシャンプーを使って洗い流します。

 

【おすすめ増毛スプレー】増毛スプレーQZ

増毛スプレーQZは、人工キューティクル被膜という、独自の機能を採用したコーティングタイプの増毛スプレーです。

耐水性の高い成分で、髪を筒状にコーティングしてボリュームアップを図ります。

水溶性の染料ではないので、雨に降られてもプールに入っても簡単には落ちません。

色はブラックとブラウンの2種類で、シリーズも幅広く展開しています。

 

アートネイチャーの薄毛パウダー

アートネイチャーのアートミクロンは、増毛パウダーとスプレーをセットで使用します。

パウダーをパフで頭皮に馴染ませたら、コート成分入りのスプレーでキープして完了です。

パフのはたき具合によって粉の量は調整可能で、スプレーの後は雨にも風にも負けません。

 

アデランスの薄毛パウダー

アデランスのヘアプラスは、ふりかけパウダーとスプレーを併用して行う増毛ケアです。

細かい繊維状のパウダーをふりかけ、天然由来の成分が配合されたノンシリコンのセトルミストで固めます。

パウダーとスプレーの両方に美容成分が含まれており、快適に利用できます。

 

増毛スプレー(増毛剤)のデメリットまとめ!ふりかけパウダーは頭皮に悪く逆効果

増毛スプレーは、一時的に薄毛を隠す時に便利な製品ですが、髪を育て薄毛を改善することはできません。

頭皮や髪の負担にもなるため、長期の使用には向かないアイテムです。

薄毛の改善を目指すなら、やはり育毛剤を選ぶのが正解です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です