【嘘】育毛剤で抜け毛は減らない?効果なしと言われる理由|市販の育毛剤は効かない!

育毛剤で抜け毛が減らない理由

一般にお店で販売されている、全ての育毛剤が抜け毛予防に効果を発するわけでは残念ながらありません。

育毛剤を使って一向に抜け毛が減らない、抜け毛が止まらない理由として、効果のない方の育毛剤を選んでしまっている、ということが考えられます。

育毛剤の効き目は、成分によって決まります。

抗炎症作用で毛穴の酸化を防ぎ、血行を促進して頭皮を元気にさせるセンブリエキスや、頭皮の炎症を抑え頭皮環境を健康な状態に戻すジフェンヒドラミンHCが使われている、品質の良い育毛剤はお値段も高めですが高い効果も期待できます。

安く購入できる育毛剤には、つや出しや簡単な保湿などの効果はあっても、頭皮や髪にダイレクトに効く成分が入っていないので抜け毛そのものを改善することはできません。

育毛剤は効かないという、誤ったイメージが形作られてしまう原因は、ここにあります。

 

「育毛剤は必要ない」「育毛剤は意味ない」は嘘

一部の育毛剤の存在だけを切り取って、育毛剤は意味ないもの、必要ないものと説くのは間違った考え方です。

育毛のためには、髪が抜けやすくなってしまっている頭皮の環境を改善したり、毛根に栄養を与えて育てることが必要になります。

普段の生活の中の、シャンプーやリンスを使うヘアケアで、行えることには限界があります。最低限のケアでは足りない分を補える育毛剤は、けして無駄なものではありません。

 

「AGAは育毛剤で効かない」は嘘!

薄毛の症状の中には、AGAと呼ばれるものも含まれます。

男性脱毛症とも言われるAGAは、20代のまだ若く髪や頭皮が元気な年代に発症することも多く、油断ができません。生え際や頭頂部の髪が徐々に減っていくAGAは、遺伝や男性ホルモンの影響が原因となって引き起こされます。

AGAには育毛剤は効かないというのは誤りです。

AGAは確かに薄毛の中でも特殊なものですが、育毛剤の中には、AGAを進めるジヒドロテストステロンというホルモンを、阻害する成分が含まれている製品もあります。

ノコギリヤシやオウゴンエキスなどの成分がそれです。

 

育毛剤は使ったほうがいい

どれくらいで効果が出るのか、その効果は価格に見合うものなのかと、育毛剤を使用するにあたっては色々と葛藤も覚えるものでしょうが、頭皮や毛根に力を与える機能を持つ育毛剤は使ったほうがいいものです。

育毛剤を使えば弱った頭皮は正常な状態を取り戻し、疲労が溜まった毛根も健やかになります。育毛剤を使用することが、薄毛や若ハゲの対策にもなるのです。

抜け毛が増えていたり、髪が薄くなっているのではないかと、悩み続ける日々は辛いものです。

他人の視線が妙に気になって落ち着かなかったり、人前に出るのが嫌になってしまったりと、薄毛によるコンプレックスは日常生活にも様々な悪影響を及ぼします。

育毛剤を使うことで薄毛が解消されるとともに、そうしたストレスも改善できるのですから、これは大きなメリットです。髪のことや、生活のことを考えれば、育毛剤を使わない理由はありません。

 

育毛剤を半年〜1年使っても効果なしな人の特徴

育毛剤の効果は、大体使用を始めてから3ヵ月から半年くらいで、徐々に表に出るようになります。

これは髪の発毛のサイクルによるもので、どんなに優れた効能の育毛剤でも、本来のサイクルを歪めて髪を増やすことはできません。

育毛剤の使用は、できるだけ早く行った方が良いといわれるのはそのためです。

ただ育毛剤を半年から1年使用していても、効果なしとなるなら、そこには必ず原因があります。

毎日使っていなかった、途中で中断していたといった心当たりがないのなら、育毛剤自体を見直してみる必要があります。

 

効果なしな育毛剤を使っている

育毛剤は育毛に効果のある成分を含んだものと、単純に髪や頭皮の質を向上させて成長を助けるものの、2つに分けることができます。

頭皮の乾燥を防ぎ枝毛を補修する、後者の育毛剤の機能もヘアケアには重要なものですが、それだけでは髪は育ちません。

育毛剤を長く使っても効果なしとなる場合には、育毛に有効な成分の含まれた育毛剤を、使えていない可能性が高いです。

抜け毛を止めるノコギリヤシやオウゴンエキスや、男性ホルモンを抑制するキャピキシルやヒオウギエキス、毛母細胞を活性化させるバイオポリリン酸などの含まれた育毛剤に積極的に替えていきましょう。

 

育毛剤だけに頼りすぎている

育毛剤は抜け毛の症状の改善に役立つサポート製品であって、塗るだけでたちどころに毛が生えてくる奇跡の妙薬ではありません。

育毛剤に頼りきりで、それ以外の髪を育てるための努力を一切せずにいては、効果が薄くなるのも当然のことです。

育毛チャレンジ中は栄養バランスの整った食生活を心がけ、睡眠時間をたっぷり7時間はとって、髪のために良い生活を送ることが大切です。

肉や魚や大豆製品といった良質なアミノ酸を含んだ食品や、髪の成長を促進するヨードというミネラルが豊富な海藻類は、育毛に特に効果的です。

 

育毛剤はステマ?

ネット上に溢れる、育毛剤に関する好意的な口コミに関して、怪しいと言ったり、ステマだと放言する人も多くいますが全くの誤解です。

宣伝目的で作為的な口コミを流す業者は、ネットの中に確かに存在するものですが、一部にそういった動きがあるからといって、育毛剤に関わる全ての意見が捏造ということにはなりません。

育毛剤の効果は、医学的な根拠をもって証明できるものです。根拠と実績がある商品に、ステマは無用です。

 

育毛剤はプラシーボ効果?

脳の思い込みがもたらす効果に、プラシーボ効果というものがあります。

病理作用のない偽物の薬を、本物の薬だと思って飲むと、思い込みで病気の症状が和らぐことがあるという、風変わりな現象を表した言葉です。

育毛剤はこのプラシーボ効果を利用した偽薬だと主張する人もいますが、思い込みの力で髪の毛まで生やすことは残念ながらできません。

人間の体と心は強い結びつきがあり、心の状態は体にも影響を及ぼしますが、育毛のサイクルまでその影響が届くことはないのです。薬効を持つ育毛剤は、医薬品や医薬部外品に分類されます。

 

【結論】市販の育毛剤は効かない

育毛剤にはドラッグストアの店頭などで買える市販の品と、通販サイトのみで販売されている品とがあります。

育毛成分は鮮度が求められるものもあるので、成分にこだわった本格派の育毛剤ほど店頭には並びません。

品質維持の関係で、市販の育毛剤には薄毛を対策できる、重要な成分が含まれていないことが多く、結果として効果も小さくなりがちです。

育毛剤にある効かない、効果がないというイメージは全て、市販の育毛剤に対するものだといっても過言ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です