【若ハゲ】育毛剤は効果あるの?仕組みと本当の口コミとメリット・デメリットはあるか?

  1. なぜ育毛剤に効果があるの?髪の毛が伸びる仕組みの原理・メカニズムの理由
    1. 育毛剤の原理・メカニズム① 頭皮環境の改善で雑菌
      1. 頭皮環境の改善にかかる期間はおよそ1か月
      2. 育毛剤の効果でかゆみを予防
      3. 育毛剤の効果でふけを予防
    2. 育毛剤の原理・メカニズム② agaの原因であるホルモン抑制につながる
      1. 育毛剤の効果でヘアサイクルを整える
    3. 育毛剤の原理・メカニズム③ 血行促進
  2. 育毛剤を使うことによる増毛効果・効能のメリット
    1. 育毛剤の効果①抜け毛が減る
    2. 育毛剤の効果② 薄毛が解消する
    3. 育毛剤の効果③ハゲを予防
    4. 育毛剤の効果④髪の毛を太くしてボリュームアップ
    5. 育毛剤の効果⑤ おでこを狭くできる
    6. 育毛剤の効果⑥m字
    7. 育毛剤の効果⑦頭頂部
  3. 育毛剤の効果・効能のデメリット
    1. 育毛剤は円形脱毛症は効果がない
    2. 育毛剤は白髪予防には効果がない
  4. 育毛剤はどのくらいの速度で効果を実感できる?何か月で効果が出る?
    1. 育毛剤の効果による伸びる早さは3〜6か月
  5. 育毛剤の成分による効果
    1. 育毛剤の成分①センブリエキス
    2. 育毛剤の成分②コラーゲン
    3. 育毛剤の成分③柑橘系
  6. 育毛剤は女性にも効果はある
    1. 女性育毛剤の効果①分け目をなくす
    2. 女性育毛剤の効果②びまん性脱毛症をよくする
    3. 女性育毛剤の効果③ダイエットによる薄毛をよくする
    4. 女性育毛剤の効果④産後の抜け毛を減らす
  7. 女性育毛剤の効果を実感する期間

なぜ育毛剤に効果があるの?髪の毛が伸びる仕組みの原理・メカニズムの理由

髪の元になる成分を摂取するだけでは、髪は育ちません。

育毛剤に育毛の効果があるのは、発毛の原理に則り、状況にあったアプローチを行えるよう作られているからです。

髪の毛が伸びるメカニズムを知ることで、なぜ育毛剤に効果があるのかという、理由を解き明かすことができます。

 

育毛剤の原理・メカニズム① 頭皮環境の改善で雑菌

髪の土台となって、髪を支える働きを担っているのが頭皮です。

髪は根元部分から栄養を補給しながら、時間をかけて成長します。

頭皮が正常な状態になければ、髪は栄養が補給できずに、止まることもできずに抜け落ちるしかありません。

頭皮環境が悪いと、ハゲてしまうというのはそういうわけです。

頭皮の環境を悪化させるものの1つに、汗による蒸れがあります。

見えないだけで、頭皮も汗をかきます。

基本的には汗は自然に蒸発しますが、量が多かったり、帽子を長時間被ったままだと乾かず、水分と熱で頭皮が蒸れることになります。

蒸れは頭皮を冷やし、血の巡りを悪くしたり、雑菌を繁殖させる原因になるのでよくありません。

血流が滞れば毛に栄養が運ばれなくなり、雑菌によって頭皮に炎症が起これば、毛穴も傷つき髪を支える力を失います。

また帽子を被らなくても、紫外線やドライヤーの熱を原因とした乾燥で、頭皮がダメージを負うこともあります。

潤いのベールを失った皮膚は荒れやすく、髪が生えにくく育ちにくい環境を作ります。

頭皮環境を良くするには、シャンプーでの洗浄だけではなく、日ごろからの頭皮ケアが不可欠です。

血流の改善や保湿の効果を持った育毛剤は、頭皮環境を正常化し、髪の成長を促進します。

 

頭皮環境の改善にかかる期間はおよそ1か月

育毛剤が頭皮を改善するといっても、使用と同時には効果は得られません。

使用を繰り返すことで、徐々に効果は肌組織の内部まで浸透し、再生の力を蓄えるようになります。

頭皮環境の悪化が内部の見えない所に止まっている内なら、改善までにかかる期間はおおよそ1ヵ月といった所です。

表面的に炎症が起きていたり、既に大分ダメージが及んで抜け毛が増えてきてしまっている場合には、肌のターンオーバーを利用しても、再生にはもう少しかかります。

 

育毛剤の効果でかゆみを予防

頭皮のかゆみは、乾燥や雑菌の影響によって、頭皮が刺激に弱くなることで発生します。

保湿効果や抗菌効果のある育毛剤を使用することによって、乾燥や雑菌の繁殖を防ぎ、かゆみを予防できます。

既に炎症が起きている場合には、抗炎症作用のある育毛剤を使って、炎症の鎮静化を図ると効果的です。

 

育毛剤の効果でふけを予防

ふけは頭皮の角質です。

頭皮に問題がなくても自然に発生しますが、かゆみなどの問題が起きると量が増えます。

頭皮の質の悪化もかゆみも、主な原因は乾燥にあるので、育毛剤で乾燥を防げばフケも予防できます。

ふけが多く出るタイプの人は、体質として乾燥肌や敏感肌であることが多いので、なるべく低刺激の育毛剤を選ぶのがベターです。

 

育毛剤の原理・メカニズム② agaの原因であるホルモン抑制につながる

頭皮環境が直接的な原因にならない、髪の成長サイクルが乱れて発生するタイプの脱毛症を、agaといいます。

agaは男性ホルモンが、髪の発育システムに干渉し、髪の寿命を極端に縮めてしまうことで発生します。

育毛剤によるホルモン抑制の仕組みは、ホルモンそのものに働きかけるのではなく、ホルモンの勢いを強める、脱毛酵素5aリダクターゼのブロックによって行われます。

5aリダクターゼの働きを阻害すれば、一般の男性ホルモンテストステロンが、より強力なジヒドロテストステロンというホルモンに進化してしまうこともなく、システムが異常をきたすこともありません。

脱毛酵素5aリダクターゼの活性化を防ぐ、ビワ茶エキスやヒオウギ抽出液、オウゴンエキスといった植物由来の成分が含まれる育毛剤に、aga改善の効果が期待されます。

 

育毛剤の効果でヘアサイクルを整える

髪が生える、抜けるというタイミングは、ヘアサイクルによって決められています。

正常なヘアサイクルの上にあれば、毎日抜けても毎日ちゃんと生えてくるので、薄毛になることはありません。

強力な男性ホルモンの力によって、正常なサイクルが乱されてしまうのが、agaの怖い所です。

ヘアサイクルが乱れると、成長途中の毛やまだ十分に寿命を残している毛まで、本来抜ける日を待たずに抜けてしまい、発毛が追い付かなくなって薄毛になります。

agaによって崩れたヘアサイクルを、育毛剤の効果で整えることで、症状は快方に向かいます。

 

育毛剤の原理・メカニズム③ 血行促進

薄毛の症状が発生している時の抜け毛は、健康な時に抜ける毛と比べて細かったり、短かったりということが多いです。

これは髪に十分が栄養が行き渡っておらず、成長が不十分な状態にあるからです。

ただ栄養がなければ髪は育ちませんが、血行が滞っていて栄養が運ばれづらくなっていても髪は育ちません。

そのため育毛剤には、血行促進効果を持つ成分も多く配合されます。

育毛剤の効果によって、血の巡りが良くなれば、髪の1本1本にまで栄養が行き渡り、頭皮トラブルにも立ち向かえる髪が手に入ります。

 

育毛剤を使うことによる増毛効果・効能のメリット

育毛剤を使うことによって、得られる効果やメリットはたくさんあります。

いくつもの効能が重なり合って、育毛剤の増毛効果は1つの形を結びます。

今薄毛に悩んでいる人にも、これからの頭皮が不安な人にも、力となるのが育毛剤です。

 

育毛剤の効果①抜け毛が減る

薄毛の始まりは抜け毛です。

抜け毛減った増えたという変化を観察することで、薄毛の進行具合がわかります。

育毛剤は頭皮の荒れを鎮めたり、蔓延る雑菌に対抗したりと、あらゆる可能性をつぶして発生しうる抜け毛を予防し、薄毛の進行にストップをかけます。

 

育毛剤の効果② 薄毛が解消する

抜け毛は何もしなくても、毎日発生するものです。

しかし頭皮環境の悪化やストレスなどで、抜け毛が多い抜け毛症に陥ると、新しく髪が生えるスピードを減る量が上回ってしまい、結果としてハゲてしまうことになります。

育毛剤を使用し、環境が改善することで抜け毛が減るので、後はそのまま慎重に生えてくる毛を育てれば、薄毛は克服できます。

 

育毛剤の効果③ハゲを予防

ホルモンバランスが崩れて起こる薄毛は、年齢を重ねるほどリスクも高くなりますが、遺伝やストレスや髪に悪い生活のスタイルなどを原因としての薄毛は、10代20代の内にも発生することはあります。

ハゲに効く育毛剤は、若ハゲに対する予防効果も持ちますので、髪の将来に不安を感じる人は、早い内から育毛剤を使用し予防に努めるのがおすすめです。

育毛剤で頭皮環境を整えておけば、怖いものなしです。

 

育毛剤の効果④髪の毛を太くしてボリュームアップ

髪の栄養剤としての一面も持つ育毛剤は、髪を太くしたい、ボリュームアップさせたい、という目的をもって使用することも可能です。

栄養が足りていなかったり、頭皮の問題で栄養を上手く吸収できていなかったりすると、髪は細くなります。

育毛剤で栄養の補給を進め、状況を速やかに改善していきましょう。

 

育毛剤の効果⑤ おでこを狭くできる

生え際から始まる薄毛の症状によって、おでこが広くなることがあります。

実際は前髪が抜けているだけであり、おでこの面積が増えたわけではありません。

おでこを狭くする方法は、育毛剤を使うことにあります。

育毛剤で前髪の抜け毛を防いで、おでこに髪を取り戻していきましょう。

 

育毛剤の効果⑥m字

左右の生え際から徐々に抜け毛が進む、m字ハゲの症状は場所が場所であるだけに、発生に気付きにくいのが厄介です。

認識した時にはもうかなり症状が進んでしまっていた、ということもあります。

とはいえm字ハゲも基本は一般のハゲと同じであるので、育毛剤で治療ができます。

早めの対応を心がけましょう。

 

育毛剤の効果⑦頭頂部

頭頂部から広がるつむじハゲは、つい見逃してしまいがちな恐ろしいタイプの薄毛です。

周囲の人から指摘されて、存在を知るというのはショックなものです。

薄いというだけの段階なら、育毛剤で髪を元通りにすることは不可能ではありません。

対処は早ければ早いほど良いです。

 

育毛剤の効果・効能のデメリット

育毛剤のメリットは、様々な薄毛の症状や予防に対応できることにありますが、育毛剤で解決しない髪の毛の悩みというのも中にはあります。

効果が期待できないことに育毛剤を使い続けては、デメリットを呼ぶばかりです。

 

育毛剤は円形脱毛症は効果がない

円形脱毛症は免疫系の病であるため、育毛剤での治療は果たせません。

育毛剤を使っていても髪は戻ってはこないどころか、治療が進まず症状が悪化してしまう危険性もあるので、選択には注意しましょう。

何の予兆もなく髪が抜け始め、その患部が円形や楕円形の形をしているという時に、頼るべきは育毛剤ではなく病院です。

 

育毛剤は白髪予防には効果がない

育毛剤には白髪予防効果はありません。

白髪の予防なら、紫外線を避けたり、ストレスの少ない生活を心がけた方が何倍も効果が高いです。

 

育毛剤はどのくらいの速度で効果を実感できる?何か月で効果が出る?

育毛剤の使用において、どれぐらいで効果が出るのか、何日で出るのか何ヵ月で出るのか、というはっきりとした目安はありません。

3ヵ月で効果が出たという人もいれば、半年や1年以上かかる人もいます。

基本は効果が出るまで地道に試していくのがおすすめです。

 

育毛剤の効果による伸びる早さは3〜6か月

育毛剤では髪を伸ばすことが可能ですが、伸びる早さはけして早くはなく、3か月とも4か月とも6か月とも言われます。

時期によって伸びるスピードも変わるので何とも言えませんが、平均的には3~6カ月で効果を実感できる方が多いようです。

その期間を超えても、抜け毛が止まったり髪質が良くなったりといった成果が全く見えないようなら、被害が大きくなる前に他の育毛剤に切り替えた方がよいかもしれません。

 

育毛剤の成分による効果

含まれる成分の種類によって、育毛剤の効果は変わります。

有効成分がたくさん含まれる育毛剤は特に育毛に効果的である、という分析結果も出ており、育毛剤を購入する時には成分までしっかりチェックしてから行動することに意味があります。

 

育毛剤の成分①センブリエキス

センブリという植物からとれるセンブリエキスは、育毛効果のとても高い成分です。

頭皮の血行促進と抗酸化作用、消炎鎮痛作用に毛乳頭細胞の増殖促進作用とあり、頭皮の健康を守って髪に成長のエネルギーを与えます。

副作用なしというのも嬉しい点です。

 

育毛剤の成分②コラーゲン

皮膚に欠かせないコラーゲンは、頭皮にも欠かせない成分です。

コラーゲンの足りていない頭皮は、水分を保持できないため乾燥して硬くなります。

頭皮の乾燥を和らげて血流を改善し、毛乳頭細胞を活性化させる効果も持つコラーゲンは、育毛にとても有効です。

 

育毛剤の成分③柑橘系

蜜柑などの柑橘系の果実の皮には、抜け毛の原因となる酵素5aリダクターゼの働きを抑制する効果があると知られています。

果実自体にも血行を促進させたり、毛細胞を活性化させる成分が含まれているので、育毛剤にもよく使用されます。

 

育毛剤は女性にも効果はある

女性の薄毛にも、育毛剤は効果を発します。

女性の体質に合った育毛剤を使用することが重要です。

 

女性育毛剤の効果①分け目をなくす

女性の薄毛は幅広い範囲で表れます。

男性のハゲよりも、症状は見た目ではわかりにくい傾向にありますが、元々髪の薄い分け目の部分などは、くっきりと頭皮が露出してしまうことになります。

分け目を中心に育毛剤を使用していけば、気になる分け目もカバーできます。

 

女性育毛剤の効果②びまん性脱毛症をよくする

髪のボリュームが落ち全体的に薄くなっていく、びまん性脱毛症の原因は、ホルモンバランスの乱れと頭皮環境の悪化にあるとされます。

女性ホルモンの代用となる成分と、頭皮の健康に役立つ成分が配合された、女性用の育毛剤は、症状に的確なアプローチができます。

 

女性育毛剤の効果③ダイエットによる薄毛をよくする

栄養不足や血行不良やホルモンバランスの乱れを生み出す、ダイエットは髪には大敵です。

ダイエットによって抜け毛が増えてしまったり、薄毛になったりとするのは、その過程で髪に深刻なダメージが及ぶからに他なりません。

ダイエットによる髪への影響を、女性用の育毛剤は最小限に抑えることができます。

カロリーの制限をしていても、髪には育毛剤でしっかり栄養を与えていくのが良いです。

 

女性育毛剤の効果④産後の抜け毛を減らす

産後抜け毛が増えるのは、出産にて多くのエネルギーを消費してしまうからです。

栄養補給や頭皮改善の効果がある育毛剤を使用して、産後の抜け毛の症状を改善していきましょう。

育毛剤の効果で足りない栄養を補い、頭皮を整えることができれば、失わなくても済む髪があります。

 

女性育毛剤の効果を実感する期間

出産によって崩れたホルモンや栄養のバランスは、簡単には元通りにはなりません。

栄養不足によって、弱った髪も頭皮もです。

女性用の育毛剤によって、頭皮や髪が回復するまでには、3~6か月ほどはかかります。

効果の実感は使用の過程でじわじわと表れます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました