【注意】安い育毛剤は買うな!値段に違いがある理由と相場のコスパ|売ってる場所

育毛剤の値段の価格相場を比較

育毛剤の価格相場はピンキリです。

安いものだと1000~2000円ほどで購入できますが、激安の商品の価格となるとさらに安く、1000円を切ることもあります。

ただ効果が高いとされる育毛剤に限定すると、その平均価格は6000~8000円といった形に一気に上昇します。

育毛剤は効果のないものほど、安価な値段で販売される傾向にあるということです。

この傾向は男性用・女性用ともに同じで、価格を比較することが品質の比較にも繋がります。

 

効果のある育毛剤は植毛と比較すると断然コスパ良い!

1ヵ月分数千円という育毛剤の価格に対して、高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれでしょうが、薄毛の改善を目的にしたその他のサービスと比較して、育毛剤が特別に高いわけではありません。

頭皮に余裕がある部分の毛や人工の髪を植える、植毛などは範囲にもよりますが、100~200万が相場です。

1年間使用し続けても10万円を超えないことが多い、育毛剤の方がコスパは断然良いです。

自然に生えてくる髪には、メンテナンス料も発生しません。

 

市販の育毛剤の平均価格相場

市販の育毛剤の値段相場は、1000~3000円程度と安めです。

サクセスやスカルプDなどが有名で、商品はドラックストアや薬局の店頭で手に入ります。

安い代わりに有効成分がやや少なく、症状が進んだ薄毛には効きにくいのが難点で、髪が生えず育毛が達成しない可能性も考慮すると、コスパが特別良いとは言いにくい所があります。

育毛はスピード勝負であるので、安いからといって、あまり効果の期待できない商品から試していくのは危険です。

 

評判の高い育毛剤の平均価格相場

ネット上などで評価の高い育毛剤は、市販の安い育毛剤と比べると、値段相場は6000円~8000円とやや高いのが特徴です。

受注生産の商品を中心にした、店頭に販売されない育毛剤たちは、ネット通販で購入可能です。

薄毛が改善した、育毛に成功したという、利用者の評判に裏打ちされた育毛剤が1万円以下で買えることを考えると、コスパは良いと言えます。

効果が高くスピーディーに育毛ができるのなら、それが一番良いことです。

チャップアップやイクオスといった商品が特に人気で、好意的な口コミが多数見られます。

 

市販の育毛剤は効く?効果がない理由|男性・女性用ともに市販の安い育毛剤はおすすめできない理由

1000円~3000円で購入できるような、市販の値段相場の安い育毛剤は、一見コスパが良いようにも見える所がくせ者です。

しかし育毛剤の価値を決めるのは、値段の安さばかりではありません。

安いなりの効果しか期待できない点が、市販の育毛剤の弱点となります。

男性用女性用ともに、市販の育毛剤がおすすめできない理由です。

 

市販の育毛剤には効果的な成分が含まれていない

相場の値段が、1000円から3000円ととても安い市販の育毛剤には、表示を見てもわかる通り、様々な成分が含まれています。

とはいえいくつ成分が並んでいようと、それが育毛に関わる成分でないのなら、育毛剤としては無価値です。

育毛に有効な成分としては血行を促進し酸化と炎症を抑え、毛乳頭細胞に力を与えるセンブリエキスや、フケやかゆみや皮脂の発生を抑えるグリチルリチン酸などが有名ですが、市販の育毛剤にそれらは含まれていないケースがほとんどです。

育毛に効果的な成分が含有されていないのであれば安いのも当然であり、いくら使っても効かない市販品のコスパは、むしろ低いと言えます。

成分とその効果はネットでも調べられますので、安さを理由に購入するのはぐっとこらえて、まずは成分の調査に挑んでいきましょう。

 

市販の安い育毛剤は逆に悪影響

安い育毛剤の中には、薄毛に効くというメリットよりも、肌を傷めるデメリットの方が大きいような品も存在しますので、気をつけておかなければなりません。

まだ抜け毛が増えているだけでハゲているわけではないし、予防ケアだけなら安いやつでいいや、と安価な市販品を買った結果、頭皮が荒れてむしろ症状がひどくなってしまったという失敗談も報告されています。

市販で売られているものの中で「トニック」とついた育毛剤は特に、製品の80%から90%以上が水とエタノールでできており、使用においてはほぼアルコールを水で薄めたものを頭皮につけているだけ、という状況にもなります。

スースーする爽快感と、多少の殺菌作用は得られますが、弱っている頭皮にその効果は悪影響を及ぼします。

使用後頭皮が熱を持ったように感じられるのは、頭皮が活性化しているからではなく、炎症が起きかけているからかもしれません。

健康な頭皮のメンテナンスとして使用するのであれば問題はありませんが、既に異常が生じ始めている、薄毛の初期段階に使うにはリスクの大きい品です。

 

コスパの良い安い育毛剤ランキング

育毛剤のコスパは、容量と金額、それから育毛成分の数によって決まります。

お値段の張る品を奮発して購入しても、継続して使い続けなければ育毛は果たせませんから、金額と効果の見合った製品を選ぶことが大事です。

 

1位 イクオス

利用者の9割以上が結果に満足しているというデータがある、医薬部外品のイクオスはとても育毛力の高い育毛剤です。

早い人は使用後1ヵ月で発毛の促進が見られるといわれており、その驚異のスピードは、どんな育毛剤でも効果が表れるまで3ヵ月から半年はかかるという常識を覆しました。

製品は2017、2018とモンドセレクションを2年連続で受賞しています。

海藻エキスを組み合わせて作った独自の成分Algas-2を中心に、脱毛酵素をブロックするオウゴンエキスやヒオウギエキス、炎症を抑えるセンブリエキスやグリチルリチン酸2Kなど、61種類もの育毛をサポートする成分がイクオスには配合されています。

豊富な成分があっても、頭皮の表面に止まるだけで、内部まで効果が行き渡らなければ、大きな効果は期待できません。

育毛業界における大きな課題に、イクオスは独自の育毛メソッドで対抗します。

分子を小さくして、頭皮に育毛剤を浸透しやすくさせるという、低分子の力を利用したメソッドです。

低分子ナノ水の強い浸透力が、毛根まで確実に成分を届けます。

成分の浸透後には、頭皮の乾燥をガードする高分子ヒアルロン酸ナトリウムの効果が発動します。

浸透が緩やかな成分をあえて配合し、成分を頭皮のベールとして活用して、乾燥やアレル物質から頭皮を守る画期的な仕組みです。

そんな育毛剤と、ノコギリヤシや亜鉛など育毛に必須の成分が効率よくとれるイクオスサプリがセットになった商品が、今なら特別に6000円代で購入できます。

通常価格2万円以上の商品であり、半額以下です。

定期コースのみの限定価格ですが、利用から45日以内であれば返金保証が受けられるというサービスもあり、気軽に試したい時にも便利なイクオスは、コストパフォーマンスの非常に高い育毛剤として知られています。

とりあえず試しにと、利用する価値のある製品です。

2位 チャップアップ

育毛剤関連の様々な賞を総なめしている、チャップアップもまたとても人気の高い育毛剤です。

初回購入の商品には返金保証も付属しており、商品を実際に使用して相性をみつつ、金銭面のリスクなく育毛に挑めます。

無添加無香料で知られる製品で、鉱物油や石油系界面活性剤などの、肌質の低下に繋がる添加物は使用されません。

敏感肌の人でも、かぶれや炎症におびえることなく、安心して使えます。

育毛剤特有の強い臭いも発生しないため、いつでもどこでもつけておけるのもメリットです。

センブリエキスにグリチルリチン酸ジカリウム、塩酸ジフェンヒドラミンという有効成分が配合されており、頭皮環境の悪化を防いで血流を改善に導き、抜け毛を防いで育毛を促進します。

55種類の天然成分と、15種類のアミノ酸を贅沢に含んだチャップアップは、8000円以下で購入できます。

薄毛への不安を抱えている時には、ぜひ利用しておきたいコスパ抜群の育毛剤です。

 

3位 リアップ

リアップは血管拡張作用を持った成分、ミノキシジルを含む発毛剤です。

脱毛症治療の効果があるとされており、第一類医薬品に分類されています。

手ごろな価格以上の優れた効果が期待できるとして人気の高い発毛剤ですが、強力な効果の反動として、かゆみやかぶれといった副作用が稀に発生することがあり、使用の際には注意も求められます。

肌の弱い方にとっては、リスクの高い製品となるかもしれません。

ミノキシジルが持つ、頭痛や動悸、抑うつ感といった副作用は、外用薬であるため滅多には発生しませんが、そちらも念のため警戒しておく必要があるでしょう。

 

プチプラの育毛剤は買うな

プチプライスを意味する、価格の安いプチプラ商品は、育毛界でも活躍しています。

1000円前後のプチプラ育毛剤は、本格的な育毛剤は手が出しづらいもののヘアケアはしたい、という女性達に特に人気です。

とはいえ気軽なヘアケアならともかくとして、育毛を本気で目指すなら、プチプラ商品は買うべきではありません。

安い育毛剤には、製造コストの関係上育毛に有効な大抵の成分は使用されません。

育毛効果がない育毛剤など、いくら安くても使用する意味はないです。

薄毛の進行が始まっている時に、毛先のダメージケアを行っていても求める結果は得られません。

 

育毛剤の売ってる場所

育毛剤を、どこで買うかということは重要です。

育毛の成果が出るまで、商品の購入は何度も行うことになりますから、育毛剤を売っている場所の中から、自分にとって買いやすい場所を選ぶのが良いです。

育毛剤について、どこに売ってるかという問いの答えには、ネットと店頭の2つの購入方法が挙げられます。

ただし店頭では販売されない、ネット通販限定の育毛剤もたくさんあるため、それらの製品に関してはどこで買えるかと悩むまでもなく、答えはネット1択となります。

 

ネットで売っている育毛剤がコスパが良くおすすめ!

育毛効果が期待される成分は、鮮度が重要だったり原材料の価格が高かったりと、大量生産や大量販売が基本となる市販品には配合しづらい特徴を持ちます。

市販の育毛剤が、薄毛にあまり効果的でないのはそのためです。

ネット販売の育毛剤は通販の特性を活かし、販売コストを抑えて、その分を製造のコストに回すことで、有効成分の使用を可能にしています。

効果の割に値段の安い、コスパ最強のネット販売の育毛剤を、育毛には活用していくのがおすすめです。

 

ただし買うなら公式サイトで購入を!

ネット販売されているものも、市販のものも含めて、amazonや楽天にはあらゆる商品が並びます。

欲しいものがある時、とりあえずamazonで検索しているという方も、多いのではないでしょうか。

amazonも楽天も便利なものですが、メーカーが展開する公式通販サイトがあるのなら、そちらで買った方が安く、特典が付くこともあるのでお得です。

仲介業者が余計に間に挟まる分、公式以外の通販サイトで買うと基本的に価格が高くなります。

製造元でないため在庫も少なく、直ぐに売り切れとなってしまうのもデメリットです。

 

店頭で買うのが恥ずかしい人にもネット購入はおすすめ

ネット通販は育毛剤を店頭で、お店の人を前にして買うのが恥ずかしいという人の強い味方です。

ネット通販なら顔を見られることも、会話することもなく、ぽちっと購入のボタンを押すだけで手軽に商品が購入できます。

商品の前で何時間悩んでいても不審に思われることはありませんし、パッケージには書かれない注意書きだって、パッと調べて解決です。

育毛剤とわかるように配送されることもないので、宅配の人にも家族にも中身を知られることなく、製品を受け取れます。

 

公式サイトなら定期購入もできる

育毛剤のような毎日使用する消耗品は、定期購入のシステムを利用すると、使い切る度に毎回買いに行く必要もなく楽に続けられます。

定価から大幅に割引された、お得な月額で購入できることも多く、単品で買うよりも大幅にコストを削減することが可能です。

使用を何ヵ月も続ける予定があるのなら、使わない手はありません。

定期便や定期コースなら、買い忘れも防げますし、まとめ買いのように場所をとることもないので快適です。

定期購入をやめたい、停止したいという時には、メーカーに直接問い合わせてお願いすれば、直ぐに対応してもらえます。

 

海外の輸入品のネット購入はおすすめできない

オオサカ堂などを始めとする一部の輸入通販サイトを使用することで、アメリカやオーストラリアや韓国やタイ、バンコク等で製造されている育毛剤も購入が可能です。

日本では販売の許可が下りない、強力な効果の外国製の育毛剤を、サイトを通して買っている人もいます。

ただそうした海外通販や輸入代行で購入した品は、トラブルがあっても返品できない上に、正規の商品に紛れて偽物がある場合も少なくなく、利用には大きなリスクも付きまといます。

金銭面での損害で済むならまだしも、強力な薬による血圧低下や息切れ、胸の痛みといった副作用が出てしまう可能性もあり、最悪の場合命にも関わります。

副作用で苦しんでも、自己責任として補償も何もつかない海外輸入はやはりおすすめできません。

 

育毛剤はドラックストアなどの店頭販売で購入可能

ドンキホーテやツルハや、マツモトキヨシやヨドバシ等のドラックストアやセレクトショップ系のお店に加えて、loftや薬剤を扱うスーパーなど、様々な場所で育毛剤は販売されています。

ただそのような店頭販売される市販の育毛剤の効果は、男性用女性用限らず薄く、頭皮の環境を整えたり栄養を与えるぐらいの効能がせいぜいで、直接的な育毛までは果たせません。

市販の育毛剤で満足できる状況にある人だけ、店頭販売は利用するようにしましょう。

 

育毛剤は代用・自作できる?

テレビでの紹介やSNSの投稿を機に、みかんの皮やアロエの葉を使った、手作りの育毛剤の作り方やそれに関する情報が拡散されています。

みかんもアロエも、化粧品の原料としてよく使用されるものであり、育毛剤として成分が使われること自体は、特別珍しいことではありません。

とはいえ家庭での食品を使った育毛剤作りは、腐るというリスクと常に隣り合わせです。

天日干しで水気をしっかり切って、熱湯消毒を念入りに行っても、適切な製造環境での作業ではない以上、雑菌の繁殖を完璧に防ぐことはまずできません。

菌でいっぱいの育毛剤を塗布すれば、頭皮環境は悪化するばかりです。

育毛剤の雰囲気を作るために投入する、アロマオイルやアルコールの刺激によって炎症が起こり、頭皮の悪影響となる可能性もあります。

育毛剤を作っている企業は、色々な研究を重ねた上で、成分のバランスを考えながら商品を開発しています。

だからこそ効果のある育毛剤が生まれるのであって、いかにみかんやアロエの健康効果が高いといっても、自作の育毛剤が企業の作った育毛剤の代わりにはなりません。

 

【まとめ】安い育毛剤は買うな!値段に違いがある理由と相場のコスパ|売ってる場所

安い育毛剤には理由があります。

安い製品から得られるのは、安いなりの効果です。

高い育毛効果を求めるなら、月に6000円~8000円くらいは、最低限お金を掛けなくてはなりません。

特典付きの公式通販を、お得に活用していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました