薄毛が遺伝する確率は25%|若ハゲは遺伝以外が原因!父や母祖父、誰から?

薄毛が遺伝する確率は25%|ハゲと遺伝の関係!

薄毛や若ハゲといった髪の毛の問題で悩む人の内、原因が遺伝にある人は全体の3割にも満たないとされます。

残りの何割かには、それぞれ別の原因が存在しているということです。

はげの性質が遺伝する確率自体、25%ほどとも言われており、全体で見れば遺伝はハゲの大きな要因でないとわかります。

 

はげは100%遺伝しないのは本当!

父親がハゲだと100%の確率で息子もはげになる、と思っている方も多くいらっしゃるかもしれませんが、実際には父親がはげていてもはげない子供もたくさんいます。

体質が遺伝しなかったケースです。

ただその逆も然りで、父親が薄毛体質でなくても、子供が若ハゲになってしまったりもするので安心はできません。

遺伝は薄毛と全く関係がないというわけではありませんが、100%遺伝しないというのも本当なのです。

 

父親が薄毛やハゲると子供もハゲる可能性が高い理由は遺伝以外

はげの父親を持つ子供が、薄毛となる理由として、遺伝以外に考えられるものに生活習慣があります。

一つ屋根の下暮らしていれば生活習慣も似てくるもので、脂っぽいものとビールが好きな父親と同じく、揚げ物やアルコールを愛すようになれば血管が詰まり腎臓が弱り、結局若ハゲのリスクも上がることになります。

また家系のどこにもハゲの人がいない、遺伝とは全く関係ない状況下ではハゲない、というのも嘘で、ハゲる場合はあります。

 

誰から?若ハゲが遺伝する遺伝子の家系|遺伝による薄毛・若ハゲの仕組み

なぜ薄毛になるかという謎を解くカギになる、薄毛が起こる仕組みに関わるはげの原因要素は2つあります。

1つは男性ホルモン(アンドロゲン)レセプターの影響、2つ目は5αリダクターゼの分泌量です。

要素は遺伝によって引き継がれますが、その法則によって、誰から要素が受け継がれるか、どこからどんな流れを通って現れ出るかも定められています。

1の男性ホルモンの影響は母親の遺伝によって決まり、2つめの分泌量の問題は両親のどっちがではなく、優性遺伝によって決まるというようにです。

 

母方が大きな原因である男性ホルモン(アンドロゲン)レセプター

男性型脱毛症AGAには、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが関わります。

ジヒドロテストステロンは特殊な状況下で、通常のテストステロンという男性ホルモンに、5αリダクターゼという還元酵素が結びつき作られます。

還元酵素があっても、男性ホルモンの受動体、通称レセプターが影響を受けなければ、ハゲの原因も完成しません。

還元酵素の影響を受けやすいか否かを左右する、男性ホルモン(アンドロゲン)レセプターの性能は、遺伝子によって定められます。

レセプターの性能は、遺伝子のx染色上に記憶されます。

x染色体は、母親から受け継ぐ遺伝子です。

母方の祖父や叔父に薄毛の人がいる場合、還元酵素と結びつきやすい体質が受け継がれている可能性が高く、若ハゲのリスクも高まります。

はげになりやすいか否かは父親や父方ではなく、実は母親の家系からの遺伝の影響が大きいとされる理由です。

 

母方の祖父や親戚、家系に若ハゲがいるなら薄毛が遺伝する可能性は高い

将来的な薄毛の危険度は、ハゲやすい遺伝子が母親の家系に存在しているかi否かでわかります。

母方の祖父や親戚に、若ハゲの人や前頭部や頭頂部が薄い人がいるなら、体質はx染色体の遺伝情報によって遺伝する可能性が高いです。

ただ母方がはげていなければ、父親や父方の家族が薄毛でも大丈夫というわけではなく、両親ともに薄毛でなくても子がハゲてしまうこともあります。

 

ハゲ・薄毛は隔世遺伝ではない|おじいちゃん(祖父)からではなく母親

祖父母やそれ以前の親族の性質が、両親に遺伝せず、その子に遺伝することを隔世遺伝といいます。

母方の遺伝子にて受け継がれるはずの、男性ホルモンの変質によって起こるAGAが、母親には発症しないことから、ハゲは隔世遺伝と言われることもあります。

しかし最近の研究によって、女性は遺伝によって感度の高い男性ホルモンレセプターを継承したとしても、女性ホルモン優位の環境からAGAにはならないことがわかってきました。

おじいちゃんの薄毛が、母親を飛び越えて孫に隔世遺伝したように見えたとしても、女性であるがゆえに症状に表れていないだけで、実は母親にもハゲの遺伝子は受け継がれている確率が高いということです。

このことから、薄毛の性質が遺伝しても、100%の確率でハゲになるわけではないとわかります。

母方の祖父がハゲていたとしても、高校生のうちから頭皮ケアを頑張れば、薄毛にならずに済むことはあるのです。

 

5αリダクターゼの分泌量は優性遺伝

還元酵素との結合能力を決める、男性ホルモンレセプターの感度の他にも、還元酵素である5αリダクターゼの分泌量も遺伝で決まります。

男性ホルモンレセプターが、母方の遺伝子によって受け継がれるのに対して、5αリダクターゼの分泌量は優性遺伝によって引き継がれます。

優性遺伝は表れやすい遺伝のことで、反対に中々表面化しない性質のことを劣性遺伝といいます。

 

つむじハゲやM字はげの場合は5αリダクターゼによる遺伝が影響

男性ホルモンの分泌量は、誰でもそう変わらないのに対して、遺伝で決まる5αリダクターゼの分泌量は個人差が大きいとされます。

5αリダクターゼは額の生え際や、つむじ付近に多く存在するため、5αリダクターゼが発端の薄毛も、M字ハゲやつむじハゲから始まることが多くなります。

5αリダクターゼの分泌量が多い体質を遺伝で受け継いでいる場合、その影響でつむじや生え際付近で起こるはげの症状も発生しやすくなります。

 

遺伝には勝てない?運命?どうしようもない?それは幻想だ!

ハゲやすさは遺伝で決まりますが、薄毛の原因の全てが遺伝にあるわけではありません。

はげの運命には勝てないなどと悲観した行動をとっている内に、生活習慣が原因でハゲになることだってあるものです。

女性は特に遺伝の影響よりも、頭皮への刺激や老化の影響の方が、女の命である髪にダメージを与えがちであるので注意しなければなりません。

また遺伝で薄毛になったとしても、どうしようもないわけではなく、例えば5αリダクターゼによって薄毛ホルモンが結合しやすい状態にあるなら、結合を阻止する成分を摂ることが解決策になります。

遺伝だから仕方ない、治らないと諦める前に、できることをしましょう。

 

薄毛遺伝子を検査する方法

遺伝によるハゲのリスクは、遺伝子検査でチェックできます。

検査は病院で行う他、簡易キットを使用して行う方法もあり、好きな方を選んで若ハゲのリスクを調べられます。

遺伝が原因であるにしろないにしろ、対策すれば薄毛は解決できるものですから、挫けずはげと向き合っていくことが大事です。

 

自分でできる遺伝子検査「検査キット」

遺伝子検査キットは、手軽に遺伝子検査ができる便利な道具です。

キットはネットにて購入できます。

キットが届いたら取り扱いガイドに従い、粘膜を採取して検査機関に送りましょう。

 

病院・クリニックで遺伝子検査をする

病院やクリニックでの遺伝子検査でも、薄毛に繋がる遺伝子があるかがわかります。

キットでの検査と病院の検査はほぼ同一のものですが、仮にAGAのリスクが高いとわかった場合でも、医師にその場で直接相談できる安心感があります。

 

薄毛の遺伝子治療は今のところない

はげを改善に導く、薄毛の遺伝子治療はまだ存在していません。

治療法が確立する日を待ちつつ、今できるハゲ対策に取り組んでいきましょう。

 

結論!ハゲは遺伝以外が大きく原因

遺伝だけが、はげの原因ではありません。

むしろ遺伝以外が原因で起こる薄毛の方が、圧倒的に多いくらいです。

生活習慣や食生活や、シャンプーの仕方に潜むはげの危険リスクを排除することが大切です。

 

【遺伝以外のハゲの原因】生活習慣

生活習慣に潜む薄毛リスクは、遺伝よりも危険度の高い存在です。

睡眠不足によってホルモンバランスが狂ったり成長が阻害されたり、運動不足から血行が滞ったり、喫煙や飲酒の習慣のせいで髪に栄養が回らなくなったりと、様々な生活習慣に影響されてはげは発生します。

 

【遺伝以外のハゲの原因】食生活

髪は食事からの栄養を糧に成長するので、遺伝に関わらず偏った食事を続ければ、髪にも甚大な被害が及びます。

髪の主成分であるタンパク質や、ビタミンや亜鉛等のサポート成分を中心に、バランスの良い食生活を心がけねばなりません。

 

【遺伝以外のハゲの原因】遺伝 ハゲ シャンプー

頭皮環境を清潔に保つシャンプーも、やり方を間違えばハゲの原因となります。

洗いすぎは乾燥を防ぐ油分まで流してしまうのでよくありませんが、朝シャンや湯シャンなど、手軽なシャンプーでは皮脂も汚れも落ち切らず、頭皮環境の悪化に繋がります。

【遺伝以外のハゲの原因】ストレス

ストレスを感じると自律神経に異常が生じ、ホルモンバランスが乱れて薄毛が起こりやすくなります。

またストレスによる血管の収縮も、頭皮にはよくありません。

遺伝を気にし過ぎてストレスでハゲることのないように注意しましょう。

 

ハゲ・薄毛が遺伝した時の帽子・阻止対策

薄毛になりやすい体質が遺伝していたとしても、ハゲの症状が深刻化する前に、はげ防止の対策をとることで阻止することはできます。

頭皮環境を整え、抜け毛を防ぐ努力を地道に行っていれば、遺伝によるものだろうと何だろうと薄毛は治るものです。

 

ハゲ・薄毛の遺伝対策で最強は育毛剤!

5αリダクターゼの分泌量が多くても、結合しやすい男性ホルモンを持っていても、5αリダクターゼの抑制が可能な育毛剤さえあれば症状は改善します。

頭皮環境の改善や血行の促進効果もあったりと、育毛剤は他にも薄毛の様々な原因に対応することができます。

薄毛対策において最強の呼び声高い育毛剤があれば、遺伝も怖くはありません。

 

ハゲ・薄毛に効果的な薬

育毛剤は薄毛に効果的な薬です。

一方で副作用の危険もあります。

影響を見ながら使用を行うのが適切です。

 

【ハゲ・薄毛に効果的な薬】プロペシア

プロペシアは5αリダクターゼの働きを阻害する、フィナステリドを含む薬です。

プロペシアの働きによって、男性ホルモンは髪の成長サイクルを乱す、より強力な男性ホルモンに変わることがなくなり、髪が健康に成長できるようになります。

プロペシアの副作用には、肝機能障害や性欲減退に勃起不全、蕁麻疹に乳房肥大などがあります。

肝臓に持病がある人は、使用の前に必ず医師の判断を仰ぐようにしましょう。

性機能に異常を感じた時には、使用を中断することも大事です。

 

【ハゲ・薄毛に効果的な薬】リアップ

リアップは血管拡張作用がある、ミノキシジルを配合した育毛薬です。

頭皮に塗布することで、成分が頭皮の血管を広げ、髪の成長をサポートして薄毛を防ぎます。

リアップの副作用はかゆみや炎症が主ですが、確率は低いものの頭痛が発生したり、鼓動が速まったり胸が痛くなったりといった、重篤な症状が発生する場合もあります。

過去に他の薬で副作用を経験していたり、体が弱っていたりする人は、副作用も起こりやすくなるので注意しなければなりません。

 

ハゲが遺伝する年齢|いつからハゲる?

いつからはげになるかという問いへの、明確な答えは存在していません。

ただ20代や30代でハゲの割合は増え始め、年齢を重ねるごとに数字も大きくなる傾向はみられます。

遺伝を原因としないハゲのリスクは、老化や劣化によって高まるのです。

 

10代・高校生で若ハゲの場合は遺伝が原因

基本的に頭皮が若く成長力もある10代では、滅多にハゲることはありません。

高校生で既にハゲが始まっているのなら、原因は遺伝である可能性が高いです。

遺伝由来の薄毛に効く、育毛剤で解決するのがお勧めです。

 

 20代で薄毛・ハゲた場合は遺伝の他に生活習慣も

20代の薄毛は遺伝の可能性もありますが、生活習慣やストレスといった他の原因が潜んでいる可能性も考えられます。

総合的にハゲ予防対策の効果を発揮する、育毛剤の使用がおすすめです。

 

【まとめ】薄毛が遺伝する確率は25%|若ハゲは遺伝以外が原因!父や母祖父、誰から?

母方からの遺伝や優性遺伝によって薄毛体質は継承されますが、100%遺伝するわけでもなければ、全ての薄毛が遺伝によって起こるわけでもありません。

遺伝以外で起こる若ハゲもあります。

大切なのは薄毛になっても諦めず、生活習慣の改善や育毛剤の使用で対処していくことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です